*妊活と不妊について

不妊治療で処方される排卵誘発剤クロミッドの妊活効果は?副作用は?

更新日:

不妊治療で使用される排卵誘発剤「クロミッド」。不妊治療の流れは人それぞれですが、妊娠まで最小限に時間をおさえたりコスト負担が少ないことから、クロミッドはよく処方されているお薬です。

しかし、排卵に必要だとわかっていても心配なのは副作用ではないでしょうか。クロミッドの効果や服用することでどんな副作用が起こるのか、飲む前に知っておきたい情報をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

クロミッドとは?効果について

クロミッドは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの分泌量を高める働きがあります。このホルモンを活性化させることでFSH(卵胞刺激ホルモン)が分泌されその後、卵巣内の未熟な卵胞を成長・成熟させる働きを持つエストロゲンが増えて、排卵しやすい体質へ整えられるのです。

少しややこしいのですが簡単に説明すると、クロミッドを飲むことで排卵に必要な女性ホルモン・エストロゲン量を増やすお薬です。

クロミッドはどんな病状の人が飲む薬?

クロミッドは排卵誘発剤なので、このような症状で産婦人科を受診した際に処方されます。

・何らかの理由により排卵ができない
・生理不順や生理が一定期間こない
・排卵日前後になると生理痛とよく似た腹痛などが起こる
・妊娠のためタイミング療法など不妊治療をしているなど

クロミッドを服用すると性腺刺激ホルモンを刺激され、無排卵の人だけではなく排卵が正常におこなわれている人でも、成熟した卵子が排出されるため、妊娠しやすい状況を整えられます。

クロミッドは一般的に生理が始まって5日目から1日1錠を5日間服用すると約1~2週間ほどで排卵が起こります。基礎体温表で排卵されているか確認するのですが、クロミッドを飲んでも効果がなければ同じサイクルで1~4クールほど服用したり、1日2錠に増やすなど様子を見ていきます。

クロミッド治療を受けた約80%の女性が排卵しますが、妊娠する確率は約50%と低めです。無排卵の人にも有効的な治療法のひとつですが、絶対に妊娠できるとは限りません。

クロミッドを服用するときの注意点は?正しい飲み方を説明

クロミッドの服用は、必ず医師の指示の管理のもとで治療を進めていきます。一定期間飲んだ時の排卵状態を確認するため、少し飲み方に注意しなくてはいけません。

クロミッドを飲み忘れたときは?

クロミッドは“生理が始まって5日目から服用”が一般的で、日常的に飲むクスリとは違うため忘れてしまうケースが多いんです。また、1クールだけではなく排卵が確認されなければ翌月以降も同じサイクルで飲むため、しっかり治療効果を出すためには飲む日時を守らなければいけません。

もし、生理開始から6日目に飲むことに気付いてしまったり忙しくて昨日は飲めなかったなど服用するタイミングが遅れてしまった場合は、1日くらいの誤差なら気づいたその日に飲みましょう。

ただし、1日1錠と決められている時は「昨日の分と合わせて1日2錠飲む」ことだけは止めましょう。

生理が終わった後にクロミッドを飲み忘れていたのに気づくこともあります。このような場合は次の生理が開始されてから服用するのが一般的ですが、飲み忘れた時は必ず医師に伝えるようにしましょう。

クロミッドとお酒

お酒を飲むことでクロミッドの作用が阻止されるデータは報告されていませんが、アルコールの飲み過ぎは体内機能を低下させる可能性が高いため、服用中はできるだけ飲酒は控えるようにしましょう。

ただ、お酒を飲まないことがストレスになってしまう人もいます。ストレスはホルモンバランスに影響するため、体に負担のかからない適量を飲む程度でリフレッシュすることも大切です。

クロミッドと風邪薬

クロミッドはホルモン薬なので、風邪薬と併用して飲んでもとくに影響がないといわれています。ただ、風邪薬といっても種類別でさまざまな成分が配合されているため、もしかするとクロミッド薬の効果を半減してしまう可能性も考えられます。

必ずとは限らないため服用中に風邪薬も一緒に飲みたい時は、処方している医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

クロミッドと妊活葉酸サプリ

造血作用や細胞分裂に効果的な葉酸サプリを、妊活のために検討している人も多いと思います。葉酸サプリは健康食品のため、クロミッドを服用中でも安心して飲めます。

クロミッドは排卵を誘発する働きがありますが、実は葉酸にも同じ効果が期待できます。一緒に服用することで相乗効果が生まれ、さらに妊娠しやすい体質を目指すことが可能です。

葉酸サプリといっても各メーカーによってこだわりが違います。より妊活力をアップさせるためにも選び方に注意しましょう。

・ホルモンバランスを整える成分配合(マカ、ルイボス、ミネラルなど)
・添加物が含まれていない(成分の働きを阻止します)
・プラセンタが無配合(クロミッドに似た働きがあり効果を弱める)

葉酸サプリはあくまで健康食品のため、しばらく飲み続ける必要があります。そのため“継続しやすい価格”であることも大切です。

クロミッドで妊娠する確率をもっとアップする方法はある?

