ホッコリあるある漫画コーナー 妊娠マンガ 育児マンガ

出産未経験の私が考える「大切な人が親になるということ」

更新日:

管理人マリママ
2歳のときに妹が生まれ、それからなんとなく感じていた「違和感」。ちゃっかりモノの妹と、姉には厳しく妹には甘い両親。そんな家族へのモヤモヤが募っていく日々。しかし、大人になって初めて知った家族の本当の想い。その物語を、人気番組やサイトを用いてパロディー風に表現した作品です!姉妹がいるかたは一度は経験したことのあるコトなのではないでしょうか?
読めば読むほど、じんわりと伝わってくる「スルメ」のような味わい深い内容です♪(噛めばかむほど味が出るスルメ→スルメ記事です※笑)

 

 

妹がキライ!アラサー不美人の闇

 

あっ、私か…

 

【ナレーター】
この世に生まれてしばらくの間、◯◯家最年少のマドンナ」として家庭内に君臨し続けたアラサー不美人さん(当時2)。
そこに突然降ってわいた「妹が生まれる」とのニュース…
それを耳にした彼女の心境とはいかに─―?
30年もの長きにわたって沈黙を守り続けたアラサー不美人さん(32)が、今回ついに重い口を開いた ──

アラサー不美人
そうですね。出産後のお見舞いに行ったとき、食事中の母にサツマイモの天ぷらをもらったことだけは記憶しています。
見知らぬ小さな生き物を、愛おしそうに抱える母…
その姿を眺めつつ、ただ黙々と頬張ったイモ…
それ以降、親しい人の出産に触れるたびにイモの天ぷらのことを思い出し、得体の知れないモヤモヤ感を持てあますようになりました。
それが一体なぜなのかは、自分でもよく分からないまま──

 

自分より甘え上手な妹がイラつく件

「アレ?今のって、私が叱られるトコなの!?」

「なんとなく、私だけ損をしているような気がする

弟や妹をお持ちの方なら一度はそう感じたこと、ありますよね(異論は認めまくります)。
そこで今回は、アラサー不美人さんのリアルな声を参考に、長男長女のありがちエピソードを2パターンご紹介します!

注)あくまで「アラサー不美人さんのお宅の場合」であり、実在の人物・団体・一般的な兄弟姉妹あるあるとは一切関係ありません。

1.後に続く妹のため、身を削って道を切り拓く、その姿はまさに「パイオニーア(懐かしの某CM風に)」

アラサー不美人/32歳/兼業主婦
進路、門限、オシャレ、恋愛…。私にとっても親にとっても、初めてだらけの『けもの道』。泣いて喚いて反発して、やっとの事で舗装した、汗と涙の青春ハイウェイ。私が切り拓いたその道を、涼しい顔して歩む妹に、言いようのない理不尽さを感じましたね…卒業旅行も許されず、仲間内でただ1人置いてけぼりを食った私を横目に、妹はあちこち行きまくりだったんですから。

アラサー不美人のお母さま/55歳/パート
お姉ちゃんのときは、2人目に比べてついつい私も気負ってしまって…

 

2.「ヤツは完全に、私のことを踏み台にしてやがる

アラサー不美人/32歳/兼業主婦
私の存在はまさに、妹にとって都合のいい避雷針でしたね。私が叱られている姿をよく観察している彼女は、『この辺までなら大丈夫っぽい』というスレスレのラインを本能的に見極めているんですよ。

アラサー不美人の妹さん/30歳/会社員
そうは言いますけどね。なんだかんだ、姉は毎回新品を買い与えられているわけですよ。それにひきかえ、私は万年お古なわけですよ。せめてそれくらいのうまみ、あってもいいと思いますけどね。

 

自分の結婚式で知った真実とは?

2011年5月某日。

都内の結婚式場で弊誌記者が目にしたのは、ウエデェングドレス姿でアホ面を晒すアラサー不美人さん(当時26)と、その妹さん(当時24)の意外な姿だった──

(右)アラサー不美人さん(左)アラサー不美人の妹さん

両家の親族どころか、新郎新婦すら涙を流すことのなかった披露宴で、ただ1人号泣した妹さん。

その姿を見たアラサー不美人さんは、それまで妹さんに抱いていた嫉妬心を恥じたという。

〜ちなみに後日談〜

出来上がったアルバムのせいで、せっかくの感動が台無しに…

小顔の妹に合わせて、私(花嫁)の顔が気持〜ちほっそり修正されていたんだぜ

写真のプロに「お前さぁ、顔デカイよ」の烙印を押された気がして、相当悲しかったんだぜ…

でもコレ、今思えばただの被害妄想かも
カメラマンさん、濡れ衣だったらごめんなさい

 

家族の想いを知ったアラサー不美人

 

先日緊急入院が報じられたマルチブサイクニスト・アラサー不美人さんのインスタグラムが話題になっている。

 

#原因不明の高熱
#1人で不安
#聞いてくれる人もいない夜

────────────────────

写真はアラサー不美人公式Instagramのスクリーンショット(ウソ)。

他の写真も見る(ウソ)。

#人生初の入院
#瞬く間に
#駆けつけてくれた両親
#遠方から
#飛んできてくれた妹
#妹には弱みを見せたくなくて
#あまり言葉は交わさなかったけれど
#帰り際、こっそりつけてくれていた携帯ストラップ
#今でも私の宝物

 

病気になって気づいたアラサー不美人

矢瀬田井 洋アナウンサー

た(T)べ(B)す(S)ぎテレビ放送、アナウンサーの矢瀬田井です!アラサー不美人投手、本日の試合を振り返っていかがでしたか?

