葉酸+その他の成分

知っておきたいビタミン栄養素について!葉酸と妊娠との関係は?

更新日:

妊活中の女性にとって日頃から摂取しておきたい栄養素として「葉酸」があります。「葉酸」は厚生労働省の推奨もあり近年身近になった栄養素ですね。

そして、妊活中はもとより、妊娠中、授乳中にも摂取しておきたい栄養素でもあります。継続的な摂取により、妊活中から子宮の状態を整え、赤ちゃんの先天性リスクを減らし、妊娠中には胎児の形成を促し、産後には授乳中には赤ちゃんの健康のために、と健やかな妊活・マタニティライフを送るサポートをしてくれます。

「葉酸」はビタミンB群の一種ですが、他のビタミンとの一緒に摂ることでさまざまな効果があります。また、注意したい組み合わせや摂りすぎもあるので、詳しくご紹介します。

目次

葉酸とビタミンは妊娠中どう影響するの?

胎児はお腹の中で成長するにあたって細胞分裂を繰り返し臓器や体を作っていきます。そして、葉酸には細胞分裂を促す働きがあるので、お腹の中にいる時は常に葉酸をたくさん消費します。そのため、母体の葉酸が不足しやすいのです。

母体の葉酸が不足すると、貧血や動悸、息切れ、食欲不振、情緒不安定など、葉酸欠乏症という症状が引き起こされる可能性も。葉酸欠乏症には悪性貧血という症状があります。鉄分の不足による貧血とは違い、葉酸が欠乏することにより赤血球そのものをうまく作ることができないため、血液の循環が悪くなる症状です。

血液の循環が悪くなるということは、母体の血液から胎盤をとおして赤ちゃんへ酸素や栄養を届けているので、当然胎児にしっかり栄養を届けることができなくなります。それらを踏まえて妊娠中は普段よりも多くの葉酸を摂取する必要があるのです。産後、授乳中にも葉酸は働いてくれます。

母乳の素は血液です。またここで、造血作用の葉酸が必要になりますね。母乳を作り、母乳の出も良くしてくれます。赤ちゃんにも葉酸は必要で、不足すると成長が遅れると言われています。

そして、ホルモンバランスを整えるという作用も働いてくれます。ホルモンバランスが崩れると産後うつや抜け毛、などに悩まされることもあります。また、細胞分裂を促す働きにより子宮の回復にも一役買ってくれるともいわれています。

まだまだ知らない方が多い「妊娠する前からの葉酸の必要性」妊活の強い味方!

妊活を始めたときからの葉酸摂取がなぜ必要なのかを考えてみましょう。大きく分けると理由は2つ。

  1. 造血作用と細胞分裂を助ける働きのおかげで子宮の状態がよくなり、妊娠しやすい体に導くサポートをしてくれる。
  2. もう1つは厚生労働省が推奨し、母子手帳にも記載されるようになった理由でもある、「先天性奇形のリスクを減らすため」「授乳期まで発育に関係するため」があります。

これは、葉酸を妊娠する3か月前から摂取することにより、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害を発症するリスクが70%も減ることが海外の研究で報告されているからです。このように妊娠前から葉酸が母体や胎児の健康にとても影響する栄養素だということがわかりますね。

しかし、厚生労働省が推奨しているのにも関わらず、神経管閉鎖障害の発症率は出産1万人当たり5~6人、年間500~600人が発症しているという現状。名古屋市にある熱田リハビリテーション病院等の調査によって2001年~2012年で葉酸サプリを摂取していたのは23%、二分脊椎症の子を出産した女性では10%と摂取率が低いという結果が報告されています。

残念なことに、葉酸の重要性がまだまだ浸透していないという状況です。

ビタミンB12と葉酸は血を造る最強タッグ!貧血予防にも!

