くらしを豊かにする情報

赤ちゃんの歯は妊娠初期から作られる?妊婦さんにカルシウムが必要な理由

更新日:

妊娠すると、葉酸・鉄分・カルシウムを多く摂ることがすすめられますが、なぜ多く摂らなければならいのかご存知ですか?妊娠中に葉酸を摂ると胎児の先天性異常のリスクを減らすことや、鉄分は貧血予防を期待できます。カルシウムは歯や骨の主な成分です

胎児の成長にたくさんのカルシウムが必要となるため、ママはカルシウム不足になりがちです。カルシウムを十分に摂取することで期待できるうれしい効果は、他にもあります。イライラ予防や、免疫力向上、出血時に血が止まりやすくする効果などです。

赤ちゃんが生後数ヶ月で生えてくる乳歯も、じつは、ママのお腹の中で作られています。なので、妊娠中にカルシウムが不足していると歯の形成に問題が起こる可能性があります。今回は、妊娠中のカルシウムの必要性や、おすすめのカルシウムの摂り方などを、まとめましたので参考にしてください。

目次

妊婦さんはカルシウム不足に注意!カルシウム不足で起こるトラブルは?

妊娠すると、カルシウムを多く摂るように産院などで指導されることがあると思います。カルシウムが不足すると胎児の骨や歯が弱くなるということのほかにも、カルシウム不足で起こるトラブルがあるのはご存知ですか?カルシウム不足で起こる可能性があるトラブルをまとめました。

内臓などの筋肉細胞の活動が弱まる

筋肉細胞にカルシウムが多く取り込まれると、その細胞は収縮します。逆に筋肉細胞内にカルシウムが少なくなると、その細胞は弛緩します。

この運動のくりかえしによって、心臓などの内臓は動いています。なので、カルシウムが不足すると、内臓の働きは悪くなります。

妊娠中は、ママの体だけじゃなく胎児へも血液を送るので、ママの心臓の負担は妊娠前より大きくなります。

カルシウム不足だと心臓の鼓動が激しくなって動悸を起こしやすかったり、胎児に十分な血液を送ることができなくなるかもしれません。

血が止まりにくくなる

血小板の働きは、怪我をして出血した時に、血液を固めて出血を止めることです。カルシウムが傷口に集まることによって血小板の凝血作用が起こります。それにより、出血が治まります。出産時には出血があるので、その時に少しでも早く出血が止まるようにカルシウムが必要になります。

体内の免疫を作れなくなる

風邪などで菌が体内に侵入した時、リンパ球がその菌をやっつけて、免疫を作ります。免疫というのは、次に同じ菌が体内に侵入してきた時には、より早く退治できるようにするシステムです。リンパ球が免疫を作り出す際に、カルシウムが必要になります。なので、免疫力を上げるためには、カルシウムも必要不可欠になります。

すい臓がインスリンを出せなくなる

血液の中にブドウ糖が増加すると、すい臓からインスリンが分泌されて、ブドウ糖をエネルギーなどに分解します。すい臓がインスリンを出すためにはカルシウムがすい臓に入らなければなりません。カルシウムが足りず、インスリンが十分に分泌されなくなると、糖尿病のリスクが高まります。

妊娠中に糖尿病になると、胎児も血糖が高い状態でお腹の中で過ごすので、産まれた後すぐに低血糖をおこすことがあります。

酵素を作れなくなる

人間の体には、消化酵素などの酵素を作り出す細胞があります。その細胞も、カルシウムがなければ酵素を作ることができません。酵素がなければ食べ物を消化・吸収することができなく、十分に栄養が吸収されなければ、胎児へも十分な栄養を送ることができなくなります。

イライラしたりボーっとしたりする

カルシウムは血液中に常に一定の濃度で存在します。そのカルシウムが、ホルモンの合図により細胞に入ることで、細胞が働き始めます。この時にカルシウム不足の状態だと、細胞は適切に反応しなくなると言われています。カルシウムが多い状態でも、同じように適切に反応しないようです。

これがカルシウム不足でボーっとしてしまったり、物事への反応が鈍くなってしまったりする原因と言われています。細胞がすぐに反応しないので、体もスッキリせずにイライラして、ストレスがたまる原因になるようです。

