くらしを豊かにする情報

尿漏れみたいで気づきにくい高位破水の見分け方や原因と予防のまとめ

更新日:

破水」というと、妊婦さんの体から一気に羊水があふれ出て、バスタオルが必要!…というイメージがありますよね。じつは、ちょろちょろと羊水が流れ出るだけの「高位破水」という破水もあるのです。

高位破水は尿漏れと区別がつきにくく、それが破水であることに気づかない人もたくさんいます。しかし普通の破水と同じく、放置すると細菌感染のおそれがありますので、早めの受診が大切です!

今回は、高位破水と尿漏れの見分け方や、高位破水する原因、予防策などについてくわしくご紹介していきます。

高位破水とは?破水の種類

破水とは、赤ちゃんを包んでいる「卵膜」が破れて、中にある羊水が体外に流れ出ることをいいます。

私たちがイメージする一般的な破水は「低位(完全)破水」というもので、子宮口に近い下のほうの卵膜が破れるものです。そのため、中に入っていた羊水が勢いよく流れ出ます。

一方、子宮口とは反対側の上のほうの卵膜が破けるのが「高位破水」です。高位破水では、低位破水と違ってちょろちょろと少量の羊水しか流れ出ないため、尿漏れやおりものと間違えてしまうこともあります。

このように、破水は「どこの卵膜が破れたか」によって2つに分かれるのですが、さらに「いつ破れたか」によっても種類が分かれます。もっとも正常なのは、子宮口が8センチほど開いた時に破れる「適時破水」で、これは分娩中の自然な現象ですので問題ありません。

一方、子宮口が全開になる前に起きるものを「早期破水」、陣痛がくる前に起きるものを「前期破水」といいます。高位破水は、特に前期破水として起こるケースが多くみられます。

高位破水の見分け方や症状は?色や量は?

高位破水は低位破水と異なり、「いかにも破水!」という感じがしないため気づきにくいのが難点です。特に妊娠中は尿漏れしやすいため、おしっこと間違えてしまうことがよくあります。

高位破水しても自然に収まることも多いのですが、卵膜が破れてしまった以上、そこから細菌感染を起こすリスクがありますので、早めに受診することが大切です。

高位破水の基本的な見分け方をご紹介しましょう。

破水で出てくる羊水は、基本的に透明または白っぽい色ですが、薄いピンクや黄色っぽい場合もあります。特に黄色や緑がかかった色の場合、羊水に赤ちゃんの便などが混じって濁る「羊水混濁」という状態になっている可能性がありますので、早急に受診しましょう。

におい

破水と尿漏れでもっとも異なるのが、においかもしれません。尿漏れではおしっこのにおい(アンモニア臭)がすることが多いですが、破水の場合は無臭または独特の生臭いにおいがすることもあります。

量・出方

高位破水では少量の羊水が流れ出るため、量だけでは尿漏れと区別がつきにくいです。

ただし、尿漏れなら自分で意識することで止められるのに対し、破水は止めることができません。また、立ち上がった時や重いものを持った時だけではなく、安静にしている時でも流れ出ることがあります。

以上が高位破水の基本的な見分け方ですが、独断は危険ですので、ハッキリしない時は念のために受診したほうが安心です。

高位破水と「尿漏れ」「おりもの」「おしるし」とのちがいは?

高位破水とよく間違えられやすい、尿漏れ・おりもの・おしるしの特徴についてもご紹介しましょう。

尿漏れ

上述したように、尿漏れの場合はアンモニア臭がすることが多いです。また、笑った時や咳・くしゃみをした時など、何かの動作の刺激で漏れることが多いのと、漏れ出しても自分の意志で止められる点が大きな特徴といえます。

おりもの

妊娠中もおりものは分泌されます。時期や体調などによって、おりもののタイプは異なりますが、基本的には少しすっぱいにおいがすることが多いでしょう。また、粘り気が強くドロッとしていれば、高確率でおりものと判断することができます。

ただし、水っぽくサラサラしたおりものが出ることもありますので、判断が難しい場合は受診したほうが安心です。

おしるし

おしるしは、出産の前兆としてみられることのある出血です。

色には個人差があり、真っ赤な鮮血が出る人もいれば、うっすらとピンク色のおりものが出るだけの人もいます。量も、下着に薄くつくだけの人から、ある程度の量が出る人までさまざまです。

いずれにしても、血液が混じっている場合は受診するようにしましょう。

高位破水に気づかない場合の赤ちゃんへの危険性は?

高位破水に気づかなかった場合、赤ちゃんにどのような影響があるのか心配になる人も多いと思いますが、基本的に高位破水は低位破水より危険性が低いといわれています。というのも、羊水の量が一気に減るわけではないからです。

特に妊娠37週以降の、いつ生まれてもおかしくない時期(正産期)の高位破水は特に心配いらないことが多く、様子をみながら陣痛をうながすかどうかを判断します。

高位破水でもっとも気を付けたいのは、細菌感染です。卵膜が破けたところから雑菌が入りこむと、「絨毛膜羊膜炎」などの感染症が起きることがあるため、抗生物質を適切に使う必要があります。特に正産期前に高位破水が起きた場合は、抗生物質を使いながら赤ちゃんの成長を待ったり、場合によっては管理入院をして経過を観察したりすることになります。

きちんと早期に処置を受ければ、赤ちゃんに大きな影響が出ることはほとんどありませんので、高位破水が疑われる場合は念のために受診することが何より大切です!

