*妊娠と出産について

魚の水銀は赤ちゃんを先天性の病気に!妊婦さんが食べて良い魚は?

更新日:

妊娠中はとてもデリケートな時期ですから何を食べるかというのはとても気をつける時期です。お母さんが食べたものによって赤ちゃんの体は形作られる訳ですから、赤ちゃんが健康な体で生まれてこれるようなものを積極的に摂取したいものです。妊娠中は赤ちゃんへの発育影響を考えて、控えるべき食べ物が多くあります。とくに注意してほしいのが魚です。

魚に含まれる水銀が、赤ちゃんの先天性リスクを高めてしまう可能性があります。

具体的に魚を食べるとどんな影響があるのか、すべての魚を食べたらダメなのか。不安なママのために、これから詳しく紹介します。

魚介類は体にいい食べ物!でも妊娠したら食べる時に注意が必要

魚(クジラやイルカを含む)は、私たちの健康をサポートする良質なタンパク質が含まれています。

魚を食べると頭が良くなる!骨が丈夫になる!など、よく親から言われた経験もあると思います。

大海原を泳ぐ魚介類には、脳の細胞をつくるのに大切な栄養素「DHA(ドコサヘキサエン酸)」が含まれています。体内にとり入れることで脳が活性化され、記憶力や勉強を理解するなどの力を高めます。

また、タウリンEPAの栄養素が血管の中をキレイにしてくれるため、視力をよくしたり高血圧を予防したり健康をサポートしてくれます。カルシウムビタミン類など栄養バランスに優れた魚介類は、主菜としてできるだけ多く食べてほしい食材です。

しかし、妊娠がわかった時点で「魚を食べる時は注意!」といわれ、母子手帳にもこの内容は記載されています。

海には自然界に存在する水銀が浮遊しており、食物連鎖によって魚介類にも取り込まれています。

妊娠前なら体内にたまった水銀は排出されてしまうため、健康被害を与えるようなことはありません。しかし、妊娠中に魚を多く食べたり偏った食事をすると、お腹の赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があると研究報告されています。

水銀がお腹の赤ちゃんにどんな影響を与えるの?

妊娠超初期(0~4週目)の段階で食べすぎた魚に関しては、水銀の心配はほとんどありません。というのも、水銀は胎盤を通してお腹の赤ちゃんへ届けられるため、胎盤ができていない週期なら排出されてしまうため影響がほとんどないのです。

厚生労働省では、水銀による赤ちゃんへの影響として「産まれてから音を聞いた反応が1分の1000秒以下のレベルで遅れる可能性がある」
一例として報告しています。

お腹の赤ちゃんへの影響があるとしても、将来の社会生活に支障を与えるような重度なものではないといわれています。ですが、少なからず影響があるのなら、魚に含まれる水銀はできる限り遠ざけたいですよね。
そして、妊娠中の魚についてもう一つ注意してほしいことがあります。それが食中毒です。

妊娠中は感染しやすい!流産の危険性があるリステリア菌ってなに?

生肉や魚介類に付着したリステリア・モノサイトゲネスと呼ばれる病原菌による食中毒が毎年発生しています。

リステリア菌は4℃以下の低温や12%の食塩濃度下などでも菌が増殖するため、冷蔵庫保存や塩漬けしているから安心とはいえないのです。

食中毒に気をつけている健康な人でも、おう吐や悪寒などの食中毒が発症しますが、免疫力の低い妊娠中はとくに感染しやすく重度の症状になりやすい環境なのです。

妊娠中にリステリア菌に感染すると、胎盤を通じて赤ちゃんにも影響します。流産や産まれてくる赤ちゃんへの影響が出てしまう可能性もある怖い感染症です。

リステリア菌に感染しないために、妊娠中は次のことに注意しましょう。

  • 魚のパテやスモークサーモンに注意
  • 賞味期限内に食べる
  • 開封後は期限に関係なく早く食べきる
  • 冷蔵庫だから安心ではない
  • 魚はしっかり加熱する

 

妊婦さんが食べて良い魚と食べてはいけない魚は?

