症状・用途べつおすすめランキング

葉酸サプリメントの無添加ランキング※そもそも添加物ってなに?

更新日:

「無添加」という言葉を聞くと、余計なものが含まれず体にいいイメージがあると思います。
しかし、無添加という言葉だけで安心してはいけません。
無添加だからといってすべての商品が高品質とは限らないのが現実。

商品を見極める力が必要です。今回は「無添加の葉酸サプリ」の正しい選び方を紹介していきます。
葉酸サプリは、妊娠を望む方や妊娠中に口にすることが多いサプリです。確かな商品を選びたいですね!

そもそも、無添加ってどういう意味?

食品を製造・加工する時には、香料や着色料・保存料・酸化防止剤などの「添加物」が使われます。
添加物を配合することで、食品の保存ができる期間を延ばせたり、安定して提供できるとされています。

その、添加物として使用されている成分が入っていないものを無添加といいます。
これだけ聞くと、「無添加とは一切の添加物を含まない、安心で安全なもの!」という印象を持ちますね。
でも、実際はそうではありません。

たとえば、保存料が含まれない食品があったとします。しかし、着色料と香料は含まれています。
この場合、完全な無添加とは表記できませんが、「保存料無添加」「保存料フリー」といった表記が可能に。
無添加という表記は、あくまでも一部の添加物を含まないだけ・・・ということになります。

さらにいえば、保存料の代わりに違う物質を使っている場合もあります。ph調整剤がこれにあたり、クエン酸やリンゴ酸などの酸味料がこれに含まれます。クエン酸などであれば食品にも使われている成分で安心ですが、リン酸塩などは多く摂取するとあまりよくないとされています。

もっというなら、実際は保存料が必要ない食品にも無添加と表記していることもあります。無添加というだけで良さそうな商品に見えてしまう・・・という心理がここにあるんでしょうね。表示だけに惑わされず、私たち自身がもっと知識を身につける必要があります。

すべての添加物が悪いわけではない!?危険な添加物・安全な添加物を上手に見極める方法

無添加表記の意味がわかると、どんな商品を選べば良いのか分からなくなってきますよね。実際、ほとんどの商品に何かしらの添加物が入っているため、どれも危険に思えてしまいます。

しかし、すべての添加物が悪いわけではありません。
添加物にも種類があり、危険な添加物・安全な添加物があります。それらをうまく見極めることができれば、安心して商品を選べますね。

まず、避けた方が良い危険な添加物をいくつか頭に入れておきましょう。葉酸サプリには含まれる心配のないものもありますが、知っておいて損はないと思います。

添加物名 使用目的 考えられる影響
亜硝酸塩(ナトリウム) 発色剤 発ガン、頭痛、うつ、記憶障害など
アスパルテーム 甘味料 発ガン、うつ、視力低下、パーキンソン病発症など
アセスルファムK 甘味料 発ガン、うつ、肝臓・腎臓への影響、頭痛など
サッカリンNa 甘味料 発ガン
タール色素 着色料 発ガン、不妊、胎児への悪影響など
安息香酸Na 保存料 発ガン、神経障害、細胞異変、めまいなど
ソルビン酸・ソルビン酸K 保存料 発ガン、免疫障害、腎臓への悪影響、成長障害など
パラベン 保存料 成長障害、肝臓への悪影響
ポストハーベスト・OPP・TBZ 防カビ剤 発ガン、胎児先天性障害、遺伝子損傷、染色体異常など
亜硫酸ナトリウム 漂白・保存料 神経への悪影響、胃腸への悪影響など

上記で紹介した「タール色素」に関しては、サプリメントに使用される頻度も高いため、少し詳しく説明します。

タール色素は石油(コールタールなど)から合成され、北欧や欧米では使用が禁止されている色素もあります。
北欧の場合、赤色2号・赤色3号・赤色102号・赤色104号・赤色105号・赤色106号・青色1号・青色2号・緑色3号・黄色4号・黄色5号が使用禁止。欧米は赤色2号が使用禁止とされています。
それにもかかわらず、日本ではとくに禁止されることもなく使用されています。

これまで紹介した添加物は、あくまでも「ほんの一部」です。
日本は世界から見ても添加物の多い国。とくに石油を原料とする添加物の種類は、世界随一です。決して誇れることではありませんが、それだけ私たちの周りには危険な添加物が多いというわけです。

葉酸サプリに含まれる可能性がある添加物は?ピンポイントで知りたい!

