*妊娠と出産について

妊娠中の湿布薬に気をつけないといけないって、本当?

更新日:

9e166878728e0def6aa4335879c4e8d0_s

妊娠中&妊活中の方に知っておいていただきたいことがあります。

それは、“湿布薬”の危険性。

初めて耳にしたと思われた方も多いのではないでしょうか?
とくに初めてのママになる方にとっては意味が分からないはずです。

そこでここでは、妊娠中に危険視すべき湿布薬の実態についてご紹介したいと思います。

こんなときに貼ってしまう湿布薬

お腹が大きくなってくると、嬉しさとともに腰や膝への負担も増していきます。

そんなときに陥りがちなのが、腰痛や膝痛、肩こり対策に湿布薬を使用してしまうということです。
確かに重いお腹を毎日支えていては、ぎっくり腰になりそうなほど腰が辛いはずですね。

また現在では、安定期ならばまだ働けるという方も少なくなく、
アグレッシブに遊び、働いては、通常の人と同じようにケガやむくみに悩む女性も・・・

しかしだからと言って安易に湿布薬を貼ってしまうのは、絶対にやってはいけないことなのです。

湿布薬がもたらす危険性

その理由は、湿布薬が赤ちゃんに大ダメージを与えてしまうから。

湿布薬に使われている薬剤によっても異なりますが、主な症状は以下の通りです。

・羊水の大幅な減少
羊水過少症と呼ばれる症状に至ることがあり、胎児が健全に生育できなくなるおそれがあります。

・動脈管収縮
必要な動脈管が収縮することで、本来の肺動脈の機能が使用されなくなる症状です。

・肺高血圧症
動脈管収縮と関連している場合も多く、放置すると右心不全となるおそれも非常に高いと報告されています。

他にも、腎不全や乏尿などの症状が確認されており、実際にこういった症状が原因となって最悪の事態を招いてしまったケースもあったようです。

何気なく使っている湿布薬ですが、妊娠中はこのようなリスクを把握しておくことが、妊婦さんと、その妊婦さんの家族としての義務とも言えるでしょう。

厚生省も禁止しています

b812ed6ca44b96f69bb437fc0efd7ff9_s

これは現在厚生労働省も“禁忌”対象として設定している湿布薬の薬剤です。

ケトプロフェン/インドメタシン/ボルタレン

この3種に関しては、妊婦さんは絶対に使用しない!と覚えておきましょう。

また、使用の際には専門医師に相談するなどし、勝手な判断は絶対に止めましょう。

★あわせて読みたい

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-*妊娠と出産について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.