高位破水になる原因は?

高位破水が起きる原因をはっきり突き止めるのは難しいのですが、以下のようなことが一因になるといわれています。

無理な労働など

重いものを持ち上げたり激しく動いたりすると、破水のリスクが高まります。特に正産期に入ったら、体に負担をかけないように気を付けましょう。

高齢出産

高齢での妊娠は破水しやすいといわれるため、特に35歳以上の妊婦さんは意識を高めておいたほうが安心です。

性交渉

性交渉の刺激によって破水が起きることもあります。なるべく「浅く軽く」を心がけるようにし、おなかに圧がかからないようにすることが大切です。

タバコ

妊娠中の喫煙は、さまざまな悪影響をおよぼすことがわかっています。その一つに前期破水(陣痛が来る前の破水)も含まれていますので、タバコはきっぱりとやめるのが一番です。

感染症

クラミジアなどの性感染症が高位破水のリスクを高めることがあります。感染を防ぐためにも、妊娠中の性交渉では避妊具を使ったほうが安全です。

胎動が激しい赤ちゃんは高位破水になりやすいの?

赤ちゃんの胎動が激しいと、破水しやすいイメージがあるかもしれませんが、胎動と破水の因果関係ははっきりとしていません。

確かに、胎動が激しいと母体のあちこちにあたって「痛っ!」と感じることも多いのですが、基本的に胎動をよく感じられるのは赤ちゃんが元気に育っている証拠です。むしろ胎動が弱まった時のほうが心配ですので、元気に動いている分にはそれほど心配することはありません。

高位破水のリスクを高めるのは、胎動よりも重労働や性感染症、タバコなどの母体側の事情のほうだといわれますので、そちらに気を付けるようにしましょう。

高位破水にならない予防法は?

上記でご紹介した「高位破水の原因」を踏まえますと、予防のためには逆のことをすればいいということになります。

重労働は避ける

重いものを持ったり、急な運動をしたりすることは避けるようにします。特に上のお子さんがいる場合は、だっこしなくてはいけないこともあると思いますが、なるべくお腹に圧をかけないようにゆっくり抱き上げるようにしましょう。

性交渉は軽く浅く、避妊具を使用する

妊娠中も夫婦のスキンシップは大切ですので、性交渉を行なうことに問題はありませんが、やはりいつもとは違う体ですから、深い挿入は避けるようにしたいところです。また、感染症を予防するためにも避妊具を使うことをおすすめします。

タバコの煙を避ける

自分自身が禁煙することはもちろんですが、タバコの害から身を守るためには副流煙を避けることも大切です。家庭内に喫煙者がいる場合は特に、協力してもらうようにしましょう。

高位破水になったらどうするべき?すぐ入院?

高位破水が疑われる場合は、とにもかくにもまずは担当医の診察を受けることが第一です。その後どのように対処するかは、それぞれの週数や状態によって異なります。

基本的には、正産期(妊娠37週以降)に入っている場合、そのまま出産に向けて入院になることが多いでしょう。まだ陣痛が来ていないなら、抗生物質を使いながら様子をみて、陣痛を誘発するかどうかを判断します。

一方、正産期に入る前に高位破水が起きた場合も、感染症予防のために管理入院をすすめられることがあります。その後、破水も落ち着いて特に問題がなければ、早めに退院できることも少なくありません。

高位破水になっても陣痛がなかなか来ない場合はどうなるの?

正産期に高位破水を起こした場合、その後に陣痛がくればそのまま分娩となりますが、なかなか陣痛がこない場合は経過観察の上、陣痛をうながすかどうかを医師が判断します。

子宮口が数センチ開いているのに良い陣痛がこない場合は、陣痛促進剤を使ってお産になることもあります。

高位破水になると帝王切開しなきゃだめ?

高位破水になったからといって、必ず帝王切開になるわけではありません。

帝王切開になるのは、陣痛促進剤を使っても子宮口が全開にならない場合や、赤ちゃんの心拍数が下がってきた場合などです。高位破水が起きても、その後順調にステップが進めば、自然分娩での出産も十分可能となります。

ただし少しでも赤ちゃんの身に危険が近づいていれば、最近はすぐさま緊急の帝王切開に切り替えることが多いです。赤ちゃんの安全が第一ですので、そこは仕方ないと考えたほうがいいでしょう。

まとめ

おなかの上のほうの卵膜が破ける、高位破水についてご紹介しました。

高位破水ではちょろちょろと少量の羊水しか出ないため、尿漏れやおりものなどと見分けがつかないことがありますが、においの違いでわかることがあります。また、尿と違って流れ出るのを自分の意志でストップできないのも特徴です。

いずれにしても素人判断は危険ですので、尿漏れか高位破水かの区別がハッキリしない場合は、念のために受診して調べてもらうことをおすすめします。高位破水になっても、早期に適切な処置を受ければ元気な赤ちゃんを産むことは十分に可能ですから、まずは落ち着いて医師の診察を受けるようにしてくださいね。

 

★あわせて読みたい

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.