葉酸サプリに限ったことではありませんが、サプリメントの場合「飲みやすくする」ための添加物を含む可能性が高いといえます。
味を調えるためには、甘味料・酸味料・香料が使用されます。

甘味料・・・麦芽糖、マルチトール、コーンスターチ、還元パラチノースなど。
どれも安全性に問題はありません。
酸味料・・・成分の詳細は記載されていませんが、噛み砕くタイプに多く含まれます。
香料・・・こちらも詳しくは表記されません。が、安全性はほとんど問題ありません。

ほかにも、葉酸サプリに含まれる可能性の高い添加物を紹介しましょう。

増粘剤・・・セルロース、デンプングリコール酸Naなど。こちらも安全性には問題ありません。
乳化剤・・・ステアリン酸Na、グリセリン脂肪酸エステルなど。
ステアリン酸Naに関しては、詳しく検証されている成分ではありません。「今まで大丈夫だったから安全だろう」とあいまいな添加物です。
光沢剤・・・シェラック
虫の分泌物なので、それだけ聞けば気持ち悪いですが、基本的に安全な添加物とされています。

ざっくりとですが、葉酸に含まれる添加物で危険なものは、ほぼありません。しかし、粗悪品などの場合はこの限りではありません。購入前には、成分表を確認することをおすすめします。

「天然の葉酸」と「合成の葉酸」はどう違う?厚生労働省が推奨する葉酸の種類は?

葉酸は、赤ちゃんの障害のリスクを下げる効果があるといわれる栄養素です。
そんな葉酸は、天然の葉酸と合成の葉酸の2種類に分けられます。この2種類は、何が違いどっちの方がいいのでしょうか?

まず、天然の葉酸から説明しましょう。
簡単にいえば、食材に含まれている葉酸のことです。
ポリグルタミン酸ともいわれ、吸収率が低いのが特徴です。水に溶け出してしまったり、加熱すると成分が失われることもあります。

次に、合成の葉酸について。
モノグルタミン酸と呼ばれポリグルタミン酸の吸収率を高めるよう変換されたものです。

天然と合成を比べると、天然の方が良さそうですが、厚生労働省は吸収しやすい合成葉酸を推奨しています。天然の葉酸は安心して摂取できる一方、吸収率が低いことから一定の量を摂取するのは難しいとされているためです。

しかし、実は合成葉酸の中にも天然由来のものと、化学物質由来のものがあります。
天然由来は、レモンや酵母といった食品から抽出されますが、化学物質由来は食べられないものから抽出されます。化学物質由来だとコストが低く安定供給が可能というメリットがありますが、安全面に不安が残ります。

妊活や妊婦向けの葉酸サプリのほとんどは、天然由来の合成葉酸もしくは安全性を高めた合成葉酸が使用されています。そのため、安全かつ効率的に葉酸の摂取が可能です。心配な方は、購入前にその商品が何から合成された葉酸なのかを確認してから選ぶようにしましょう。

合成葉酸(モノグルタミン酸)の種類を見分ける方法とは?

合成葉酸の中でも、何を原料にしているのかを確認するにはどうしたら良いのでしょうか?どうやって見分けたらいいのか分からない!という方も多いはずです。

まずは、商品の成分表記をチェックしてみましょう。サプリメントには必ずパッケージに原材料名が記載されています。

一般的に、天然由来の合成葉酸は食べ物から抽出したポリグルタミン酸を加工しモノグルタミン酸に変換しています。
「レモン」「アセロラ」「ブロッコリー」など、メーカーによって違いはありますが、野菜や果物・酵母などが表記されます。

また、「天然酵母葉酸」や「葉酸含有酵母」といった表記がある場合。
これは、モノグルタミン酸型の葉酸を酵母に取り込み培養したものを指します。酵母は生き物ですから、取り込ませることでモノグルタミン酸型の中でも吸収できない余計な葉酸を排除することが可能になります。
より質の高いモノグルタミン酸型葉酸だといえるでしょう。

しかし、メーカーによって表記や定義にばらつきがありますので、はっきりしているわけではありません。
ただ、ある程度は原材料部分を見れば、どんなものが含まれていて何が使われているのか知ることができるでしょう。

