不妊治療や避妊にも使われるプラノバールとは?効果と副作用について

不妊治療や避妊など、ホルモンバランスを整えたい時に処方されるプラノバール

女性の悩みで多い生理不順や生理痛を緩和する働きがあるなど、さまざまな効果がありますが、人によっては副作用を感じてしまう場合もあります。

プラノバールを飲む前に確認しておきたい効果や副作用について、詳しくお伝えしていきます。

プラノバールとは?

プラノバールにはプロゲステロン(黄体ホルモン)の合成成分である「エチニルエストラジオール」と、エストロゲン(卵胞ホルモン)の合成成分である「ノルゲストレル」の2つが配合されています。

服用することで、乱れがちな女性ホルモンバランスを整えます。月経周期の乱れや月経時に起こりやすい腹痛などの改善、卵巣機能不全の治療など、不妊治療薬として使用される場合が多いです。

プラノバールの規制区分は処方せん医薬品。つまり、医師の処方箋により薬剤師が調剤により処方された薬なため、ドラッグストアや薬局など自分で選んで購入できる一般用医薬品(市販薬)ではないため手軽に購入できません。

また、プラノバールを飲む際は、持病や特定の往復歴を持つ患者への使用は注意が必要です。

プラノバールを飲むのに注意が必要な人

・プラノバールを以前飲んで、かゆみなどアレルギー症状が出た
・血栓性動脈炎や肺塞栓症、肝障害を患っている
・乳がんや子宮内膜癌がある
・糖尿病患者または疑いがある
・前回の妊娠中に黄疸、持続性そう痒症、耳硬化症の悪化、妊娠ヘルペスを発症した
・妊娠中または妊娠している可能性がある
・授乳中である
・タバコを吸っている(喫煙者)
・プラノバール以外の薬を飲んでいる
・サプリメントを毎日飲んでいるなど

マリママ
ほかにも、プラノバールを服用する前に医師や薬剤師に現在の健康状態をしっかり伝えましょう。飲み合わせや健康状態によっては、効果がなくなったり副作用を発症する場合があります。

プラノバールの効果 | ホルモンバランスを整える

プラノバールは女性ホルモンの乱れを整える働きがあるため、妊娠を望んでいる人などのために不妊治療薬として処方されます。たとえば、このような効果があります。

・機能性子宮出血
・月経困難症
・生理周期が遅い、早い
・生理が来ない
・経血量が多い
・子宮内膜症
・卵巣機能不全など

生理が来ることで子宮内の古い内膜が剥がれ落ち、経血と共に排出されることで妊娠しやすい子宮へ整えます。しかし、子宮内膜に問題があると受精卵ができても着床しづらいなど、妊娠が難しい体質を作ってしまいます。

プラノバールは女性ホルモンバランスを整えることで、受精率を高め着床しやすい環境を準備します。また、ホルモンバランスを整えることで、冷え性やむくみなどの症状も緩和できます。

プラノバールは生理を遅らせたり早めたりする効果がある

プラノバールにはプロゲステロンとエストロゲンが配合されているため、服用することで子宮内膜を整わせます。服用を止めると子宮内膜の古い組織が剥がれ落ち、人工的に月経を起こす効果があるため、生理が来なくて妊娠できない時に服用したり、温泉旅行などで生理を遅らせたい時に使用する方法もあります。

プラノバールの効果 | 体外受精の際に用いられる

妊娠するために必要な黄体ホルモンと卵胞ホルモンがプラノバールには配合されているため、不妊治療のひとつである体外受精の治療薬として処方されるケースが多いです。

体外受精は排卵日の前に体内から卵子を取り出し、同じく採精した精子との受精を体の外でおこなう治療方法です。受精卵ができると子宮へまた戻し着床させなくてはならないのですが、採卵するためには十分に成熟した卵子の採取が必要です。

排卵していても妊娠しづらかったりできなかったりするのは、卵子がしっかり育っていないなどの理由があります。このような状態だと妊娠率が低いため、プラノバールを服用して卵巣機能を整え、排卵をコントロールして元気に育った卵子を採取します。

プラノバールによる排卵コントロールは、妊娠率をあげるために大切なステップです。また、体外受精で受精卵を戻しても、着床しなくては妊娠はできませんが、プラノバールを服用したことで黄体ホルモンが増えたことで、赤ちゃんを育たせるための準備をおこないます。プラノバールは体外受精の初期治療でとても重要な役割がある薬なのです。

プラノバールの効果 | タイミング法のあとに飲む

不妊治療のひとつにタイミング法があるのですが、これは毎日の基礎体温をチェックしながら排卵日に合わせて性交渉をして妊娠を目指す治療法です。
タイミング法をおこなって一回目で妊娠するケースもありますが、半年から1年と時間が必要な場合もあります。

プラノバールをタイミング法の後に飲むことで、卵巣機能を一度リセットさせるため妊娠率が高まります。妊娠は卵子がしっかり育たなければ排卵がおこなわれても受精する確率が低くなります。

また、プラノバールの効果は成熟した卵子を育てるだけではなく、妊娠維持に必要な高温期をキープする働きもあります。体温が低いと受精卵が着床せず、残念ながら妊娠が望めません。

プラノバールには高温期を維持するために必要な黄体ホルモンの合成成分が含まれているため、タイミング法のあとに服用する方法で治療計画をおこなう医療機関もあります。

プラノバールの飲み方や飲み忘れなどに注意点はある?