ビタミンB12と葉酸のふたつの成分を同時に摂ることで、赤血球を作り血液を運んでくれています。
葉酸が赤血球を作るときにビタミンB12が葉酸の代謝や分解の手助けをするので、このうちどちらかが不足しても正常な赤血球を作ることができないのです。

ビタミンB12の多い食品

しじみ・あさり・北寄貝・レバー・すじこ・たらこ・いわし・さんま・のり等

葉酸の多い食品

レバー・ほうれん草・アスパラガス・すじこ・卵黄・納豆・ブロッコリー・のり等

ビタミンB6と葉酸は心血管疾患になるリスクを減らす!

ビタミンB6は筋肉や血液を作るのに欠かせない栄養素です。近年の研究結果で、食事からビタミンB6と葉酸を十分にとることで心筋梗塞などの心疾患を予防できると報告されています。

心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化の原因とされ、よく聞くのが悪玉コレステロールですが、アミノ酸の一種「ホモシステイン」というものが近年注目されています。

この「ホモシステイン」が低めである人は脳卒中や冠動脈疾患のリスクが少ないのだと言います。そして、葉酸とビタミンB6が血中の「ホモシステイン」の濃度を薄くし、数値を下げるので、心疾患のリスクを減らしている可能性があるそうです。

ビタミンB6の多い食品

にんにく・レバー・まぐろ・かつお・いわし・鮭・鶏ひき肉・鶏ささみ・鶏むね肉・さんま・あじなど

ビタミンCは葉酸のサポーター!

ビタミンの中では一番メジャーなビタミンCですが、葉酸をサポートするのはご存知でしたか?水溶性である葉酸は尿などで排泄されてしまうので、毎日の摂取が必要です。その中で、ビタミンCは葉酸を体内で維持・吸収する手助けをしてくれます。

ビタミンCの多い食品

ピーマン(赤・黄・緑)・パセリ・キウイフルーツ・ブロッコリー・柿・ハム・ベーコン・わかめ・のりなど

ビタミンEは卵子の老化予防に!葉酸と一緒で妊活に◎!

ビタミンEは強い抗酸化作用と細胞膜を安定させる働きを持っています。よく耳にする活性酸素を除去するのがビタミンEの抗酸化の力です。
活性酸素はストレスや喫煙などで発生し、そのままにすると細胞を酸化させる、つまり老化させていきます。この酸化により、卵子も老化させていくのです。ビタミンEの抗酸化作用により老化を防止するという訳です。

そして、ビタミンEは化学名を「トコフェロール」といい、「子供を産ませる」という意味があります。その名の通りで、元々はラットの不妊研究で発見された栄養素なのです。

性ホルモンの代謝や生成と分泌に関わり、卵巣の血行を良くし、子宮内膜を厚くするという作用もあるからなのです。ビタミンEで子宮の環境を整え、葉酸の作用の造血作用や細胞分裂での質の良い排卵が行われるようになれば、妊娠しやすくなるというわけです。

ビタミンEを多く含む食品

すじこ・いわし・たらこ・うなぎ・大根・かぼちゃ・赤ピーマン・アーモンド・唐辛子・鮎・うになど

ビタミンDはカルシウムの働きをカバー!しかし過剰摂取は注意!産後も葉酸と一緒に摂るのが◎!

ビタミンDはカルシウムの吸収を良くし、骨の成長を助け、血中のカルシウムの濃度を一定に保つ働きをします。くる病や低カルシウム血症など、ビタミンD不足による小児の病気を予防するためにも赤ちゃんにとって必要な栄養素です。

また、産後授乳するうえでもビタミンDは大切です。赤ちゃんの骨の成長に必要不可欠なビタミンDを母乳から摂取させてあげるために、吸収を助けてくれる葉酸と共に摂ることが必要です。

過剰摂取には注意しなくてはいけません。過剰摂取すると骨からカルシウムが溶け出し、血中のカルシウム濃度が高くなる高カルシウム血症や腎障害、軟組織が石灰化してしまう障害などになる可能性もあります。

ビタミンDを多く含む食品

すじこ・いくら・鮭・にしん・さんま・数の子・ニジマス・煮干し・いわし・きくらげ・さば・キノコ類など

摂り過ぎ注意のビタミン

hatena

摂取のし過ぎに気を付けなければいけないビタミンがビタミンAです。葉酸やビタミンB12、B6、Cが水溶性のビタミンなのに対し、ビタミンAは脂溶性のビタミンです。つまり、水溶性ビタミンのように摂りすぎても尿や汗となって外には出てくれず、身体の中に溜まっていってしまいます。そのため、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎにより、胎児が奇形になる可能性が高まるという意見もあります。

ビタミンAは葉酸同様に妊娠のはじめの3か月間に胎児の成長に絶対必須!しかし過剰摂取は✖!