葉酸サプリを選ぶ際、成分以外に確認するべき 2つのこと

成分の選び方を説明してきましたが、大切なのはそれだけではありません。さらに確認しておきたいことがあります。

放射能や残留農薬検査も徹底しているかどうか

皆さんご存じだと思いますが、放射能や残留農薬は危険ですよね。
葉酸サプリに使用される原材料が、影響されていないか検査をしているかどうかの確認は不可欠です!
稀ではありますが、中には検査されていない製品もあります。

検査を徹底しているかどうかは、公式サイトで確認するのが1番です。
徹底して管理をしていれば、しっかりと記載されているはず。
妊娠中は特に放射能や残留農薬の影響を意識する必要がありますから要注意です。

GMP取得の工場で作られているかどうか

サプリメントは口に含むものですから、安全度が大切になります。
妊婦さんならなおさらでしょう。製造される工場の品質や安全も確認する必要があります。

それを確認するためには、GMPを取得しているかが大切です。
GMP認定されている工場では、原料から製造・出荷などのすべての過程が安全に行われているか、定期的にチェックされています。
厚生労働省もGMP認定されている食品を選ぶことを推奨しています。

「実際の原材料と表記が違う」「配合量がごまかされている」といった心配がなくなり、安心して摂取できます。

この商品なら大丈夫!葉酸サプリのおすすめランキングご紹介♪

これまで紹介してきたことをふまえ、当サイトでは葉酸サプリおすすめランキングを作成しました!
ぜひ参考にしてみてください!どの商品も品質・安全面共に信頼できるものばかりです。

①ママニック葉酸サプリ

ママニックの葉酸サプリは、着色料・香料・人工甘味料・保存料・膨張剤が無添加です。
モノグルタミン酸型葉酸を使用しているため、吸収率も◎
あらゆるサイトのランキングで1位を獲得し、人気が高いことでも有名ですね!

葉酸だけでなく、カルシウムやアミノ酸、鉄分、ビタミンなどママにうれしい栄養素が絶妙なバランスで配合されています。
また、妊娠中に怠りがちな美容面でも安心!8種類もの美容成分が配合され、ママの美を維持するサポートも完璧です。
原料は厳選された高品質なものばかり。放射能の残留農薬の検査はもちろん、GMP認定された工場で製造されているので安全面もバッチリです。

ママニックの公式サイト   

②ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリは、天然酵母型葉酸を使用しています。
葉酸が体内にとどまる時間を長くし、吸収の効率を高めています。
また、添加物が少なく高品質であることに加え、配合されている栄養バランスもすばらしいの一言!

商品研究・開発・お客様サポートは、現役のママたちが行っているのも魅力のひとつでしょう。出産・育児経験のあるスタッフが対応することで、充実したサポート体制を実現させています。

香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤の9種類が無添加なのも安心ですね。さらに、つわりのことも考え「粒の形状」にまでこだわった飲みやすい製品です。

ベルタの公式サイト   

③プレミン葉酸サプリ

プレミン葉酸サプリは、製薬会社から発売されている「安心・安全」を最優先に考えられた高品質な製品です。
余計なものは使わず、厚生労働省が推奨している成分だけを含み、製造工場に関してはGMP認証よりも厳しい基準を設けています。
妊活中は、女性ばかりが注目されますが、それと同様に男性のケアも重要です。プレミンManは男性の栄養もしっかりサポートしています。
亜鉛とビタミンE・マンガン・セレンに加え、希少な国産マカなどを配合し、身体を作るために大切な栄養素をしっかり補えます。夫婦そろって妊活をしたい方におすすめです!

プレミンの公式サイト   

④ベジママ葉酸サプリ

ベジママ葉酸サプリの特徴は、ピニトールという成分が配合されていることです。ピニトールはアイスプラントに含まれる成分で、妊活に効果的だとして海外でも注目を集めている成分です。

自社工場ということもあり品質管理も◎GMP認定された工場で製造し、放射性検査・残留農薬検査など徹底されています。無期限の返金保証(初回のみ)を設けていることが、高品質であることの自信の表れではないでしょうか。

ベジママの公式サイト   

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-症状・用途べつおすすめランキング

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.