保険に入ってない妊婦が注意することは?加入のメリットとデメリット

これまで健康だったから、医療保険は加入しなくても大丈夫!という妊婦さんは意外に多いんです。しかし、どんなに健康体でも妊婦トラブルが絶対にないとは限りません!

妊婦になると保険に加入できないのでは?と思われがちですが、状況や保険会社によって申込みができます。

今回は、これから保険に加入するなら注意して欲しいポイントや未加入での妊娠出産はどんな危険性があるのかお伝えします。

妊婦で医療保険に未加入は危険?高額請求に悩まされるかも・・・

これまで大きな病気もケガもせず、年齢もまだ若いことから医療保険の加入なんて検討したことのないママも多いと思います。また、月々の保険料が高く節約のために未加入な人や持病があり加入できないなど、家庭によってさまざまな理由で医療保険についての見方もあります。

もちろん、医療保険は任意なため、妊婦さんになったからといって絶対加入しなくてはならないわけではありません。未加入で出産するママもたくさんいます。ただひとつ言えることは「出産まで絶対に何もない」とは限らないことです。

何度出産経験があったとしても次のお産も毎回同じとは限らず、つわりがヒドくて入院したり、出血が止まらず危険な状態で管理入院するなど、長期的な治療が必要な場合がたくさんあります。1人目は異常なく出産できても、2人目では出産までずっと病院で過ごすママもたくさんいます

 

多くが妊婦検診で異常が見つかりその日に緊急入院となるため、仕事をしていたりお金がなくてもほぼ待ったなしで自宅へ帰れません。お腹の赤ちゃんの無事を守るため、突然の入院は仕方ないお話なのです。

マリママ
ここで気をつけて欲しい部分が入院と治療費用です。妊婦検診や出産費用は助成金により一部カバーされますが、トラブル時の診察や治療はすべて自己負担です。一度、入院宣告されてしまうと退院できるまで長く、数万単位で請求されるケースが多いんです。出産のためにと100万円以上のお金を準備していたなら安心感がありますが、そうでなければ支払いでパニックですよね。

そんなとき、医療保険に加入していれば妊婦トラブルの治療費をカバーしてもらえます。すべてとは限りませんが、条件をクリアしていれば実際に支払った請求額よりも多く保険料がもらえる場合もあります。保険加入と未加入では、心の安心感がまったく違います。

妊婦でも医療保険への加入はできるの?

これから出産まで安心な生活を迎えるために、保険の加入は早目にしたいものですね。心配なのは妊婦中でも医療保険に申し込みができるのかです。

結果として、保険会社によりますが妊婦中でも加入できます!

ただし、医療保険へ加入するにあたり、各保険会社では事前に“健康状態の告知”を求めています。告知といっても難しいものではなく、妊娠の可否、過去5年間に病気やケガをしたかなどです。ウソの告知をしても、給付金を申請する際に病院の既往歴や健康保険の給付歴でバレます。

マリママ
また、妊娠中でも医療保険へ加入できるといいましたが、ほとんどの保険会社では妊娠27週(7カ月)未満が対象です。それ以降での保険加入はお断りされるケースが多いので、医療保険を検討するならできるだけ早めにしましょう。

妊婦は生命保険と医療保険のどちらに加入すればいい?

妊婦が保険に加入するなら、生命保険と医療保険のどちらに入るべきなのか悩みますよね。生命保険は加入者が死亡時に保障され、医療保険は加入者が治療や入院時に保障されます。生命保険にもよりますが、ほとんど医療保障が付帯していません。別途、特約を付ける必要があるため、月々の保険料が高くなります。

保険料や保障内容から、妊婦さんなら医療保険への加入がおすすめです。治療を目的とした診察や入院のほとんどが保障の対象なので、妊婦によくある突然の入院も安心して過ごせます。

医療保険は妊婦トラブルのすべてを保証してくれるの?

妊婦中はさまざまなトラブルが起こりやすく、出産までドキドキしているママが多いと思います。医療保険を妊婦中に加入すると、一部のトラブルが不担保となってしまう保険会社が多いんです。たとえば、このような症状は保障対象外が多いので注意しましょう。

  • 子宮外妊娠
  • 切迫流産や切迫早産
  • 子宮頸管無力症
  • 前置胎盤
  • 吸引分娩
  • 帝王切開
  • 妊娠中毒症など

不担保となるのは子宮が原因となる疾患が多く、妊婦中に医療保険へ加入できたとしても、切迫早産などで入院すると給付金がもらえない場合があります。

ただ、すべての保険会社が子宮に関係する疾患が保障外とは限りません。妊婦中に加入し切迫早産で入院しても、しっかり給付金がいただける保険会社もあります。

妊婦さんが保険加入を検討する時に注意すべきポイント

医療保険」とネットで検索すると、たくさんの保険会社がヒットします。その中からどの保険へ加入すればいいのか選ぶのは大変ですよね。せっかく見つけた医療保険があったのに、妊婦中で加入できないと時間のムダですよね。そこで、加入前に注意すべきポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

現在、妊婦トラブルがあっても加入できるか

医療保険に加入する時点で、出血や切迫流産により自宅安静と指示されている場合、申込みできても現在治療中の疾患は保障対象外な可能性があります。また、保険会社によっては治療中の場合、保険加入をお断りすることもありますので、加入前にしっかり確認しておきましょう。

帝王切開の経験があった時の保障について

1人目の出産が帝王切開の場合、2人目以降も同じ出産方法になる可能性が高いです。医療保険へ加入する際に過去の手術などを告知しなくてはいけませんが、当然ながら帝王切開も含まれます。

