時期別に分ける効果とは?プレミン葉酸サプリ(妊活~妊娠16週~産後)

葉酸サプリ”とネット検索すると、たくさんの種類が出てきて「どれを選べばいいの?」と悩みますよね。各メーカーでこだわりを取り入れた葉酸サプリを販売していますが、ほとんどが各社で1種類だけです。つまり、妊活~授乳期までオールインワンで葉酸サプリを飲むケースが多いのです。

そんな中、ゲンナイ製薬株式会社のプレミン葉酸サプリは、妊活~妊娠16週~産後の3つの時期に分けてサプリを提供しているのです。なぜ、時期別で分けているのか、内容の違いや効果などを調べてみました。

   今回ご紹介するのはこちらの葉酸サプリ♪

もくじ

ゲンナイ製薬株式会社がプレミン葉酸サプリを時期別に分けた理由とは?

サプリってなにを基準に選んでいますか?

  • 飲みやすさ
  • 栄養面
  • 安全面
  • 価格など

人によって選ぶ基準は違うと思いますが、多くが「一度選んだサプリを産後まで飲み続ける」のではないでしょうか。しっかり栄養補給できていれば安心ではありますが、妊活から産後まで一貫してずっと同じ栄養摂取ではないことをご存じでしたか?

マリママ
実は、厚生労働省では妊活中から妊娠15週まで、妊娠16週から出産まで、出産後から授乳時の3つの時期で取り入れる栄養成分や量を分けているのです。妊活から授乳時はどの時期も大切で、この期間中の栄養面はしっかり考えなくてはなりません。それなのに多くの製品は、栄養成分をバランスよく配合してオールインワンで飲むサプリが多く出回っているのです。

この大切な時期だからこそ、その時に必要な栄養成分を取り入れよう!と考えたのがゲンナイ製薬株式会社のプレミン葉酸サプリなのです。

   プレミン葉酸サプリをもっと詳しく→

妊活中から妊娠15週まで★プレミン葉酸サプリの成分と効果とは?

■この時期は?(妊活から妊娠15週目まで)

妊活中から妊娠初期ごろは葉酸を意識して取り込むことが大切です。子宮内の準備し着床しやすくしたり、お腹の赤ちゃんの細胞分裂をサポートするなど、葉酸の働きはたくさんあります。また、マグネシウムや亜鉛など、妊娠前から不足しがちな栄養成分のカバーも必要です。

■妊活から妊娠15週目までのプレミン葉酸サプリの特徴

葉酸は酵母葉酸ではなく、厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型を使用。造血作用に大切な鉄分は、吸収率を考えてヘム鉄と非ヘム鉄をバランスよく配合するなど、妊活から妊娠初期に大切な栄養素をしっかり配合しています。

また、妊活はパートナーの協力も欠かせないことから、男性向けのプレミン葉酸サプリも用意しています。

■成分

【プレミン葉酸サプリ】

葉酸(400μg)/カルシウム(250mg)/鉄(5mg)/マグネシウム(100mg)/亜鉛(3mg)/ビタミンC(45mg)/ビタミンD(7μg)/ビタミンB1(1.3mg)/ビタミンB2(1.5mg)/ビタミンB6(1.4mg)/ビタミンB12(2.8μg)/パントテン酸(2mg)/ナイアシン(3.5mg)/ビオチン(50μg)

 

【プレミン葉酸サプリMen】

亜鉛(10mg)/カルシウム(200mg)/鉄(7.5mg)/マグネシウム(80mg)/マンガン(4mg)/セレン(25μg)/国産マカ(50mg)

 

 

■ポイント

  • 食事で不足する必要成分の適正量を配合
  • 14種類のビタミンとミネラル配合
  • 妊活の男性に取り入れて欲しい6種のビタミンミネラル配合・安心の国産マカ使用

   妊活から妊娠15週目までのプレミン葉酸サプリの効果を詳しく見る→

妊娠16週から出産まで★プレミン葉酸サプリの成分と効果とは?

