症状・用途べつおすすめランキング

認知症予防にも葉酸サプリ?その理由と、相乗効果のある成分とは?

更新日:

56

 

葉酸は女性、特に妊婦や胎児にとって不可欠な栄養素であることは近年かなり知られてきましたが、実は認知症の予防にも効果があることはご存知だったでしょうか。

少子高齢化がすすむ日本において、認知症を患った老人が徘徊して事故に遭ってしまうなど痛ましい事故が起き、認知症は認知症を患った方やその家族だけの問題ではなく、社会問題として国民をあげて解決に取り組んでゆく必要が生じています。しかしながら、認知症はまだまだ解明されていないことも多い上、残念ながら現在のところ発症してしまった場合には進行を遅らせることはできても、治すことは不可能と言われています。確実に言えることは、認知症は誰であっても起きる可能性があること、また治すことができない以上「予防」に取り組むことが特に大切になってくるということです。

その認知症の予防に取り組む上で葉酸が具体的にどう役立つのか、どのような効果を期待できるのか等、認知症予防と葉酸の関わりについて説明して参りましょう。

 

認知症とは何か?認知症には二つのパターンがある

認知症予防における葉酸の役割や働きを正確に理解するためにも、まずは「認知症」そのものについて理解しておく必要があります。

認知症とは脳の細胞が壊死、萎縮するなど健康的な状態ではなくなってしまうことで、物事に対する認識や記憶に障害が生じることを言いますが、実は認知症を大きく区分すると二つのパターンに区分できます。

脳血管性認知症

57
一つが「脳血管性認知症」と言って、要は脳の血管が詰まることによって詰まった先に必要な栄養分が届けられなくなってしまい、詰まった先の脳細胞が壊死してしまうことにより脳機能が衰えてしまうというパターンです。

例えるなら「脳梗塞」がゆっくりと脳全体に広まってゆくことで、認知障害が生じるのが脳血管性認知症とも言えます。

51

アルツハイマー型認知症

58
もう一つが「アルツハイマー型認知症」と言われるもので、一昔前は脳血管性の認知症が国内では多かったのですが、脳血管性の認知症が横ばいで推移しているの対しアルツハイマー型認知症は、近年認知症の代名詞とも言われるぐらい右肩上がりで増加している状況で、現在の認知症患者の6割から7割程度を占めるようになっています。

51
アルツハイマー型認知症はその発症メカニズム等が完全にわかっているわけではないのですが、脳内にアミロイドβやタウと呼ばれる特殊なたんぱく質の異常が生じることで神経細胞が壊わされ、それによって脳全体が萎縮し、脳が正常に働くなることが主な原因と見られています。

近未来の医学では、壊死した脳細胞を再生することが可能になるとも言われていますが、現在のところ、壊死してしまった脳細胞を回復させる方法がないため、脳細胞が壊死した部分が担っていた脳の機能は消滅してしまうことになります。

このことが認知症を発症した場合に治すことができないと言われる、大きな理由となっています。

だからこそ、治療方法が確立している他の病気以上に予防対策が大切であること、また、大きく二つのパターンがあるのでこれらのパターンを踏まえた予防対策が重要になってくることをまず理解しておいてください。

脳血管性認知症に葉酸が有効な理由

59

血行を促し、血管を健やかに保ってくれることで血栓を防いでくれる

さて、認知症には脳血管性とアルツハイマー型の大きく二つのパターンがあることをお伝えしました。
まずは脳血管性認知症の予防という面から、葉酸が有効かどうかを説明して参ります。

葉酸には造血作用があります。
新鮮な血液を造る働きが維持されることが良好な血行を保つ上で不可欠ですから、その点で葉酸がとても役立つことは間違いないと言えます。

次に、血管がなぜ詰まるかと言うことですがこの大きな原因が動脈硬化、即ち血管が硬くなる老化現象です。
そのため血管年齢を若く保つことが血栓予防において重要な鍵となるのですが、動脈硬化は「ホモシステイン」と呼ばれる悪玉のアミノ酸物質が血中で増加すると動脈硬化が進むことが判明しています。

そこで葉酸の登場です。
葉酸には、悪玉アミノ酸であるホモシステインの発生を抑制してくれる働きもあるのです。

整理しますと葉酸は造血作用を通じて血行を促し、また悪玉アミノ酸の発生を抑制することで動脈硬化を防ぎ、その結果として脳の血管が詰まることで脳血管性認知症になってしまうリスクを低減してくれるというわけです。

アルツハイマー型認知症に葉酸が有効な理由

60

「認知症の予防に有効なサプリ」と聞けば、あなたは何を連想しますか?

