女性不妊の原因 *妊活と不妊について

生理で鎮痛薬を飲む女性は子宮内膜症かも?原因・症状・治療について

更新日:

毎月、生理痛に悩んでいませんか?その痛み、もしかすると「子宮内膜症」かもしれません!

女性にとって生理痛は切り離せない悩みのひとつと思われていますが、お腹を抱え込むような痛みや鎮痛薬を飲まないと落ち着かない症状は普通ではありません。子宮内膜症は20~30代の女性に増えており、進行すると不妊の原因にもなりかねません!

早期発見と治療することで日常生活が快適に過ごせますので、まずは子宮内膜症はどんな病気なのか、症状や生理痛との関係などについて詳しく知っておきましょう。

子宮内膜症とは?何が原因でどんな症状が起こるの?

子宮内膜症は、本当なら子宮の内側にあるはずの子宮内膜が、卵巣や腹膜など子宮以外に生着してはがれ落ちることを繰り返す病気です。生理がくると子宮内膜からはがれ落ちた組織は、経血と一緒に膣から体外へ排出されるのですが、子宮以外で増殖した内膜は腹腔内でストップしてしまいます。その結果、炎症が起こり生理痛をヒドくしたり股関節痛を感じさせてしまうのです。

女性に多い子宮内膜症は、およそ10人に1人が発症するといわれている身近な病気です。それなのに自分が子宮内膜症だと気付いている割合は低く、毎月やってくる生理痛を鎮痛薬や休むことで乗り越えている女性が多いんです。

放置する時間が長いほど、不妊や卵巣がんへつながる可能性も高いので、原因や症状をしっかり確認しておくことが大切です。

子宮内膜症の原因はなに?

子宮内膜症の原因は女性ホルモンのエストロゲンです。子宮内膜は受精卵が着床しやすいように内膜を増やし準備、着床しなければはがれ落ちることを周期的に繰り返すのですが、これをコントロールしているのがエストロゲンです。

エストロゲンが分泌されると生理が始まってはがれ落ちた内膜を排出しますが、子宮内膜症ははがれ落ちても体内で止まってしまうため痛みなどの症状を引き起こします。

この症状、実は子宮内膜症かも?今すぐチェック!

子宮内膜症が軽度の場合、痛みなどの自覚症状がなく気付かずに過ごしている可能性があります。日頃からちょっとした体の変化をチェックしておくことが大切です。

以下の症状がある人は、もしかすると子宮内膜症の疑いがあります。

  • 毎月、生理痛に悩んでいる
  • 生理中は鎮痛薬で痛みをおさえている
  • 経血量が多い
  • 生理中は下痢になりやすい
  • 日頃から下腹部に違和感がある
  • 排便や性交時に肛門の奥に突き上げるような痛みがある
  • 不妊で悩んでいる

ひとつでも思い当たる症状があるのなら、産婦人科で検査をして詳しく調べてもらうことをおすすめします。

 

子宮内膜症と生理の関係性はあり?

子宮内膜症の原因はエストロゲンの分泌が関係していると先ほどおつたえしました。生理はこの女性ホルモン・エストロゲンが卵巣機能から分泌されると始まり、生理の回数が多いほど子宮内膜症を発症しやすいといわれています。そのため、上手に生理と付き合っていくことが大切です。

具体的にどんなことに気をつけるべきなのかこれから詳しくお伝えしていきます。

生理痛の痛みが強い人は子宮内膜症の疑いあり?

子宮内膜症の女性をサポートする日本子宮内膜症協会では、どんな自覚症状を感じているのかなど平均年齢36.3歳の人たち1000人以上にアンケートを実施しました。

その結果、自覚症状でもっとも多かったのが“月経時の下腹部痛”、次に月経時以外の下腹部痛でした。人によって痛み方が違いますが、生理時に鈍痛やチクチクとした痛みを感じることは通常では考えられない症状なので、毎月重い症状で悩んでいる人は注意が必要です。

生理で鎮痛薬を飲むと子宮内膜症の確率が高くなる?