■この時期は?(妊娠16週目から出産まで)

妊娠16週あたりからモノグルタミン酸型葉酸を400μgを取り入れる必要はありません。この時期の葉酸は食事だけではカバーできない250μgで十分とされており、代わりに鉄分の取り入れを意識する必要があります。

■妊娠16週目から出産までのプレミン葉酸サプリの特徴

胎児の成長に伴い血液がたくさん必要になるため、ママは鉄分を積極的に取らなくてはなりません。プレミン葉酸サプリには吸収率の高いヘム鉄を配合し、この時期に不足しがちなビタミンAなどをたっぷり配合しています。

■成分

鉄(15mg)/マグネシウム(100mg)/亜鉛(3mg)/ビタミンA(300mg)/ビタミンC(45mg)/ビタミンC(45mg)/ビタミンD(7μg)/ビタミンB1(1.3mg)/ビタミン2(1.5mg)/ビタミンB6(1.4mg)/ビタミンB12(2.8mg)/パントテン酸(2mg)/ナイアシン(3.5mg)/ビオチン(50μg)/葉酸(250μg)/カルシウム(250mg)

■ポイント

  • 鉄7.5mg中に吸収率の高いヘム鉄7.5mg配合
  • 葉酸はモノグルタミン酸型ではなく食事性葉酸

   妊娠16週から出産までのプレミン葉酸サプリの効果を詳しく見る→

出産後から授乳時★プレミン葉酸サプリの成分と効果とは?

■この時期は?(出産後の授乳期)

授乳中はビタミンAが不足しがちになるため、厚生労働省が発表する食事摂取基準にも付加量として設定されています。赤ちゃんの発達に必要なDHAなどの栄養素も、意識して取り入れる必要があります。

■出産後授乳期のプレミン葉酸サプリの特徴

この時期に不足しがちなビタミンAは、厚生労働省が推奨する摂取量に合わせて不足分をしっかり配合しています。DHAは日本で水揚げされたマグロ由来のDHAを使用し、ママと赤ちゃんの健康をサポートしています。

■成分

【プレミン葉酸サプリ ママ】

銅(0.5mg)/マグネシウム(80mg)/亜鉛(4mg)/ビタミンA(700μg)/ビタミンC(80mg)/ビタミンD(8μg)/ビタミンB1(1.3mg)/ビタミンB2(2.1mg)/ビタミンB6(1.5mg)/ビタミンB12(3.2)/パントテン酸(2mg)/ナイアシ(5mg)/ビオチン(50μg)/葉酸(120μg)/カルシウム(250mg)/鉄(2.5mg)

 

【プレミン葉酸サプリ ママ/カプセル】

DHA(350mg)

 

 

■ポイント

  • 厚生労働省が推奨する食事性葉酸
  • 吸収率の高いヘム鉄をブレンド
  • 食事だけでは不足しがちなビタミンAをたっぷり配合
  • 不足しがちなDHAを別パッケージで用意

  出産後の授乳期に飲むプレミン葉酸サプリの効果を詳しく見る→

プレミン葉酸サプリの成分「すべて開示している」のは業界初だった!

マリママ
プレミン葉酸サプリは、「ここまで開示するの?」と思う部分まで、すべて公式サイトで公開をしています!
最近では、マネをしているのか?他の葉酸サプリも開示しているところも出てきましたが、プレミンが葉酸サプリ業界で初の試みだったのではないでしょうか!!

成分の原産国と最終加工国をしっかり開示しているプレミン!!!!

よく原産国だけ開示しているサプリは見かけますが、プレミン葉酸サプリは各成分の原産国と最終加工国を細かく伝えています。できるだけ国産を優先し、不可能な場合は主要先進国を選び安全性を高めています。

第三者機関による検査で有害物質の有無を確認しているプレミン!!!

さまざまな成分が含まれているため、原材料にヒ素、鉛、残留放射能(セシウム)、ヨウ素が含まれていないか検査しています。全成分検出されていないことを証明するため、第三者機関による検査結果を報告しています。

飲む人を考えて食物アレルギー検査をしているプレミン!!!

アレルギー持ちでも安心して飲んでもらうために、卵、小麦、乳、そば、落花生、甲殻類、水銀、残留農薬と幅広く検査しています。すべての分析結果項目を公式サイトに開示しているので、いつでも確認できます。

たしかな安全性が確認できるプレミン!!!

プレミン葉酸サプリは自分だけではなく赤ちゃんにも影響するため、安全性を考えて国内有数の「NSF GMP認証」という厳しい国際認証をクリアした工場で袋詰めまでおこなっています。

まとめ

ゲンナイ製薬株式会社のプレミン葉酸サプリは、ほかでは見かけることのない時期別に合わせた配合成分でサプリを提供しています。妊活から授乳期まで、余計な栄養成分は取りたくない人に選ばれているサプリメントです。

   プレミン葉酸サプリは定期便でも縛りナシ!お得情報を見る→

 

●参考サイト: http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4as.pdf