まず出てくるのが、DHAやEPAでしょう。そして、近年の健康食品事情にある程度詳しい人なら「核酸も有効」ということが頭に浮かぶのではないでしょうか。

DHAやEPA・核酸などは「脳の働きを活性化させる働きがある」ということで知られていますが、これに対して葉酸は「認知症の原因そのものの発生・増殖を抑え込んでくれる」という働きが期待できるといわれています。

葉酸には、脳の神経や血管にダメージを与えて認知症のリスクを増大させる血中アミノ酸「ホモシステイン」を抑制する働きがあるからです。

また、葉酸の認知症予防効果はこれだけではありません。アルツハイマー型認知症の原因のひとつと言われる「たんぱく質の一種・アミロイドβの脳への蓄積」を抑える効果もあるんですよ。葉酸は、アミロイドβができる元となる遺伝子の出現を抑える働きもしてくれるのです。

アミロイドβの元となる遺伝子やホモシステインの発生を抑制してくれる

近年の世界的研究結果から葉酸には、アルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβの元になる遺伝子の出現を抑制してくれる働きがあることが判明してきました。

また、先ほどの脳血管性認知症の説明においてホモシステインという悪玉アミノ酸が動脈硬化を招くことを説明しましたが、アルツハイマー型認知症の原因の一つとしてホモシステインが脳の神経細胞を傷つけることでもアルツハイマー型認知症が発症する可能性が有力視されるようになってきました。

前述したとおり、もう一つの原因と見られているホモシステインも葉酸は抑制する働きがありますので、どちらが原因であっても葉酸は有効と言えます。

このように葉酸は脳血管性認知症を抑制する効果だけでなく、(まだ完全に原因等が解明された訳ではないので断定はできませんが)アルツハイマー型認知症の予防においても一定の効果が期待できる栄養素なのです。

従って、将来認知症を発症することを予防したいと考えるなら、脳血管性とアルツハイマー型の両方に有効な葉酸の摂取は不可欠と言えるのです。

認知症予防で葉酸サプリを選ぶなら!葉酸以外に含まれていると更に良い成分をご紹介

妊婦や胎児にとって良いだけでなく、認知症の予防にも葉酸が有効であることは十分ご理解頂けたことでしょうから、さっそく葉酸サプリを飲んで認知症予防に取り組もうとお考えになった方も大変多いと思われます。

が、サプリメントで葉酸を補給する場合、認知症予防の効果が更に高まるような他の成分も含まれているサプリの方がもっと良いですよね。
そこで、葉酸以外ではどんな成分が含まれていると望ましいか、推奨の成分をご紹介します。

ビタミンB12

61英国の研究においてビタミンB12が不足した場合には記憶力や集中力の低下、場合によっては錯乱症状が起きることが確認されています。
そのような意味で、記憶力を低下させないようにするためには葉酸と共にビタミンB12不足を招かないよう補給すると良いと言えます。

また、ビタミンB12は葉酸の造血作用を助けたり、葉酸の体内吸収を助けたりする働きもありますので、特に葉酸と一緒に摂取したいビタミンB群の中の代表選手と言えます。

51
ビタミンC

62
ビタミンCは葉酸の働きを活発にする働きがあります。
そのため、ビタミンCも葉酸とぜひ一緒に摂取したい栄養素です。

51
鉄分

63
皆さんも「貧血の原因は鉄分不足」と一度は聞いたことがあると思います。
言ってみれば鉄分は血液の原料となるものであり、葉酸と共にバランスよく摂取することが貧血を防ぎ、新鮮な血液を体中に行き渡らせるためには不可欠な栄養素です。
そのため、葉酸と共に鉄分が摂れるサプリメントはオススメです。

