葉酸+その他の成分

妊娠中の摂取すべき成分ととってはいけない成分

更新日:

188

妊娠中に気になるのは食事制限。
一番知りたいのはやはり、控えるべき成分です。逆に摂取すべき成分もあるのですが、皆さんはご存知ですか?

どうして控えなければいけないものがあるのか

まず、控えるべき成分がある理由は、それらを摂取すると、お腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼすからです。
生まれてくる赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高くなるのです。
その成分が、ビタミンAです。
こちらは、脂溶性のビタミンと言って、油に溶ける性質があるため、排出されにくく大量に取ると余った分が体内に蓄積されてしまいます。
妊娠初期の摂取はお控えください。

便秘の人はちょっと待った!

それから、妊婦さんは便秘気味になることが多いといわれています。そこで便秘解消のために、センナ、オオバコ、オリゴ糖を多めに摂取する方がいます。
こちらは摂取しすぎると、下痢することがあります。そうなると、子宮収縮を招きますので、あまりお勧めできません。
漢方の世界でハトムギがありますが、こちらは新陳代謝をよくして、お肌のお悩みを解決してくれることで知られていますが、妊娠中はよくないです。
こちらを大量にとると流産や早産の危険性も高まると言われております。

取るべき成分はこちらです

FV095

それでは、逆に摂取すべき成分ですが、リコピンやビタミンC、ビタミンB群、β-カロテン、カリウム、ルチンなどがあります。
リコピンやβ-カロテンは、抗酸化の役目を果たしてくれます。細胞の老化とは活性酸素による細胞の錆です。
そのため、酸化防止の役目を果たすものがとても重要になってきます。また、リコピンは血糖値を下げる役目もあります。
ビタミンB群は、妊娠中に大量に必要となる血液の生産を助けてくれ、ビタミンCは病気やストレスへの抵抗力を高めてくれます。
カリウムは、便秘や妊娠高血圧症候群を予防してくれます。ビタミンC同様、水溶性ビタミンの一種であるルチンは、毛細血管を強くしてくれ、高血圧の予防もしてくれます。
これらが総合的に含まれている食材があります。それがトマトです。しかし、トマトは身体を冷やす食べ物なので、調理する際は茹でたトマト料理をお勧めします。

★あわせて読みたい

 

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-葉酸+その他の成分

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.