しかし、ビタミンAもまた胎児の成長には欠かせない栄養素ですから、全く避けるのではなくバランスよく摂取するようにしましょう。それは、他のビタミンにも共通して言えることです。いくら水溶性ビタミンで胎児の発育に欠かせないからといって、摂りすぎてしまうと吸収しなければいけない分まで排出されてしまうことにもなりかねません。

attentionサプリメントを選ぶ際もこれらのビタミンがバランスよく配合されているもの選び、分量通り飲むようにしましょう。

ビタミンAは葉酸と同じく細胞分裂をサポートする役割があります。なので、葉酸同様妊娠初期には欠かせない栄養素となっています。不足すると胎児の発育不全につながるのと、粘膜が弱くなり、感染症にかかるリスクが高くなります。

また、植物性由来の「βカロテン」は多めに取った方がいいと厚生労働省で推薦していますが、動物性由来の「レチノール」は過剰摂取を控えるようにと言われています。

水溶性の「βカロテン」は過剰摂取しても尿として排泄されますが、脂溶性の「レチノール」は体内に蓄積されてしまい、胎児の奇形を招くこともあり、流産のリスクも高まると言われています。

ビタミンA(βカロテン)を多く含む食品

エンドウ豆・のり・春菊・大根・ほうれん草・人参・よもぎ・しそ・モロヘイヤ・明日葉など

ビタミンA(レチノール)を多く含む食品

レバー・アンコウのキモ・ウナギ・ギンダラ・あなご・すじこ・あゆ・うずら卵・いくら・生クリームなど

葉酸はビタミンB群に属する!役割を説明!(B1、B2、B6、B12、N、P、B)

葉酸は昔、ビタミンMと呼ばれていました。ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC…の流れのビタミンMと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、実はこの「M」は、「Mental」のMです。今では葉酸という単語で幅広く知られるようになりましたが、水溶性のビタミンB群に属します。ビタミンB群。なぜ、ほかのビタミンと違い「群」とつくのでしょうか?

それは、ビタミンBが発見された当初は1つのビタミンだと思われていました。しかし、後の研究によりビタミンBにはB1・B2・ナイアシン・パントテン酸・B6・B12・葉酸・ビオチンなどの複数の物質の混合物だとわかったので、後から「群」とされました。

この8種類のビタミンB群はお互いに助け合いながら活動します。

ビタミンB1

炭水化物の代謝を助け、脳・神経の働きを正常に保つ働きがあります。不足すると糖質をエネルギーに変えることができないので精神が不安定になったり、肝臓や腎臓の機能低下や胃腸障害をおこしたりします。葉酸は精神にも大きく関わります。

ビタミンB2

脂質の代謝を助け、皮膚や髪の毛、爪などの細胞の再生をサポートします。不足すると肌荒れ、口内炎、目や髪のトラブルなどをおこします。子供の成長には不可欠で、不足すると成長障害を起こすこともあるので注意が必要です。

ビタミンB6

タンパク質の代謝を助け、皮膚・髪の毛・歯の成長に欠かせません。不足すると肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルやホルモンバランスを崩したりします。

ビタミンB12

葉酸とタッグを組んで造血を助けるのと、タンパク質の合成も助けています。不足すると頭痛やめまい、吐き気などをおこし、悪化すると悪性貧血を引き起こしたりします。

葉酸

赤血球を作るのに欠かせない栄養素で、B12と共に造血を助けます。不足すると免疫力の低下や、胎児の成長不全を引き起こすことがあります。

ナイアシン

糖質・脂質・タンパク質の代謝を助け、アルコールを分解するのも助けます。人間の体内で最も多く存在し、皮膚や粘膜を健康に保ちます。
不足することはほとんどありませんが、不足すると食欲不振や口内炎、口角炎などになります。