食物連鎖により魚に水銀量が多く含まれるため、体長が大きいほど食べる時に注意しなくてはいけません。

注意して食べてほしい魚

  • バンドウイルカ
  • コビレゴンドウ
  • キンメダイ
  • メカジキ
  • 本マグロ(クロマグロ)
  • メバチマグロ
  • エッチョウバイガイ
  • マッコウクジラ
  • ミナミマグロ(インドマグロ)
  • ヨシキリザメ
  • キダイ
  • ユメカサゴ

※上から順番に水銀量が多く含まれています。

 

妊婦さんが食べても安心な魚

  • キハダマグロ
  • ビンナガマグロ
  • メジマグロ
  • ツナ缶
  • サケ
  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • サンマ
  • タイ
  • ブリ
  • カツオなど

水銀がまったく含まれていないわけではありません。通常の量なら赤ちゃんへの影響が少ない魚です。

焼き魚なら心配が少ないのですが、刺し身などの生魚はリステリア菌に感染する可能性があるので、妊娠中は加熱調理してから食べましょう

 

妊娠した!とわかったら1週間を目安に水銀量を考えよう!

水銀による赤ちゃんの影響を考え、魚料理を食べないのが一番安心に感じる人も多いと思います。ですが、魚には良質なタンパク質など栄養成分がたっぷり含まれているので、食事にとり入れるべき食材の一つです。

水銀やリステリア菌については、1週間に食べる量さえ注意すれば深く考えなくても影響はほとんどありません

魚の種類別に食べる目安量

2ヶ月に1回:バンドウイルカ
1ヶ月に1回:コビレゴンドウ
1週間に1回:キンメダイ・ツチクジラ・メカジキ・クロマグロ(本マグロ)・メバチ(メバチマグロ)・エッチュウバイガイ・マッコウクジラ
1週間に2回:キダイ・マカジキ・ユメカサゴ・ミナミマグロ(インドマグロ)・ヨシキリザメ・イシイルカ

※食べる量は刺し身1人前、切り身1切れをそれぞれ約80gで計算

妊娠中の魚の食べ方

065062たとえば、焼いたキンメダイを1週間に2切れ(160g)食べてしまった場合。次の週は水銀が多く含まれる魚ではなく、あまり心配のないツナ缶やサンマなどの魚をメインに食べるなど工夫した食べ方をしましょう。
また、同じ種類ばかり食べるのではなく、いろんな魚を食べてバランスを取ることも大切です。

水銀の影響が心配なママへ。葉酸なら先天性リスクを減らせる!

ninpu_genki水銀により赤ちゃんの耳が人より少し聞こえづらいなど、ママにとって先天性リスクは心配ですよね。重度な症状はないといわれても、リスクがあることは確かです。

厚生労働省では魚に含まれる水銀については、食べ方さえしっかり注意すれば影響は少ないとしています。また、妊娠中にとり入れてほしい栄養素として「葉酸」も推奨しています。

その理由として“神経系の先天性リスクを下げる”目的があります。
葉酸は細胞分裂をサポートする働きがあるため、妊娠初期はとくに体内にとり入れてほしい栄養成分なのです。

葉酸はほうれん草などの食材に含まれるため、野菜などを食べてカバーできます。しかし、吸収率の悪さや熱に弱いデメリットがあるため、食事から補える量が少ないんです。

葉酸不足による先天性リスクから軽減するため、効率よく吸収できるサプリメントを飲むことを厚生労働省でも推奨しています。

まとめ

魚の種類によって含まれる水銀量は違います。まったく食べない生活ではなく、栄養を考えてバランスのいい食事をしましょう。また、先天性リスクを下げる働きのある葉酸もしっかりとり入れ、赤ちゃんの誕生を心待ちにしませんか。

 

★あわせて読みたい
妊娠初期は赤ちゃんの先天性リスクを軽減するために葉酸サプリの摂取がおススメです!

 

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-*妊娠と出産について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.