モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型葉酸の違いや特徴*単位も違う!?

そもそも、合成葉酸と天然葉酸の違いってなに?情報過多による間違った認識を防ぎたい!

近年、葉酸の摂取が厚生労働省からも発表されているのもあり、「葉酸サプリ」の商品がどんどん増え情報過多になっている中で、

口コミ
天然葉酸と合成葉酸ってどっちがいいの?

口コミ
厚生労働省は合成葉酸を勧めているよね

なんて声も当サイトに多数寄せられます。

確かに、葉酸サプリメーカーの公式サイトをリサーチしても、「厚生労働省が勧めている合成葉酸を配合しています」と自信満々に書かれていたりして、読者はますます

口コミ
天然葉酸じゃなく合成葉酸の方がやっぱり良いんだ~

と認識してしまう気がします。

そこで、当サイト編集部のわたしたちは、実際に厚生労働省に足を運び、また電話などでも問い合わせを繰り返し、合成葉酸と天然葉酸の違いやそれぞれのメリットデメリットをまとめてみることにしました。
もしあなたが葉酸サプリ選びに迷われているのであれば、ぜひ参考にしていただけたら幸いです*

体内での吸収率がそもそも違う?間違った表記による誤認

・天然葉酸=ポリグルタミン酸型葉酸=体内への吸収率が低い
・合成葉酸=モノグルタミン酸型葉酸=体内への吸収率が高い

と認識されている読者の方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?
実はわたし達もこのサイトを立ち上げた頃、単純にそう認識していました。

合成葉酸の方が吸収率が良い!
だからせっかくサプリを摂取するのであれば合成葉酸の方が良い!

と…。

でも、その覚え方は危険なんだということに気が付きました。というより、その認識自体少し間違っていたんですよね…。
また、「合成=化学的に作られたもの」ですので、合成成分に敏感な方にとっては心配になるのも当然なんです。

「モノグルタミン酸型葉酸=合成成分」ではない!

まず、食事から摂れる葉酸のことを天然葉酸と呼び、別名ポリグルタミン酸型と言われていることは間違いではありません。
そして、食事から摂れる天然葉酸は体内での吸収率が低いというのも事実です。

天然葉酸の吸収率についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事で説明しています。

 

(ここからが間違いやすいお話です*)

その天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、体内に入るとモノグルタミン酸型葉酸に変化して吸収されます。その量は約半分ほどに減ってしまうとも言われています。

例えば上のイラストのように、400㎍を天然葉酸(ポリグルタミン酸)から摂取しても、体内に吸収されるのは200㎍のモノグルタミン酸型になってしまいます。

マリママ

※ここで間違えやすいのは、「体内に入るころには天然葉酸から合成葉酸になるの?」と思いがちなのですが、モノグルタミン酸型に変化するだけであって、決して合成成分になるわけではありません。

・合成葉酸 = モノグルタミン酸型葉酸と同じ
・モノグルタミン酸型葉酸  合成成分

そしてそこで考えられたのが、「最終的に体内に残るモノグルタミン酸型葉酸と同じ成分を、合成で作ろう!」「そして、その合成成分で作られたモノグルタミン酸をサプリから補おう!」というわけなんですね。

そうすると、最初からモノグルタミン酸型を体内に入れることができるので、そのまま100%吸収することができるんです。

マリママ
これが、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)のサプリメントなんです。

 

このように見てみると分かるように、天然葉酸よりも合成葉酸の方が体への吸収率が高いという理由から、厚生労働省は合成葉酸の推奨を勧めているのです。

ですが冒頭でもお伝えした通り、「天然葉酸では意味がないのか?」と問われればそうではありません。

最終的に体内に400㎍のモノグルタミン酸型を残したいのであれば、800㎍の天然葉酸を摂取すれば良いのです。

マリママ
「天然葉酸は吸収率が悪いからダメ!」という間違った認識に気を付けてくださいね*

次の章では、
合成葉酸・天然葉酸で異なる、配合量を表す単位を紹介するのと同時に、厚生労働省が推奨している「1日の葉酸摂取量」を期間別で比較してみましょう。

マイクログラム(㎍)とマイクログラムディーエフイー(㎍DFE)とは?合成葉酸・天然葉酸は単位が違う!