クロミッドは排卵障害など引き起こすホルモン分泌量を高める働きがあり、治療により妊娠する確率はアップしますが確実性はありません。効果には個人差がありますが、より妊娠する体質へ整えるために自分自身の生活環境を見直すことも大切です。

不妊の原因は夫婦生活の回数が低かったり血行不良や体の疲れなどいろいろあります。無排卵や排卵しづらいだけではなく、ほかの原因を探ることが妊娠の確率を高める解決策でもあります。

クロミッド服用中の排卵日やタイミングについて

一般的にはクロミッドを5日間服用してから約1~2週間後に排卵が起こるといわれています。いつ排卵日なのか確認するためにも、毎日の基礎体温を記録することはとても大切です。

今回のクロミッド服用で排卵が起こらない場合も考えられます。排卵しなければ翌月以降にまた同じく治療をおこないます。

排卵するタイミングは個人差がありますが、精子と卵子の寿命は約1~3日と短いため、基礎体温に合わせて性交するタイミングを見つけていく必要があります。

排卵日は基礎体温表のほかに、排卵検査薬や超音波排卵計測などで予測できます。

クロミッドの副作用は?

クロミッドは排卵誘発剤の中でも副作用が少ない方ですが、一度にたくさん飲んでしまうなど効果が強すぎると卵巣が腫れてしまう場合があります。また、体調が優れない時に服用すると目のかすみなどを発症する場合があるので、体に変化があるときは必ず医師に相談しましょう。

他にもクロミッドの副作用としてこのような症状が起こる場合があります。

クロミッドの副作用で太る?便秘になる?頭痛になる?眠たくなる?

クロミッドは体重変化に直接的な影響はないといわれています。しかし、副作用に卵巣の腫れや頬のほてり、食欲不振による便秘などがあることから、いつもと違う見た目により「太った」と錯覚してしまうケースが考えられます。

薬といえば頭痛や眠気が一般的に知られていますが、クロミッドも場合によっては症状を感じてしまう可能性があります。ホルモンバランスを整える働きがあるため、その影響から眠気が強くなってしまう場合があります。

副作用として目のかすみもありますので、クロミッドを服用後に運転は控えるようにしましょう。

クロミッドでも排卵が起こらないこともある?

クロミッドは不妊治療の初期段階として多く処方される治療薬ですが、数カ月服用しても排卵が起こらないケースも中にはあります。排卵誘発剤はクロミッドのほかにもゴナドトロピン(hMG-hCG)療法などいくつかあるため、効果がなければ別の方法へ切り替えられ妊娠しやすい体質へ整えます。

原因不明の不妊症が増えている理由は?

実は近年、原因不明の不妊症が増えていることをご存じですか?

結婚後、すぐに妊娠できると思っている女性も多いため、できないことに焦りを感じたりイライラしたり精神面への負担が大きくなっています。不妊症はどんなに仲の良い友達でも相談できないデリケートな悩みのため、自身の中で深く思い詰めてしまう人も少なくありません。

さまざまな検査をおこなったけど、体に異常が見つからない場合もあります。ホルモンバランスや卵巣機能の低下だけではなく、ほかにも考えられるいくつかの原因をまとめてみました。

生活習慣の変化によるストレス

転勤や人事異動などにより生活習慣が変化すると、環境になれるまで体はストレスがたまります。精神的ダメージを受けるとストレスホルモンが分泌され、卵巣機能を低下させたり血行不良を引き起こすなど健康面へ影響を与えます。

できるだけストレスをかけない生活を心がけたいところですが、現実問題むずかしいため自分なりの解消法を見つけて心からスッキリした日々を送る努力をしましょう。

無理なダイエット

メディアや雑誌などでさまざまなダイエット法が紹介され、取り組んでいる女性も多いと思います。ダイエットにも強弱があり、急激な体重減少や体内機能を低下させるような方法は不妊の原因です。

食事制限や急激な体重減少などにより生理が止まってしまうケースが多く、このままだと妊娠しづらい体質が続きます。たとえ精子と卵子が受精したとしても、体内環境が悪ければ着床せず妊娠継続がむずかしいため、ママとなるためには無理なダイエットだけは控えるようにしましょう。

運動不足などによる肥満

ダイエットが不妊の原因へつながるとお伝えしましたが、肥満も同じく授かりにくい体質を作ります

内臓脂肪が増えてしまうと卵巣の皮が厚くなったり、卵子が育ちにくい、排卵しづらいなど排卵障害の原因につながります。肥満は体がポカポカするため妊娠しやすいと思われがちですが、血管が圧迫され血行不良などを引き起こしている状態が多く、体内環境は思った以上に悪いんです。

年齢とともに運動不足が心配されていますが、肥満防止のためにも歩いたり軽いジョギングをするなど日常生活に運動を取り入れて体質改善をしましょう。

まとめ

排卵しやすい体質改善のためクロミッドを服用している人が増えてます。無排卵の人でも自然妊娠が望める治療法のひとつなので諦めないことが大切です。

また、不妊の原因はさまざまあるため、クロミッドだけでは効果が改善されないときは葉酸サプリを一緒に服用したり、生活習慣の見直しをして妊娠しやすい体質改善を目指すのもポイントですよ。

★あわせて読みたい
パパ活も一緒に!大人気の夫婦で飲める妊活サプリはコレ!
夫婦で妊活!日本産マカ・葉酸配合のサプリ「マカナ」の効果とは※体験レビュー

目的別で選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-*妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.