女性不妊の原因 *妊活と不妊について

放置すると不妊の危険も!子宮内膜炎の症状・原因・治療について

更新日:

子宮内膜炎は女性特有の病気のひとつで、若い芸能人の人たちも患っていることを告白したことで注目されています。子宮内が炎症した症状をいうのですが、初期段階では自覚症状がほとんどないことから気づかない人が多いんです。

このまま放置してしまうと不妊にもつながる可能性があります。子宮内膜炎とはどんな病気なのか、原因や症状・治療法などをしっかり確認して自分の体を守っていきましょう。

子宮内膜炎とは?

漢字の通り「子宮の内側(内膜)が炎症している」状態を子宮内膜炎といいます。本来なら生理が来るたびに子宮内膜がはがれ外へ排出→新しい子宮内膜が生成するを繰り返すため、炎症がほとんど起こりません。

しかし、さまざまな原因により子宮内に細菌が入り込んだことで内膜が炎症を起こし、生理不順や不妊などを引き起こす場合があります。

子宮内膜炎と子宮内膜症とは違うの?

子宮内膜炎ともうひとつ、子宮内膜症というよく似た名前の病気があります。この2つは原因がまったく違います。

子宮内膜炎 子宮内膜が炎症する
子宮内膜症 子宮内にしか存在しない内膜が子宮外の部位(卵巣や卵管など)にできる

また、子宮内膜症の症状のひとつにチョコレート嚢胞があります。卵巣に子宮内膜症ができて血液がたまり、排出されずに古くなったドロドロの血液のことをいいます。

子宮内膜症の人が起こりやすく、腫瘍にも良性から悪性といろんな種類がありますので、しっかりと検査・治療をしましょう。

 

子宮内膜炎はなにが原因?自覚症状はある?

子宮内膜炎は大きく分けると3種類あり、それぞれ原因や症状が少し違います。ただ、根本的な原因は細菌感染(結核菌、レンサ球菌、ブドウ球菌、大腸菌、淋菌など)です。子宮の入り口を通じて外部から菌が侵入し感染が広がっていきます。

陰部の皮膚は酸性よりのph値で子宮内に細菌が侵入しないようにおりものなど排出することで守られています。しかし、風邪や妊娠・産後などで免疫力が低下しているときは抵抗力が弱り、陰部の入り口を守る常在菌が減少したことにより、子宮内に細菌が侵入しやすい環境を作ってしまいます。

子宮内膜炎の症状は軽いものが多くあまり気づきにくい人が多いのですが、このような症状がある場合は少し注意が必要です。

  • 下腹部に痛みがある
  • 性交痛がある
  • 不正出血
  • 排尿時に痛みや違和感を感じる
  • 発熱が続いている

子宮内膜炎の種類別で、細菌感染や症状の違いを見てみましょう。

急性子宮内膜炎

  • 発熱が続いている
  • 下痢の回数が多い
  • 性交時に痛みを感じる
  • 下腹部に違和感がある
  • おりものが増える

急性子宮内膜炎は子宮内へ細菌が侵入したことで突発的に引き起こす炎症です。生理により内膜(機能層)がはがれるため、自然に治る場合があります。生理不順が続くと炎症が時間とともに広がる心配があるので治療が必要です。

慢性子宮内膜炎

  • 生理時の経血量が減った
  • 生理がこない

慢性子宮内膜炎とは、通常、子宮内膜にはないリンパ球の形質細胞が侵入したことにより引き起こす炎症です。生理によりはがれる子宮内膜よりも奥(基底層)に細菌感染が広がってしまい、排出されずに慢性化した状態をいいます。

痛みなどの自覚症状がないため気づきにくい場合が多いです。検査や治療をし炎症をおさえていく必要があります。

老人性子宮内膜炎

  • 子宮がけいれんするなど違和感がある
  • 下腹部に痛みを感じる

老人性子宮内膜炎は年齢とともに減少する女性ホルモンの影響から、子宮の自浄作用が弱くなったことで細菌が侵入し炎症を引き起こします。また、生理により子宮内膜が毎月はがれ再生されていましたが、閉経後は新しく生まれ変わらないため子宮内膜炎を引き起こしやすくなります。

子宮内膜炎は生理も関係してる?なりやすい人の特徴

女性特有の病気の中でも子宮内膜炎は誰にでも起こりえる可能性が高い症状です。たとえば、このような経験がある人は注意しましょう。

  • 生理不順になりやすい
  • 膣炎などを起こしやすい
  • 生理のときに長時間タンポンを使用してしまう
  • 流産や人工妊娠中絶をした経験がある
  • 出産経験がある