昔の人に比べ現代の20代~40代の女性は子宮内膜症になる確率が高くなっているといわれており、この鎮痛剤も原因のひとつとして考えられています。

生理痛に耐えられず鎮痛薬を飲む人が多いと思います。生理痛といえば腹痛のほかに頭痛やはき気などがありますが、すべての症状がひとつの薬でおさえられる市販薬が増えており活用する機会が多くなりました。
鎮痛剤は一時的に痛みをおさえ緩和し快適に過ごせますが、子宮内膜症を見過ごしてしまう確率が高くなります。そのため、現代人は昔に比べると子宮内膜症を発症しやすいといわれているのです。

生理用品のタンポンは子宮内膜症になりやすいの?

生理中にタンポンを使う人ほど子宮内膜症になりやすいと聞きますが、医療機関によると関係性はないと伝えています。

このような話が広がっているひとつの説として、生理中にタンポンをすることではがれ落ちた子宮内膜が逆流し、子宮内の外へ生殖してしまった結果、子宮内膜症を引き起こすと考えられています。

しかし、タンポンを使ったからといって経血が逆流することはありません。タンポンを使う女性も多いため、もしこの話が本当ならかなりの人数が子宮内膜症を患っていますよね。

ただし、長時間タンポンを挿入した状態は雑菌の繁殖などによる性病など、別の症状を引き起こす可能性があるのでこまめに取り替えることは大切です。

子宮内膜症の治療費用はどのくらい?検査や手術、治療期間について

もしかしたら子宮内膜症かもしれない・・・、ひとつでも思い悩むことがあるのなら産婦人科で早期受診することをおすすめします。とはいえ、産婦人科って気軽に行けるような場所ではないため、足を運ぶのが遠のいてしまう人も多いと思います。

そこで、子宮内膜症の疑いで受診するとどんな流れで検査がおこなわれるのか、治療費や通院期間など疑問点についてまとめてみました。

子宮内膜症の検査方法と手術について

一番初めに産婦人科では、初経の年齢や生理周期・生理痛についてなど問診票への記入をお願いします。これからの治療に大切な部分なので、思い出しながらしっかり書きましょう。

検査では経膣エコーや血液検査・MRIなどを撮影し画像で子宮内の様子を確認していきます。治療では原因となるホルモン量をおさえる薬物療法、内診や超音波検査で判断できないときは腹腔鏡とよばれる内視鏡をおへそ下から入れた手術をする場合があります。

妊娠などで産婦人科の経膣エコーを受けた人ならどんな流れかわかりますが、下着を下ろすため少し抵抗してしまう人が多いと思います。病院によりますが、診察室はカーテンで仕切られていたりタオルで隠すなど配慮をしている場合が多いので、あまり緊張しなくても大丈夫です。大切な検査なのでリラックスした気持ちで受診しましょう。

子宮内膜症の治療期間は?

子宮内膜症の治療方法にもよりますが薬物療法の場合、低用量ピルなどを使って月経量を減らし体が妊娠した状態を作る治療を始めます。エストロゲンの分泌量を下げることで症状を緩和させるのですが、薬を服用しても即効性はありません。

治療薬にもよりますが最低4カ月以上、様子を見ながら治療を進めていくのが一般的です。

子宮内膜症の治療費用はどれくらい?

子宮内膜症の治療はしばらく期間がかかるため、治療費用がどれくらい発生するのか気になりますよね?

治療方法によって必要な費用が違ってきますが、問診から血液検査など子宮内膜症と診断されるまではおよそ5千円~1万円です。薬による治療なら1カ月あたり5千円ほど、手術をする場合は高額医療制度の適用もあるのでおよそ10万円の自己負担です。

問診から手術まですべて保険診療となるため、健康保険が利用できます。加入している任意の医療保険も対象となる場合があるので、少しでも安くおさえるために保険会社の方へ確認してみましょう。

また、病院によって治療費は異なるため、心配な人は受付へ相談すると薬代など細かい部分までしっかり説明してくれますよ。

まとめ

子宮内膜症は女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が多いほど発症しやすく、生理痛を強くしたり月経量を多くします。いつも経血量が多いことや痛みがあるなど当たり前になっている人は、もしかすると子宮内膜症の可能性があります

子宮内膜症は治療することで生理痛や不妊症などの悩みをコントロールできますので、病院でしっかり検査を受けて確認することをおすすめします。

 

★あわせて読みたい

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-女性不妊の原因, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.