パントテン酸

別名ビタミンB5と呼ばれ、副腎の働きを助け、副腎皮質ホルモンを促進し、免疫力を高め、ストレスを緩和する働きがあります。こちらも不足することはほとんどありませんが、不足すると手足の知覚異常などがおこります。

ビオチン

糖質や脂質、タンパク質の代謝を助け、皮膚や髪を健康に保ちます。不足すると疲れやすい、無気力、食欲がなくなる、吐き気などの症状が出ることもあります。

不足しやすい葉酸を含むビタミンB群!それはなぜ?

ビタミンB群は水溶性なので、熱に弱く、水に溶けやすく体内に蓄積できません。尿として排出されてしまうので、できれば毎日の食事でバランスよくとることが大切です。

しかし現代の食事環境や生活環境をみると、不足しやすい状況に置かれています。肉中心の食事や加工食品、インスタント食品が多くなったことや、農薬を使った野菜などでビタミンが減少していること、そして現代社会においてはストレスというものがつきまとい、体内で活性酸素が増える、アルコールやカフェインを飲む、喫煙、腸内環境が乱れる、その環境においてビタミンの消費も増えるという悪循環。

このような環境もあいまって現代人はビタミンBが不足していると言われています。

葉酸とビタミン配合のサプリメントを摂って食事で吸収されない分をサポートしよう!

食事だけでビタミンB群を摂るとなると、一日にものすごい量を食べなければなりません。たとえば野菜でとるとなると毎食バケツで何杯もということになります。そんなことは到底無理なので、サプリメントを併用することはとても重要になってきます。

前述したとおり、過剰摂取をしてはいけないものもあります。なので、葉酸サプリと他のビタミンサプリとを併用しようとすると、内容量を計算し、上限を超えていないか確認して…なんて面倒なことになりますね。

葉酸・ビタミンなどが一つになったサプリを選べば過剰摂取の心配もなく補えます。また、妊活用サプリの中には、妊活中はOKだけれど、妊娠したらNGな成分が入っている場合もありますので、サプリ選びは慎重に行った方がいいですね。

葉酸とビタミン複数のサプリを一緒に飲むのと危険な理由は?

上記の通り、サプリメントの複数摂取は過剰摂取に加えて、添加物も多く摂る事になり、健康を損なう恐れがあります。

過剰摂取における報告として

ビタミンE
  • 出血性脳卒中のリスクが高くなる
  • 男性は心疾患のリスクが高くなる
βカロテン
  • 喫煙者の過剰摂取は肺がんのリスクが高くなる
  • オメガ3脂肪酸・ビタミンC
  • 前立腺がんのリスクが高くなる
ビタミンC
  • 腎結石のリスクが高くなる
ミネラル
  • ミネラル過剰症を引き起こす

などがあります。もちろん単体で服用する場合でも人により、副作用が出ることもあります。

厚生労働省でも複数のサプリメント摂取は控えるべき!と言及

あの成分もこの成分もと、体にいいものを摂りたいというのはわかりますが、複数のサプリを自己判断で使用するのは大変危険だと厚生労働省も掲示しています。

複数摂取していることで、もし体調が悪くなった時にどの成分によって体調が悪くなったのかを突き止めることが困難になるのも理由の一つです。どうしても複数摂りたい場合は、かかりつけの医師に相談し、何をどう飲んだかなどのメモを書き、しっかり管理しましょう。

ビタミンも摂れる!おすすめ葉酸サプリは?

葉酸も取れ、ビタミンも取れるおすすめのサプリを紹介します。

エレビット葉酸サプリは葉酸含有量もビタミンやミネラルも豊富!