厚生労働省の「妊産婦のための食生活指針」について

厚生労働省が発表している、「妊産婦のための食生活指針」はご存知ですか?これは、妊婦さんや授乳中のママへ向けた、食事と栄養素について書かれているものです。葉酸はなぜ妊娠期間中に必要なのか?と明記されたものなどとはちがい、食生活を通して必要な栄養素を知るため作られました。

現代人は朝食を食べない方が増えて、全体的にエネルギーやビタミン・ミネラルの摂取量が減少しています。諸外国では、胎児期に栄養不足だと代謝調節に異常が生じるリスクや、将来、生活習慣病になるリスクが高まるといわれています。

マリママ
妊娠している方だけじゃなく、これから妊娠を考えている方も読んでおくのをおすすめします。

妊婦さんに必要なカルシウムの量は?

厚生労働省によると、妊娠中はカルシウムの吸収率が上昇することがわかっています。なので、妊娠高血圧などで胎盤機能が低下している場合を除き、妊娠前と同じカルシウム量で問題はないとさています。

しかし、妊娠前から十分なカルシウム量が継続的に摂れていた場合は、問題はありませんが、そうでない場合は注意が必要です。20代女性が1日に必要とするカルシウムの量は700㎎ですが、実際に20代女性が摂取しているカルシウム量は平均で457㎎と不足しています。

30代女性も同様に不足していて、必要なカルシウム量は600㎎なのに対して、平均摂取量は465㎎です。どちらも厚生労働省が調査した結果です。このようにもともとカルシウム量が足りていない食生活をしていた場合は、妊娠期間中はカルシウム摂取量を増やす方法を考えなければなりません。

カルシウム摂取にオススメの食材

カルシウムを摂取する時には、カルシウムを多く含む食材を多く食べることが一番のおすすめです。

妊婦さんのカルシウム吸収率は、摂取量の50~60%と言われています。100㎎のカルシウムが含まれている食品を食べても、実際に体内に吸収されるカルシウム量は50~60㎎です。

できるだけ多くのカルシウムが含まれた食材を食べられるように、普段の食事で意識しましょう。

食べ物のアレルギーある方は、医師と相談のうえ、どのようにカルシウムを摂取するべきか決めることをおすすめします。

カルシウム量の多い食べ物

カルシウムが多く含まれている食べ物をご紹介します。

【牛乳・乳製品】

・牛乳 コップ一杯(180g) カルシウム量:200㎎
・プレーンヨーグルト 小カップ1つ(100g) カルシウム量:120㎎
・プロセスチーズ スライス1枚(20g) カルシウム量:130㎎
【魚介類】

・干しエビ 大さじ1(8g) カルシウム量:570㎎
・ししゃも 3尾(50g) カルシウム量:165㎎
・ウナギのかば焼き 1尾(100g) カルシウム量:150㎎
・ちりめんじゃこ 大さじ2(10g) カルシウム量:55㎎
【大豆製品】
・木綿豆腐 1/3丁(100g) カルシウム量:120㎎
・納豆 中パック1つ(40g) カルシウム量:40㎎
【野菜】
・小松菜 1/3束(70g) カルシウム量:120mg
・水菜 1/10束(50g) カルシウム量:105㎎

同時に摂取するとカルシウムの吸収率が上がる栄養素

カルシウムの吸収率を上げるためには、ビタミンD・クエン酸・タンパク質などです。

ビタミンDは、食べ物から多く摂取するのは難しいとされていますが、1日10分~15分ほど日光浴することで、体内で生成されますクエン酸は、酢やレモンに多く含まれているので、水菜をレモンのドレッシングで食べたり、酢の物に小魚を入れたりすることがおすすめです。

タンパク質は、ささみや大豆製品に多く含まれているので、冷奴に干しエビやちりめんじゃこをトッピングすると、効率的にカルシウムが摂取できます。

カルシウムを摂りすぎるとどうなるの?