51
DHA

64
血液をサラサラにしてくれる栄養素として大変有名ですよね。
葉酸と共にDHAも補給できれば血行改善や血栓予防で大いに役立ちます。

51
EPA

65
DHAと同じく血液をサラサラにしてくれる栄養素です。
血行の改善や動脈硬化予防等にぜひ摂取したい栄養素です。

51
ポリフェノール

66
葉酸と同様にアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドβやタウ、特にタウの異常発生を抑制してくれる働きがあるとされています。
そのため、葉酸サプリに含まれて入ない場合には、ポリフェノール入りのサプリを適量摂取するという方法でも良いでしょう。

51

上記成分を配合している葉酸サプリを探してみました♪

16

美的ヌーボ

WS000060

価格 定期便6912円(単品購入8640円)
特徴 DHA・EPA 配合
  • DHA EPAを配合しているサプリはこれだけ!
  • ビタミンB12も他サプリと比べてダントツ多い!(100μg)
  • 天然葉酸なので、合成葉酸に比べて吸収率が低いimg_104

17

ベルタ

ベルタ葉酸サプリ

価格 定期便3980円(単品購入5980円)
特徴 鉄分・美容成分 配合
  • 鉄が16mgと、他サプリに比べて多い。
  • 天然型酵母葉酸(合成葉酸)なので、吸収率が他サプリよりも高い!
  • ツバメの巣・プラセンタなどの高級美容成分が配合
  • ビタミンB12がわずか2μgimg_104

 

ちなみに、葉酸で認知症予防をするには、どのくらいの葉酸摂取を心がければいいのかというと・・・2005年の、アメリカで報告されたデータによると、「葉酸の摂取量が523μg以上の人は、試験開始から3年経過した時点での認知機能テストの結果が、試験開始時よりも良くなっていた」という趣旨の結果が出ています。

この点から考えると、「認知症予防のためには、1日あたり550μg以上の葉酸を摂取できれば理想的」と言えそうですね。日々の食事で、おおむね200μg前後の葉酸摂取はできるはずですので、あとは葉酸サプリで1日あたり300~400μgの摂取をプラスする、というのがおすすめですよ。

このように、葉酸は認知症予防にも大いに役立つ栄養素です。
近年は若年性の認知症も増加傾向にあり、認知症は決して高齢者の方に限って発症する症状とは言えません。
そのような意味で、葉酸は決して妊婦だけが留意して摂取すれば良い栄養素ではなく、老若男女関係なく適量を毎日摂取し続けることが大切だと言えます。

 

認知症になるとかかる費用は?


認知症の治療は、薬を飲むだけということがほとんどです。なので、薬の調剤と診察料だけで、負担は大きくありません。

しかし、認知症により食べ物などを気管に入れてしまう誤嚥などの命に係わる他の症状が出てしまい入院になったり、施設に入らなければならなくなったりした場合の負担は大きくなります。

認知症の早期発見、認知症になった時のために備える努力を啓発するNPO法人オレンジアクトが、認知症になった時にかかるであろう費用の平均を発表しています。家族が介護しきれずにヘルパーさんや地域のサービスなどを使った場合の月の負担額は、平均約17万円にもなるそうです。ご本人の年金でまかなえれば問題はありませんが、そうじゃない場合は家族の負担はかなり大きなものになります。

また、認知症患者さんはつまずきやすくなることが多く、転倒事故が起きないように家の中の段差などをリフォームする家族も増えています。バリアフリーへのリフォームは援助がありますが、それでも負担額は大きいでしょう。要介護認定度によって医療費の負担額は変わりますが、実は介護度が上がると必ずしも負担額が安くなるわけではありません。認知症患者さんは自分で病院に行くことも困難なことが多いです。そのために家族が仕事を休んで連れていくか、ヘルパーサービスを頼むことになります。

入院になった場合も、症状や治療方針に変化が生じたときには家族が呼び出され説明を受けます。介護にかかる直接的な費用の他にも、家族が仕事を休んだ時などに発生する間接的な費用も必要になってきます。先ほどの、月の平均額の約17万円は、1年間にすると204万円です。何年介護するかはわかりませんが、10年で2040万円になります。その他にも、もしも施設に入所するとなると、入所一時金が必要になることもあります。その額は施設によって変わりますが数百万というところもあります。

高齢者ドライバーの事故も認知症の疑いがある


75歳以上の高齢ドライバーが起こす交通事故は年々増加傾向にあります。地方の交通機関の不便さによって、高齢者でも生活に車は必需品になっているのも理由の一つです。病院に行くのも、本数の少ない交通機関では長時間かかり、日帰りが難しかったり、体への負担に大きな負担がかかったりします。そうならないように、自分で運転して行かなければならない方もいます。