なんと、葉酸が800㎍も入っていて、ビタミンB群もすべて入っています。ミネラルも豊富に入っており、製薬会社が作っているので推奨される医師もあり、産婦人科やクリニックでも取り扱っているところもあります。

美的ヌーボプレミアム葉酸サプリはビタミンB群がたっぷり配合!

official_01

葉酸400㎍とビタミンB群すべて入っています。合成添加物も保存料も一切入っていないのも注目するところです。

BELTAベルタ葉酸サプリはバランスが良くビタミンも鉄分も配合!

beita06

BELTA

ベルタ葉酸サプリは葉酸400㎍とビタミンB群すべて入っています。美容成分と野菜も含有しています。27種類のビタミンとミネラル、鉄分やカルシウム、美容成分や野菜など不足しやすい成分をバランスよく配合しています。
また、配合されている葉酸も、本来は体内に入り、小腸で「モノグルタミン酸」となるところ、初めから「モノグルタミン酸」で配合しているのです。
そしてそれを天然の酵母に含有しています。そうすることで体内に葉酸を留めておく時間が長くなり、効率よく吸収させることができるということです。

ベジママ葉酸サプリはビタミンB12が最も多い!

cQQQF51AkNB_qtk1471417411_1471417503

ベジママ葉酸サプリはピニトールという成分が配合されています。ピニトールもビタミンの一種で血糖値を下げる働きをします。

AFC葉酸サプリmiteteは手ごろな価格で◎!

AFC2

AFC葉酸サプリmiteteは1800円という手ごろな値段がうりです。こちらも葉酸含有量は400㎍で、ベルタと同じくモノグルタミン酸です。ビタミンB群すべては入っていませんが、カルシウム200mg配合です。

もし、妊活中に葉酸やビタミンの欠乏症になったら?

厚生労働省が推奨する、妊娠する三か月前からの葉酸摂取
理由としては、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすためです。
妊活中の葉酸・ビタミン不足は妊娠しにくい体も作ってしまいます。葉酸不足は粘膜がいち早く影響するので、子宮内膜に影響が及びます。卵子や子宮内膜の健康を損なうことにつながるのです。

妊娠中の葉酸・ビタミン不足にも注意が必要ですね。前述したとおり、妊活中より胎児の細胞分裂のサポートをしてくれています。それは妊娠中もずっとサポートし続けてくれるので、葉酸・ビタミン不足になると胎児の成長の妨げになりますし、母体の健康状態も悪くなります。

葉酸とビタミンは身体への影響だけでなく、うつ症状など心にも働きかける!

葉酸の働きはまだ研究途中の段階ですが、うつにも働きかけるとの報告があります。日頃の葉酸摂取でなぜ、うつを予防できるのか、最近の研究では葉酸の働きである神経系に働く葉酸が脳をリラックス状態に導くためうつに対して効果がある理由といいます。

心療内科の中にも積極的に葉酸の摂取を勧めているところもあるようです。

そして、抗うつ剤と併用して摂取することで薬の効果が増すということです。うつ患者の食生活を見ると葉酸をはじめとしたビタミンが不足している状態で、調べによると4人に1人が葉酸不足という結果だそうです。抗うつ剤の効果が60%しかなかった方が、葉酸を摂取することで、その効果を90%にまであげたデータもあります。抗うつ剤には通常以上に葉酸を消費する傾向があるのも現状です。

葉酸とビタミンは自律神経にも働きかける

葉酸は摂取することにより脳の神経系にも働きかけて、自律神経の働きを整える働きをすることも分かっています。そのため、自律神経の乱れによる不眠や頭痛、めまいなどの症状を緩和させてくれる効果もあります。

まとめ

毎日何気なく食事をしていますが、体の中では様々な栄養素が私たちの健康のため、体を作るために働いてくれているのですね。妊活や妊娠を機に自分の食べているものの栄養素を考えることは、これからの人生にも大きな影響を与えることでしょう。

妊活始めようかな~と軽く思った時が葉酸を摂取するとてもいいタイミングではないでしょうか?早く始めるのにこしたことはないですものね。
できるだけ食事からとれるようレシピを考えたり、サプリで補う場合は自分に合うものをチョイスして、体にサポート栄養素を取り入れてあげましょう!

★あわせて読みたい

 

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-葉酸+その他の成分

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.