女性不妊の原因 *妊活と不妊について

子宮内膜症は妊娠しにくいってホント?不妊治療の方法を解説!

更新日:

不妊の原因に子宮内膜症が関係していることをご存じですか?

女性ホルモンの分泌量が多い20代~40代を中心に増えており、10人に1人が患っている可能性があるといわれる病気です。とくに、これまで妊娠した経験がない人に多く見られる傾向があり、子どもが授かりにくいなどの理由で発見するケースが増えています。

子宮内膜症は不妊と本当に関係性があるのか、もしそうなら不妊治療はどんな流れでおこなわれるのか。子宮内膜症と診断された後の不妊治療について、詳しくお伝えしていきます。

子宮内膜症が不妊になる理由は?原因や症状について

なかなか赤ちゃんを授からない原因はさまざまがありますが、最近多くの女性に見られる子宮内膜症が関係している割合が増えています。

私たち女性の子宮内は、赤ちゃんを迎えるために子宮内膜を厚くしてフカフカな状態へ整えます。準備はしたけど着床しなければ、子宮内膜がはがれ落ち生理が始まり一度リセットされます。はがれ落ちた子宮内膜は経血と一緒に体外へ排出され、また次の着床に向けて準備を始めます。

しかし、子宮内膜が卵巣や卵管など子宮外で生殖し増えてしまう場合があります。その後、内膜がはがれ落ちると外へは排出されず体内で止まってしまい炎症などを引き起こします。これが子宮内膜症です。

このような病状を発症させる原因が女性ホルモン・エストロゲンです。生理や妊娠しやすい体づくりなど女性にとって必要不可欠なホルモンですが、分泌量が多くなるなどコントロールがむずかしくなったことで子宮内膜症を引き起こしてしまいます。

子宮内膜症は生理痛をヒドくしたり無月経や不妊などに大きく影響するため、どんな症状があるのかを知っておくことが大切です。

こんな症状があると子宮内膜症かも・・・

  • いつも強い生理痛を感じている
  • 生理時にレバーのような塊がある
  • 排便痛や性交痛がある
  • 股関節痛に悩まされている
  • 赤ちゃんができにくいなど

子宮内膜症の症状は個人差がありますが、多くの女性は生理中に腹痛や下腹部に違和感を感じています。自分自身の体だからこそ普段との違いがわかるので、生理以外の日もおかしいと感じたら産婦人科相談してみましょう。

子宮内膜症の不妊治療はどんな流れなの?

まず、知ってほしいことが「子宮内膜症だから妊娠できない」とは限りません。内診など詳しい検査をして症状のレベルを確認していくのですが、子宮内膜症でも自然妊娠できたという報告はたくさんあります。

子宮内膜症の検査では、一番初めに必ず内診や超音波・血液検査をおこないます。子宮や卵巣の状況を見て、病状がどれくらい重症化しているのか判断します。その後、妊娠に向けて不妊治療がおこなわれるのですが、実際にどんな流れなのか重度別でまとめてみました。

軽度ならば月経(生理)をホルモン薬(ピルなど)で止めて治療

子宮内膜症の内診や超音波・血液検査で異常がなければ、タイミング療法や排卵誘発剤などで自然妊娠の様子を見ていきます。それでも妊娠がむずかしいようであれば、腹腔鏡手術で着床率を下げている患部を電気で焼く治療をします。

その後、子宮内膜症の原因である女性ホルモン・エストロゲンの分泌量をおさえる薬(スプレキュア・ナサニールなど)で自然妊娠の可能性を高める治療をおこないます。

腹腔鏡(ふっくうきょうか)手術とは

腹腔鏡とは、おへそ下付近に約1cmの小さな穴を開け、外套管(がいとうかん)と呼ばれる筒状の医療器具を通じて内視鏡を腹部へ挿入した治療をおこなう手術です。開腹手術と違い小さな傷で術後の痛みが弱い、早くから職場復帰できるなどメリットがあります。

子宮内膜症で子宮・卵巣に異常がある場合は腹腔鏡検査などが必要

子宮内膜症の検査で子宮や卵巣に以下のような異常がある場合、症状のレベルに応じた不妊治療をおこないます。

  • 子宮のはれ(子宮腺筋症)
  • 卵巣のはれ(チョコレート嚢腫(のうしゅ))
  • 子宮と卵巣の両方のはれ

子宮や卵巣のはれが軽度の場合、内診や超音波・血液検査で異常がなかった時と同じ流れでホルモン薬などの治療が進められていきます。できるだけ自然妊娠ができる環境を整えて様子を見ます。

子宮腺筋症とチョコレート嚢胞など重度の場合は手術

CT・MRIの画像診断や腹腔鏡検査をして子宮腺筋症チョコレート嚢胞のはれが大きければ状況に応じた手術をおこないます。

  • 開腹手術(子宮全摘出、腫瘍摘出)
  • 腹腔鏡下(腫瘍摘出、アルコール固定)
  • 超音波ガイド下(アルコール固定)

※アルコール固定とは、卵巣腫瘍へ針を刺し卵巣内容液を吸引しエチルアルコールなどの注入を繰り返し、卵巣内を洗浄しない膜症細胞を壊死する治療法です。

腫瘍摘出とアルコール固定術後に薬物療法をおこなう場合があります。また、術後の妊娠については卵巣の状況に応じて、できるかできないかが変わってきます。

【子宮全摘出】
無月経となり卵子が作られないので妊娠はできません。

 

【腫瘍摘出】
片方/両方の卵巣ががある場合は妊娠できます。両方の卵巣がない場合は卵子が作られないので自然妊娠はできませんが、手術で卵子を保存しておくと体外受精ができます。子宮があれば自信の体で妊娠や出産ができます。

子宮内膜症の治療や予防には適度な運動をしよう!

子宮内膜症と診断されると、不妊やこれからの健康面について心配ですよね。完治はむずかしい病気といわれていますが、日常生活を見直すことで女性ホルモンをコントロールし進行を弱らせたり、生理痛の痛みなどを緩和することが可能です。食生活の見直しなども大切ですが、体を動かすなど運動することで子宮内膜症のリスクを下げます。

原因である女性ホルモン・エストロゲンは運動不足やストレスがたまることで分泌量が増えるといわれています。また、生理痛は血行不良も関係しているため、適度な運動を取り入れた生活を送ることが大切です。中でもおすすめなのが有酸素運動です。

  • ヨガやピラティス
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング
  • なわとびなど

有酸素運動は約20分以上おこなうことで脂肪燃焼率が高まるといわれています。体内の糖や脂肪がゆっくり燃焼され、基礎代謝アップやホルモン量をコントロールする司令塔の脳が活性化されるなどメリットがあります。

体を動かすことでストレス解消できますが、動きすぎると逆に筋肉疲労などにつながりストレスを感じてしまう場合がありますので、適度な運動量が望ましいです。

また、チョコレート嚢胞などの疾患がある人は運動制限される場合があるので、どの程度まで体を動かしても大丈夫なのか医師へ相談しましょう。

まとめ

子宮内膜症だからといって、絶対に妊娠できないとは限りません。多くの原因はホルモンバランスですが、排卵誘発やタイミング療法などをおこなうことで自然妊娠も可能です。

詳しい検査をして子宮内の状況を確認しなければ不妊治療がおこなえないので、生理痛など体に変化を感じたら一度、検査することをおすすめします。今後、子宮内膜症が重症化しないためにも早期発見と治療はとても大切なことですよ。

 

★あわせて読みたい

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-女性不妊の原因, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.