アラサー不美人投手

いやー、苦しい試合でしたね…途中、何度もダメかと思いましたが、3回表の猛攻(家族の援護)によりチームが勢いづきました。

矢瀬田井 洋アナウンサー

そしてそのまま、見事な完封勝利(病気克服)!ナイスピッチングでした!

アラサー不美人投手

絶対やりきると心に決めていましたからね。なかなか結果(退院)に結びつかず、投げやりになっていた私を癒し、再びこのお立ち台(社会)へと戻してくれた家族に、この勝利を捧げます!

矢瀬田井 洋アナウンサー
ちなみに、ご家族の中でもこの喜びを一番に伝えたい方とは?

アラサー不美人投手
やはり生んでくれた母ですね。

矢瀬田井 洋アナウンサー

実はここで、そんなふびじん投手にサプライズ!
なんとお母さまから、ビデオレターをお預かりしております!

アラサー不美人投手
え?え?

【ナレーター】
体調を崩し、目標を見失っていたアラサー不美人投手…
彼女を救った母の言葉とは──?
この続きは、CMの後!

 

CM


 

パイオニーア!

 

母のキモチ

 

〜アラサー不美人投手のお母さまからのビデオレター〜

あなたが生まれる前、義実家で同居生活を始めたころ。

知り合いが1人もいない土地で、気を使いながら過ごす日々

 



悩みを相談する人がいない

当時の例えようもない孤独感が、まるで昨日のことのように思い出されます

 

 

それから数年後。

心の底から待ち望んだあなたが生まれて…

サヤカ(妹・仮名)も生まれて

本当に色々なことが起こりましたね。

 

 

就職先の見知らぬ土地で、体を壊してしまったあなた…

頼る相手もいないまま、1人で思い悩んだあなた…

その姿が、あのときの自分に重なって──

代われるものなら代わってやりたいと思った──

 

 

あなたとサヤカは、私にとって誰よりも大切な存在です。

最後まで諦めずに病気と向き合ってくれて、本当に本当にありがとう…!

 

 

自分らしく生きていくことが一番大切なのでは?

【ナレーター】
親にとって、子どもとはいかに特別であるのか…
そのことを強く実感したというアラサー不美人さん。
「自分よりも大切で、何よりも守るべきもの」
両親からみると、まさに自分がそのような存在であったことに驚きを隠せなかったという──

アラサー不美人

同時に、妹が生まれた直後、イモの天ぷらを頬張りながら感じた不安の正体も、なんとなく掴めたような気がします。

「それまでずっと、お母さんにとっての『子ども』という存在は、自分だけだったはずなのに…」

その対象が、私から妹へと移り変わってしまうような…
母が遠くに行ってしまうような…
漠然とした恐怖を覚えたのでしょう。

そして大人になった今、友人の妊娠報告を聞くたびに天ぷらの思い出が蘇るのも、おそらく同じ理由です。

かつて、家族より長い時間をともに過ごした友人。
そんな彼女が、子どもという「大切な存在」「守るべき存在」を持つことで、手の届かない存在になってしまうのではないか──

もちろん、その心配が杞憂であることは分かっています。

大切な家族。大切な友人。
同じ「大切」という言葉にも、様々な種類があるのだから。

それでもなお、大きな喜びの中にほんの少しの寂しさを隠したまま彼女たちを祝福し続ける私は、誰よりも自分本位な人間なのかもしれません


今となってはかけがえのない存在となった妹。

同じ親から、同じように望まれ、同じように愛されて育った私たち。

そんな妹に、将来子どもができたとき──私は一体何を思うのでしょう。


100%の気持ちで喜ぶことこそ、姉として理想の姿であることは言うまでもありません。

しかし、それでも私は…

1%でも寂しい気持ちがあるのなら、そのことを素直に伝え、この先もお互い支え合っていきたい

ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとカッコよかったけれど

ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは“ジブン”っていうらしい

スガシカオ Progress

だから…


 これからも刻々と変化していくであろう家族の形も、私の気持ちも、まるっと全部受け入れて、

あと一歩だけ、前に 進もう”

スガシカオ Progress

そう考えています。

 

 

\ 人気ブログ「アラサー不美人」と 葉酸のチカラ 共同企画♪ /

⇒マンガ公開中【葉酸のチカラ】

アラサー不美人

そろそろアラサーも終盤にさしかかっている不美人です。残念な美容体験談を、イラストとともにブログで公開しています。美容以外の日常ネタや、あるあるなども。

ブログ:アラサー不美人の哀れな美容事情
Twitter:@awarena_fubijin

 

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-ホッコリあるある漫画コーナー, 妊娠マンガ, 育児マンガ

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.