プラノバールは用法に応じて、飲む量やタイミングに注意が必要です。間違って服用してしまうと、十分な効果が得られなかったり副作用を感じてしまう場合があります。月経困難症や卵巣機能不全などを治療し、妊娠しやすい体質づくりのために飲む場合、1日1錠を月経周期の第5日から約3週間服用しします。

飲む時間や日数は主治医がしっかり説明してくれるため、毎日しっかり守って服用するようにしましょう。プラノバールを飲むにあたり「こんな時は?」と思う場合があると思います。いくつかの注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

プラノバールを飲み忘れてた時はどうする?

プラノバールは指定された日数分を毎日飲む必要がありますが、ついつい飲み忘れてしまう日があると思います。その日に飲み忘れたと気付いたのであれば、一回分を飲むようにしましょう。もし、翌日に飲み忘れに気付いた場合は前の分と2回飲むのではなく、次の飲む時間に1回分を飲むようにしましょう。

少なく飲んでしまったり多く飲んでしまった場合は、必ず担当医や薬剤師に相談しましょう。

プラノバールを飲んだけど吐いてしまった場合は?

プラノバールは処方した医師が指示しない限り、飲むのを止めてはいけません。しかし、体調が優れない時に服用し嘔吐したことで薬が出てしまう可能性もあります。

この場合、再投薬が必要になる可能性がありますが、自己判断ではなく必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

ほかにも医薬品やサプリメントを飲んでいる場合

プラノバールを服用している間は、ほかの医薬品やサプリメントなどの服用は禁止されることが多いです。お互いの効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう可能性があります。不妊治療の場合、排卵させるために計画的に飲む必要があるため、注意事項をしっかり守りながら飲みましょう。

プラノバールを服用中にタバコを吸っても大丈夫?

プラノバールとタバコの相性は悪く、副作用により血管内に血栓が作られてしまう血栓症を引き起こしてしまう可能性があります。これから妊娠を望むのであれば、質のよい卵子を育てるだけではなく、冷え性や血流改善も大切です。

喫煙することで血管収縮により子宮へ十分な酸素や栄養素が送られず、妊娠しづらい体質を作ってしまいます。妊活中は、プラノバールを服用中に限らず禁煙した生活習慣が理想的です。

プラノバールの副作用の症状について

プラノバールを服用したことで、個人差がありますが副作用の症状を感じる場合があります。このような症状が起こった場合、一度、医師や薬剤師へ相談することをおすすめします。

・吐き気や嘔吐がある
・食欲がない
・頭痛が続く
・おっぱいが痛む
・体重が増えた
・体にかゆみがあったり発疹ができた
・むくみがヒドい
・物が見えにくくなった

激しい動悸や息切れ、頭痛など明らかに体調の変化がある際は、服用を中止してすぐに医療機関を受診しましょう。コンタクトレンズを着用している人は、ピント調整がうまくされない場合もあります。

プラノバールは避妊・アフターピルとしての役割も

プラノバールは、さまざまな理由から妊娠する可能性がある人へ“緊急避妊ピル薬”として使用されます。別名、モーニングアフターピルとも呼ばれています。名前のように性交後、72時間以内にプラノバールを服用することにより平均90%の妊娠率を減らす効果が期待できます。

プラノバールによる避妊効果は性交後、早く飲めば飲むほど効果率が高くなります。精子が子宮内に到着しての寿命はおよそ72時間といわれており、緊急の場合は早目に医療機関へ相談することをおすすめします。

ただし、プラノバールを服用したからといって、確実に妊娠しないとは限りません。服用は1回だけではなく、12時間後にまたプラノバールを2錠服用しなくては効果が得られないなど、飲み方にも細心の注意が必要です。

プラノバールによる避妊効果がわかる日

妊娠する可能性を避けるためにプラノバールを服用しても、避妊効果があるのかないのか実際に目に見えるわけではありません。判断するには服用後、次の生理予定日の1週間前後に生理が来ると、妊娠していないかがわかります。

また、生理予定日を1週間過ぎても来ない場合は妊娠している可能性がありますので、産婦人科でしっかり検査をして妊娠の可能性はあるかしっかり検査してもらいましょう。

●参考
http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa01.html

まとめ

プラノバールは避妊や不妊治療薬として医師から処方されますが、飲み方によって妊娠しやすい体質づくり良い効果を与えるものです。飲む時間帯や注意事項がいくつかあるので、しっかり守って改善を望むことが大切ですね。それと、胎児の先天性の病気「神経管閉鎖障害」へのリスク軽減に、葉酸たっぷりの食事に加えて葉酸サプリの摂取もお忘れなく(^_-)-☆

★あわせて読みたい