マリママ
帝王切開の経験が医療保険へ加入する予定の2年以内は、保険加入をお断りされる可能性が高いです。もし加入できたとしても、子宮に関する疾患は対象外となる場合が多いので、保障内容について確認しましょう。

女性特有の疾病に手厚い保険か

医療保険へ加入するなら、女性特有の病気やガンに手厚い保険会社を選びましょう。入院や通院の対象に、始めから子宮に関する疾患が含まれていればいいのですが、オプションで加入しなければ保障されない保険会社があります。

保障内容を確認せず、いざ妊婦トラブルで保険を使いたい時に慌てないためにも、始めから女性疾患特約が付帯しているタイプがおすすめです。

妊婦中に医療保険が役立った私の体験談

1人目を出産するまでまったく妊婦トラブルがなかったので、医療保険とは無縁の生活をしていました。2人目を妊娠した時も出産までトラブルがないだろうと思っていましたが、妊娠9ヶ月目の時に切迫早産で臨月に入るまで自宅で絶対安静の指示を出されました。

途中、入院して欲しいと医師から言われましたが、医療保険未加入であり貯金もほとんどなかったため、入院を断り出産まで不安な毎日を送っていました。もし臨月前に生まれてしまったら、赤ちゃんも母体も危険という話を医師から聞き、とても恐怖でした。この経験から、今後もしものことがあってもいいようにと、早目に医療保険に加入しようと思っていました。

しかし、どの保険にするか迷っていた矢先に3人目の妊娠が発覚!慌てて医療保険について調べ、過去に切迫早産の経験があり妊娠3ヶ月目でも加入できるところを探しました。すると過去2年以内に既往歴がなければ、子宮に関する疾患も保障されるという医療保険を見つけ、急いで加入手続きをしました。

医療保険に加入してから数カ月後、3人目も切迫早産の診断を受けて入院宣告をされました。2人目とは違い医療保険に加入していることで、突然の入院も安心してできました。切迫早産と診断されてから長期入院となり請求額が数十万でしたが、医療保険からそれ以上の給付額をいただけたので助かりました。

医療保険に加入しても妊婦トラブルがない場合もありますが、万が一、なにか起こってしまうと不安と恐怖で体にもよくありません。妊婦中は掛け捨てタイプの安い医療保険でもいいので、加入しておくと安心ですよ。

妊婦さんがもらえる健康保険や自治体の補助金は?

出産は病気ではないためすべて自己負担しなくてはいけませんが、支払額を軽減するために健康保険や各自治体で補助金の助成をしているのはご存じですか?

妊婦さんがもらえる補助金は、こちらから申請しなければいただけない制度が多いので、どんな種類があるのか知っておくと安心ですよ。

出産育児一時金

出産育児一時金は加入している社会保険や国民健康保険から、赤ちゃん1人につき42万円が支給されます。支給にはいくつか条件があります。

  • 妊娠4カ月(85日)以上で出産(流産や早産、死産、人工妊娠中絶も含む)
  • 産科医療補償制度に加入されていない医療機関などでの出産は40.4万円(赤ちゃん1人につき)

受取は出産する病院と健康保険が直接支払う方法と、出産時にママが一度支払ってあとから出産育児一時金を受取る2つの方法があります。いずれにせよ助成には申込みが必要です。

出産手当金

出産手当金は社会保険のみの補助金で、被保険者であるママが出産のために仕事を休んでいる間、給料を受け取らなかった場合のみ受けられる制度です。支給条件はこちらです。

  • 出産する日の42日前から出産した翌日56日目までが範囲
  • 標準報酬日額の2/3が受け取れる(※上限あり)

産休で給料がもらえない時、出産手当金が受け取れると安心です。手続きは会社の事務で行えるので、気になる点をしっかり確認しましょう。

傷病手当

傷病手当は勤務先の社会保険に加入している被保険者が、つわりや切迫流産・切迫早産などで連続して4日以上休んだ場合に補助金が支給される制度です。助成額は給与の2/3ほどで、休んで4日目以降から計算されます。注意して欲しいポイントが、出産手当金と併用して受給できません。

高額療養費

高額療養費は社会保険や国民健康保険から、医療費が1カ月(1日から月末まで)の自己負担が高額な場合、一定額を超えた分の払い戻ししてもらえる制度です。切迫早産の入院費が高額になると事前にわかっているなら、事前に「限度額適用認定証」を発行してもらうことで窓口負担を軽減できます。

医療費控除

医療費控除は1月1日から12月31日の年間医療費が10万円以上の場合、確定申告することで一部控除される制度です。妊婦トラブルで治療や入院をした自己負担金や生計を一とする家族の医療費を合算できます。年末調整ですべて行えるわけではなく、自分で確定申告しないと控除されませんので注意しましょう。

お祝い金制度

お祝い金制度は各自治体により、出産時にお祝い金を支給する制度です。すべての自治体でおこなわれておらず、また、支給額や条件も異なります。

たとえば、北海道松前町では「松前っ子誕生祝金支給事業」として、第1子が20万円、第2子が30万円、第3子以降が50万円の祝金を出産した保護者へ支給しています。

まとめ

医療保険に未加入の妊婦さんはたくさんいますが、加入した方が万が一の時に安心できます。基本的に妊娠27週未満の妊婦さんが加入対象者としている保険会社が多いので、検討するならできるだけ早めにしましょう。

また、妊婦さんで保険に加入していなかったりできない場合は、健康保険や自治体による補助制度もあるので確認しておくことをおすすめします。

★あわせて読みたい