現代人はカルシウム不足と言われているので、カルシウムの摂りすぎなんて起こらないのでは?と思うかもしれません。しかし、不足しているからこそサプリメントで補おうとして、過剰摂取になることがたまにあります。

カルシウムのサプリメントだけでは、過剰摂取が起こる確率は低いですが、複数の要素が重なると起こることがあります。

  1. 食事でカルシウムを多くとっている
  2. サプリメントでカルシウムを補っている
  3. クエン酸やタンパク質を同時に多くとっている

カルシウムの過剰摂取はこのような症状が出ます。

・泌尿器系結石
・ミルクアルカリ症候群
・他のミネラル吸収抑制

ミルクアルカリ症候群とは、牛乳を摂取した時に炭酸カルシウムなどのアルカリを同時摂取してしまい、カルシウムが過剰摂取になってしまっている状態のことです。

成人のカルシウムの最大摂取量は2300㎎と言われています。サプリメントを複数摂取している方は注意しましょう。

妊娠中でも歯医者へ行けるの?注意点のまとめ

プレママ ちゃん
妊娠中に歯に違和感を感じます…。痛くなってきた場合、歯医者に行けるかどうか不安で。どうしたら良いでしょうか?>_<

マリママ

妊娠中にカルシウムが不足すると、血液内のカルシウム濃度が低下し、それを補うために骨や歯のカルシウムが血液に溶け出します。

これにより、妊婦さんの歯は虫歯になりやすくなるんですよ。また、妊娠すると口内環境が悪化することがあるため、もともとあった虫歯が悪化することもあります。妊娠中でも歯医者に行けるのかを妊娠期間ごとにまとめてみたので、参考にしてみてくださいね^^

妊娠初期

妊娠初期はつわりの症状がある方が多い時期です。とくに吐き気の症状がある場合は、歯医者での治療は難しいでしょう。急に体調が崩れやすい時期でもあるので、長時間同じ態勢でいることが負担になるかもしれません。なので、初期には緊急時を除き、歯医者に行かないほうが良いでしょう。

妊娠中期

妊娠中期は体調も安定してきて、仰向けに寝たときのお腹の圧迫もまだ少ない方が多いので、歯医者に行くには適した時期です。しかし、抜歯などの麻酔を使う治療は、できるだけ避けたほうが良いかもしれません。麻酔が胎児に影響を及ぼさないかと不安になってしまうことがあるからです。

抜歯後の鎮痛剤や抗生剤も妊娠中は使えるものが限られてきます。どうしても避けられない場合は、医師に相談しましょう。

妊娠後期

妊娠後期は、胎児が大きくなって、仰向けに寝るとお腹を圧迫して苦しかったり、同じ態勢でいることで体調が悪くなったりする可能性があります。うつぶせに寝るとお腹が張ってしまう、という方は特に早産につながる恐れがあるので避けたほうが良いでしょう。

仕事が産休で今の時期しか歯医者に行けない、という方もいると思いますが、長時間の治療は避けたほうが安心です。

幼児の歯が弱いのは妊娠中のカルシウム不足が原因?

生後5か月くらいから生えてくる乳歯は、赤ちゃんがママのお腹の中にいる時に作られます。妊娠中にカルシウム不足だった場合、軽度ならママの骨や歯のカルシウムが解けだし、胎児に優先的にカルシウムを送ります。しかし、それでも足りない時は、胎児の骨や歯の形成が不十分になります。そのままだと、弱い状態で完成してしまうことが多いようです。

一見、問題がないように見えても、生えてきた歯がすぐに欠けてしまったり、小学生くらいになって骨折をしやすかったりする可能性があります。

生えてきたばかりの歯が欠けてしまうことも

妊娠中にママがカルシウム不足の状態で成長した赤ちゃんは、乳歯が生えて間もないころに、硬いおもちゃなどを噛んでしまって歯が欠けてしまうことがあります。

「まだ生えたばっかりだから大丈夫」と思っていても、生まれつき歯が弱いと頻繁に欠けてしまう可能性もあります。また、「乳歯だから、永久歯が生えるまで待とう」と思われるかもしれませんが、欠けた部分をそのままにしておいておくと、赤ちゃんが痛みを感じてしまっていたり、虫歯になりやすくなるとも言われているので、できるだけ歯医者に連れて行ってあげてください。

生まれつき歯が弱いということは、これから生えてくる歯も弱い可能性が高いので、定期的なケアが大切になってきてしまいます。

虫歯になりやすい歯にはフッ素塗布

歯を丈夫にするためにフッ素入りの歯磨き粉を使っているママも多いかと思います。フッ素は歯の表面を強くして、虫歯になったり欠けたりしない歯を作る手助けをしてくれます。なので、定期的に通うことを歯医者でもすすめられることが多いでしょう。