高齢者ドライバーが起こす事故の中でも、認知症だという自覚がない高齢者ドライバーの事故が年々と増えています。最近、ニュースでも高齢者ドライバーの事故について報道されています。それだけ深刻な社会現象になってきているということです。認知症になると記憶力や判断能力が低下します。これによるアクセルとブレーキを間違えるなどの運転ミスが事故につながります。75歳以上のドライバーは認知機能の検査が強化され、違反時にも追加の検査が実施されることもあります。

認知症と認定されれば免許を取り消されることもあります。また、違反を繰り返す場合には、医師の診断書を提出しなければならないこともあります。こちらも認知症と診断されれば運転はできなくなることがあります。

高齢者ドライバーが起こしやすい運転ミスはこちらです。

  • 信号無視
  • 一時停止無視
  • 一方通行道路の逆送
  • スピード違反

これらのミスが多発する場合には、大きな事故になる前に運転をやめることを考えたほうが良いでしょう。

認知症サプリメントが注目されている理由は?


認知症は一度なってしまったら、治ることはありません。治療の薬も症状の進行を遅らせることしかできません。認知症にならないようにするには、バランスのとれた食事と適度の運動も効果があると考えられています。しかし、高齢になると食欲は低下し、毎食バランスの良い食事はできない方が多いです。

なかには足が悪く、毎日運動の運動は難しい、という方もたくさんいます。そのような時におすすめなのがサプリメントです。高齢者には、特に脳の働きをサポートする栄養素を含むサプリメントが特におすすめです。日本では、症状に対する治療が医療の基本ですが、アメリカでは症状が出ないようにすることが医療の基本です。

そのためにたくさんの方が、病院でサプリメントを処方されていて、それだけアメリカではサプリメントが普及しています。。サプリメントなんて飲んだことがない、本当に効くのか?などと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。しっかりと必要な成分が配合されているサプリメントならば、効果は期待できます。しかし、サプリメントは効果がすぐに現れることはなく、飲む続けることにより体質改善を期待するものです。

認知症は予防が一番重要です。もし認知症と診断されてしまっても進行を送らせて少しでも長い時間を健康で自立した生活をできるようにすることが、本人にも家族にも幸せなことです。

認知症に効く薬はナシ!しかし予防が期待できるサプリはある?

認知症患者さんに処方される薬は進行を遅らせる薬しかありません。初期の認知症の場合は、薬が効けばそのまま悪化しないこともあります。しかし、ほとんどの場合が早かれ遅かれ認知症が進行していきます。うっかり忘れだと思っていたら、認知症になっていたということも多々あります。

そうならないためには、認知症になる前にサプリメントでの認知症の予防が大切になってきます。サプリメントは薬ではありません。薬はそれ自体が持つ作用で病気を治しますが、サプリメントは自分で自分を治すサポートをします。自分で自分を治す力が高まると、病気になることも少なくなるでしょう。それが予防です。

認知症も同様で、サプリメントを早い段階で飲むことで認知症にならない体づくりをすることができます。サプリメントを毎日飲んでいても認知症になってしまった場合でも、飲み続ければ進行が遅くなることもあります。また、重度の認知症患者さんがサプリメントを飲み始めたら、回復までは行かなくても、不機嫌な日が減ったり、食欲が出てきたりすることがあります。このようなことから、認知症予防にはサプリメントが期待できます。

認知症サプリで人気の米ぬか成分フェルガードと葉酸サプリのちがいは?