これまでの記事の中で何度か出てきた、葉酸の量を表す単位「葉酸●●㎍(マイクログラム)」。
これ、実は「合成葉酸」と「天然葉酸」によって、単位が違うってご存知でしたか?

・モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)=マイクログラム(㎍)
・ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)=マイクログラムディーエフイー(㎍DFE)

と表記します。

マリママ
日本ではこの表記の違いはまだ広まっておらず、合成であっても天然であってもすべての表記を「㎍」と統一してしまっている傾向にあります。
ですがサプリメント大国のアメリカではすでにその単位の違いがしっかりと認識されており、サプリメーカーの表記も合成・天然によって分けられています。この現状を知った日本の葉酸サプリメーカーさんの中には、合成・天然によって表記を分けているメーカーさんも出てきているので
消費者のわたし達にとってもわかりやすくて嬉しいですね*

 

そもそも、必要な量ってどれくらい?期間別で違う、推奨量を表でチェック!

葉酸サプリは、妊娠して初めて産婦人科で摂取を勧められて知った。という方も多いのではないでしょうか?
ですが葉酸自体は、妊娠関係なくすべての女性に必要な成分なんです。

妊娠してからではなく、妊娠前(妊活中)の時期が一番必要と言われていたり、出産後の授乳期にも必要と言われているんです。
では、それぞれの期間でどれくらいの量が必要とされているのでしょうか?

妊活中・妊娠中・授乳中などの期間別で、推奨されている摂取量を比べてみましょう!
前提として…

(食事から摂れるであろう葉酸は天然葉酸240㎍DFEと過程されています。)
合成葉酸で摂取するなら 天然葉酸で摂取するなら
一般女性 240㎍DFE だけで十分 240㎍DFE だけで十分
妊娠を計画中の女性 240㎍DFE + 400㎍ 240㎍DFE + 800㎍DFE
妊婦さん 240㎍DFE + 240㎍ 240㎍DFE + 480㎍DFE
産後・授乳婦さん 240㎍DFE + 100㎍ 240㎍DFE + 200㎍DFE

上記のように推奨されています。
また、先ほども述べた通り、日本ではこの表記を分けず、㎍で統一している傾向がありますので、天然葉酸を配合している葉酸サプリ商品であっても、合成葉酸の単位「㎍」が使用されていることがほとんどです。

マリママ
当サイトでは、、
「天然葉酸400㎍配合」と書かれている葉酸サプリ商品がある場合、
●吸収率が減って200㎍しか吸収されないもの
●もともと800㎍DFE配合になっていて、吸収率が減ってもしっかり400㎍摂取できるようになっているもののどちらかリサーチ段階です。
天然葉酸を配合している葉酸サプリの方が市場に少ないのが現状ですが、研究を引き続き行い、分かり次第皆様にお伝え出来たらなと思っております!
なお最後になりましたが、当記事は、合成葉酸・天然葉酸のどちらが良いのか。という事を議論しお伝えする意向ではなく、わたしどもも含め読者の方が間違えやすい偏った情報を、一緒に解決できればなと思い書かせていただいております。できる限り専門家の方に意見を伺うながら執筆を進めましたが、それでも誤認している情報が書かれている際はぜひ問い合わせ欄からご意見いただけると幸いです。

まとめ

●合成葉酸だから良い!天然葉酸だから良い!というわけではなく、吸収率が違うだけ。
●吸収率を重視される方は合成葉酸を…
●合成成分に敏感な方は天然葉酸を… (※推奨されている量がしっかり配合されているサプリを選びましょう)

\より詳しく書かれている記事を貼っていますので画像をクリックしてください/

天然葉酸メーカーに取材
100%天然由来成分で作られたレピールオーガニックスの葉酸サプリは吸収率も考慮されて作られている?