子宮の内膜は生理が来るとはがれるため、定期的に来ない人に比べると子宮内膜炎を発症する確率が高いといわれています。

また、子宮内膜炎は細菌が関係しているため、陰部周辺を清潔に保つ必要があります。

子宮内膜炎は怖い病気!膣から広がる感染症で重症化も・・・

子宮内膜炎の原因は“細菌感染”なので、陰部を清潔に保つことが必要です。子宮内へ侵入する菌は下着を何日も着ているなどのほか、性交時にパートナーから細菌が感染する場合もあります。中でも注意して欲しいことがガンジダ膣炎やクラミジア・淋病などの性病です。

治療には医師の診察や検査が必要となるため、時間がないなどの理由から放置してしまう女性が少なくありません!陰部に細菌が増えると免疫力が低下し、これまで守られていた子宮の入り口の菌たちも死滅し細菌が子宮内膜へ侵入しやすい状態を作ってしまいます。

パートナーなどから感染した菌は「子宮頚管炎→子宮内膜炎→子宮筋層炎→子宮傍結合織炎」と病状が広がり、排尿時の痛みなどの症状も強くなっていきます。

陰部のかゆみや痛み、おりものが臭いなどいつもとの違いを感じたら、拡大して重症化する前に適切な治療が必要です。

子宮内膜炎の悪化が原因で着床障害→不妊の可能性もある

不妊の原因に子宮内膜炎も関係しています。突発的に引き起こる急性なら次の生理が来ると自然に治る場合があります。しかし、問題なのは慢性的な子宮内膜炎です。

生理によってはがれ落ちる機能層に細菌感染が起こるといいのですが、慢性は生理でははがれない基底層と呼ばれる奥に菌が侵入します。そのため、生理不順や無月経などの排卵障害を引き起こします。

さらに、子宮内膜炎が卵管へ広がってしまい、卵子が通れず受精卵の着床ができない状況を作ってしまいます。不妊の原因はさまざまありますが、子宮内膜炎が悪化している可能性もあります。

しっかり慢性子宮内膜炎の治療をおこなったことで、妊娠できる確率が上がったというデータがあります。悪化する前に婦人科などで検査をおこない、自分の子宮がどんな状況なのかを把握しておくことが大切です。

子宮内膜炎の治療法は手術?治療期間はどのくらい?

子宮内膜炎の可能性がある場合、尿検査や子宮頸管から細菌を採取し原因を追求します。場合によっては血液検査やCTなどの画像で子宮内に膿がないか、中絶や分娩後の子宮に取り残されているものがないか確認していきます。

子宮内膜炎を引き起こす菌が特定されているのであれば、その菌を死滅する抗生物質で治療を開始します。ただ、細菌にもたくさんの種類があるため、初めのうちは広い範囲に効果がある抗生物質が使われる場合が多いです。

子宮内膜炎の症状が悪化している場合、症状によっては手術を必要とする場合があります。いずれにせよ、子宮に痛みや違和感を感じたら早期発見のためにも婦人科を受診しましょう。

子宮内膜炎は日頃の暮らしで改善や予防ができる

子宮内膜炎は放置すると手術が必要なほど重症化してしまう怖い病気でもあります。しかし、日頃のちょっとした行動で、症状を最小限に食い止められる可能性があります。そのカギとなるのが「細菌を繁殖させない」ことです。具体的にどんな予防ポイントがあるのか詳しくお伝えします。

下着を取り換える回数に注意

一般的に下着を取り換える回数は1日1回ですが、仕事で遅くなったり疲れてやる気が起きないなどの理由から2日に1回など履き続ける女性も少なくありません。

女性の場合、おりものや経血など体内からの排出物が多いため、下着に付着した状態が続くと細菌が繁殖します。どんなに忙しかったり体調が優れなくても、下着の交換は最低1日1回しましょう。

長時間、生理用品をつけない

生理中にナプキンやタンポンを一般的に使用しますが、生理が始まる前や終わりかけって経血が少量なのでいつもより長い時間付け続けてしまうことってありますよね。

ナプキンなどを長時間つけていると汗や排出物が増えてしまいます。経血や汗などは細菌のエサとなるため、長時間使用するほど増殖します。生理中に陰部が臭うのも菌が原因なので、こまめに取り換えて不衛生な環境を作らないようにしましょう。

陰部の洗いすぎに気をつける

陰部は子宮内に菌が侵入しないように酸性よりで保たれています。体用のボディソープや石けんなどで陰部も洗ってしまうと陰部周辺の皮膚のph値が変わってしまい、これまで住み着いていた常在菌が減少してしまいます。

細菌が子宮内に侵入しやすい状態になるため、陰部を洗う時はデリケート用ソープを使ったり洗いすぎないように注意しましょう。

まとめ

子宮内膜炎の初期段階は自覚症状がそれほど強くないため放置しがちですが、場合によってはほかの機能へ影響を与え不妊症を引き起こす可能性があります。早期発見、治療をすることで妊娠の確率が高まるといわれているので、生理不順の排卵障害や不妊などの悩みがある人は、一度、産婦人科へ相談してみましょう。

 

★あわせて読みたい

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-女性不妊の原因, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.