認知症サプリメントの中で人気の高い、フェルガードは米ぬかから抽出した天然ポリフェノールが主成分の健康補助食品です。飲みやすいように、粉タイプと粒タイプがあり高齢者の状態に合わせて選ぶことができます。ポリフェノールには認知症の原因とされている、脳内にたまっている不要なたんぱく質の広がりを抑える効果があります。実験では、ポリフェノールの中でもその効果があるものとないものがあるという結果が出ています。フェルガードに配合されているフェルラ酸は、強い抗酸化作用がその効果を持つため、認知症の予防のサプリメントとして注目されています。

一方、葉酸も認知症の予防に役立つと言われています。妊婦さんがとる栄養というイメージが強いかもしれませんが、高齢者の方にも意識的に摂取してほしい栄養なのです。抗酸化作用のポリフェノールと違って、葉酸はアルツハイマー型認知症の原因の一つとされている悪玉のアミノ酸を退治してくれます。また、葉酸は免疫力を上げ、貧血予防、うつ予防にも効果があります。高齢になると、貧血やうつになる方が多いので、こちらも予防できるとより健康でいられます。このように、2つのサプリメントの作用は異なりますが、認知症を予防するという結果は同じなので、できればどちらも摂りたいですよね。

認知症サプリメントを選ぶときの注意点は?

認知症サプリメントには、ポリフェノールと葉酸の作用に違いがあったように、種類があります。自分の症状に合ったサプリメントを選べるようにするのが良いでしょう。必要としている成分の含有量もわかればより積極的に飲む気になれます。パソコンやスマートフォンを使いこなせる方は、自分で検索するのがいいかもしれません。実際に飲んでいる方の効果なども知ることができまし、たくさんの種類から選ぶこともができます。インターネットを使える環境にない方はご家族にお願いするか、病院や薬局に相談してはいかがでしょうか。どのサプリメントでも、まったく副作用がないということはありません。しっかりと注意書きを確認してから飲むようにしましょう。

さまざまな認知症予防について


認知症の予防は、規則正しい健康的な生活習慣です。適度な運動、栄養がたくさん入った食事が主に気を付けたいことです。運動は、本格的にスポーツをやるということではなく、無理のない範囲でウォーキングなどに取り組みます。買い物に歩いていくのも良い運動になります。一人でウォーキングするのが苦手な方もいると思いますが、そのような方は友達や家族を誘ってみましょう。他にも、犬を飼う方もいます。犬との散歩が良い運動になるのと、お世話をすることが脳への刺激になり、認知症の予防に繋がります。

認知症予防でペットの犬を飼うときは周囲の手助けが重要!

認知症予防にならないように、ペットを飼う方もいます。特に犬や猫が多いです。犬や猫も生き物ですので、飼いはじめてすぐに信頼関係ができるわけではありません。時間がかかることもあります。犬を飼って散歩に行くようになったのはいいが、散歩の途中で転倒してしまい歩けなくなってしまった、などというとトラブルも起こるかもしれません。さまざまなトラブルに備えて、高齢者が犬を飼う際には周囲に協力を求めましょう。


ほとんどの犬の寿命は10年以上です。自分が最後まで世話ができるように計画して飼うのが一番ですが、万が一途中で亡くなってしまった時などには犬の引き取り手探しに苦労します。家族が飼えればいいですが、ペット禁止のマンションに住んでいた場合は引き取りたくても引き取れません。犬はセラピー効果もありますし、認知症予防にはとてもおすすめです。しかし、いざという時のために周囲に協力してもらいましょう。

プラシーボ効果と認知症サプリメント

プラシーボ効果とは、薬だと言われて飲んだ錠剤が本当はラムネ菓子だけどなぜか効果が出るというような効果です。成分の少ないサプリメントが飲んでいるのに、プラシーボ効果により、良い結果が出るということがその例です。この効果があるために、本当にサプリメントが効いているのか信じられないと考えている方もいます。ですが、もしも良い結果が出たなら、プラシーボ効果でもサプリメントの効果でも嬉しいことには変わりありませんよね。

誰にでも平等に訪れる老化ですが、未然に防ぐことが大切です。特に認知症の完治はできないけれど、予防はできる可能性があると期待されています。ぜひこの記事を参考にして、認知症にならないように対策を考え、認知症になってしまった時の備えをしてみてください!

参考HP
認知症とお金 - NPO法人オレンジアクト|認知症の早期対応・備える努
https://orangeact.org/about04.html
認知症交通事故、過去3年間で216件 増加傾向(1/2ページ) - 産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/161214/afr1612140008-n2.html
製品概要|製品情報|株式会社グロービア
https://www.glovia.co.jp/products/summary.html
認知症は食べて防ぐ ポリフェノールの効果とは? 〈週刊朝日〉|AERA
https://dot.asahi.com/wa/2014070300053.html

★あわせて読みたい

 

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-症状・用途べつおすすめランキング

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.