幼児期の虫歯が永久歯に影響します

乳歯が生えそろうのは2~3才の時期と言われています。この時期に、乳歯が虫歯になると、これから生えてくる永久歯にも影響することがあります。乳歯が生えそろう頃には、歯茎の中で永久歯が作られ始めています。この時期に、乳歯が虫歯だと、次に生える永久歯はいきなり虫歯菌にさらされて、弱い歯になってしまいます。そうならないように、乳歯の虫歯はしっかりケアしてあげることが大切です。

食事だけでは不安…サプリメントでカルシウムを摂取しても大丈夫?

マリママ
妊娠中はカルシウムの吸収率が上がるなら、サプリメントは飲んで過剰摂取にならない?と不安に思う方もいるかもしれません。カルシウムが配合されているサプリメントは、妊婦さん用のものもあり、安全性が高いことがほとんどです。できれば、毎日牛乳を飲むなどしてカルシウム摂取量を増やすのが理想ですが、足りない部分はサプリメントにサポートしてもらうのもおすすめです。

妊娠中に飲むカルシウムのサプリメントには鉄と葉酸が入っているものがあります

妊婦さんに多く摂ってほしい栄養素は、葉酸・鉄分・カルシウムと言われています。なので、この3つが同時に取れる妊婦さん用のサプリメントは多くあります。どのように選べばいいのか悩むかもしれませんが、値段や配合されている栄養素の量など、自分で一番続けやすそうだと思うものを選ぶのがいいでしょう。

妊婦さん必見!カルシウムが多く含まれる葉酸サプリランキング!

妊婦さん向けの葉酸サプリメントに含まれているカルシウムの量を比較しました。

16

カルシウム270㎎配合! BABY葉酸ママのめぐみ

img_104

BABY葉酸ママのめぐみのレビューと会社インタビュー記事はこちら(^_-)-☆

 

17

カルシウム250㎎配合! ベルタBELTA葉酸サプリ

ws000001

BELTA

BELTA葉酸サプリのレビューと会社インタビュー記事はこちら(^_-)-☆

 

17

カルシウム250㎎配合! AFC葉酸サプリ

AFC2AFC葉酸サプリのレビュー記事はこちら(^_-)-☆

 

18

カルシウム210㎎配合! Lara Republic ララリパブリック葉酸サプリ

プチプラララリパブリック

ララリパブリックを実際に飲んでみたレビュー記事はこちら(^^)/

 

 葉酸サプリ名 カルシウム含有量 
 はぐくみ葉酸  200㎎
 BELTA ベルタ葉酸サプリ  250㎎
 ACF 女性100人の声から生まれたサプリ  250㎎
 mamanic ママニック葉酸サプリ  200㎎
BABY葉酸ママのめぐみ  270㎎
 Lara Republic ララパブリック  210㎎

 

一番カルシウムが多く含まれているのは、BABY葉酸ママのめぐみでした。カルシウム重視でサプリメントを選びたい方はこちらがいいかもしれませんね。

他にも、葉酸と鉄分以外の栄養素が配合されているものもありますので、自分に合ったサプリメントを探してみてください。

小学生時代には毎日給食で飲んでいた牛乳も、大人になると飲む機会が少なくなっていると思います。妊娠中はもちろん、妊娠前から健康な体作りにカルシウムは欠かせません。

生まれてくる赤ちゃんの骨や歯を丈夫にすることも重要ですし、カルシウムが十分に摂取できていると、ママが将来、骨粗鬆症になる可能性も下がります。毎日、適切な運動とバランスの良い食事、そしてカルシウム摂取を意識することで、健康的で安心できる妊娠生活を過ごせるのではないでしょうか

★あわせて読みたい

参考資料:
警告!カルシウム不足-証明された善玉Ca効果-  川村昇山著

参考HP:
厚生労働省:「妊産婦のための食生活指針」の策定について
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0201-3a.html
6. 1. 3.カルシウム(Ca)
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4ac.pdf
01. 表紙 - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042643.pdf

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.