マタニティヨガ*各地のヨガスタジオご紹介!効果やおすすめ服装も♪

妊娠中の運動不足を解消や安産のために、マタニティヨガができる産婦人科が増えています。マタニティヨガに興味があるけれど、具体的な効果やどんな服装でおこなうのが最適なのか、初めてだとわからないことって多いですよね。

そこで、今回はマタニティヨガをやってみたい!という人のために、準備するものや注意するべきポイント、自宅でも簡単にできる方法などを紹介します。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガとは、妊娠中のママでも体へ負担をかけずにおこなえるヨガのことをいいます。

ヨガといえば、普段とは異なる呼吸法をしながら体を動かすことで、酸素を体内の隅々まで行き渡らせ細胞を活性化させます。その際、さまざまなポーズを取ることで、普段使わない筋肉がほぐされデトックス効果につながります。

一般的におこなわれているヨガは、お腹周りの筋肉を使うポーズや妊娠中の母体にとって負担の大きいハードなポーズがたくさんあります。

一方、マタニティヨガも根本的な部分は同じですが、全身の筋肉をほぐすだけではなく“心身バランスを安定させる”ことも目的としています。妊娠するとお腹の赤ちゃんが大きくなり体の変化だけではなく、ママの心も不安定になりがちです。マタニティヨガを通じて、お産や心身バランスを整えられます。

マタニティヨガはどんな効果が期待できる

妊娠出産の中で一番大きな不安といえば“陣痛の痛み”ではないでしょうか。出産が初めてならばおさら不安が大きいのですが、経産婦であっても陣痛は毎回違うため怖さは初産とほとんど変わりありません。

マタニティヨガをおすすめしている産院が増えているのは、陣痛時の痛みを少しでも和らげるために必要な呼吸法が練習できることをひとつの目的としています。陣痛の痛みは正しい呼吸法をおこなうことで、だいぶ緩和されます。

陣痛時、痛みに耐えられず呼吸を止めてしまうケースが多いのですが、赤ちゃんに十分な酸素が送られず大変危険です。マタニティヨガを普段からおこなうことで、体で呼吸法が自然と覚えて不安な陣痛も乗り切れます。

そのほかにも、マタニティヨガはママにとって嬉しい効果もたくさんあります。

妊娠中の体重増加を抑えられる

妊娠初期はつわりの影響から体重がそれほど増えませんが、安定期に入ると体調がよくなり食欲が増加すると同時に、体重オーバーで医師から注意を受けてしまうケースがあります。

妊娠中はダイエットや運動ができないため、体重増加をおさえるのが難しいですよね。マタニティヨガは普段使っていない細胞組織を目覚めさせて新陳代謝を高めて脂肪燃焼を促してくれるため、体重増加を安定させられます。

また、マタニティヨガは母体に影響のない軽い運動と思われがちですが、思ったよりも汗をかくハードな動きが多いです。体内改善だけではなく、筋肉を使うことでたるみ肌の引き締め効果も期待できます。

妊娠中のストレスが発散できる

妊娠週数が多くなるにつれて、体がどんどん重くなりますよね。妊娠中はやりたくてもできないことが多くなり、ストレスもたくさんたまります。マタニティヨガをおこなうことで、たくさん体を動かせるためストレス解消できます。

また、マタニティヨガはほかのママと一緒におこなうことで、会話を楽しめたりと日頃の悩みを共有してリラックス効果が得られます。

免疫力を高めて妊娠トラブルを解消

妊娠中の運動不足から筋肉がカチコチに固まってしまい、肩こりや腰痛、足のむくみやこむら返りが起こりやすくなります。寝ている最中に突然足がつった経験を持つママも多いのではないでしょうか。

マタニティヨガはこのような妊娠トラブルから体を守るため、筋肉のコリをほぐすことで免疫力が高まり柔軟でしなやかな体づくりができます。

 

マタニティヨガの最適な期間や注意点は?妊娠初期~臨月まで調査

マタニティヨガは妊娠週数によってできないケースがあります。一般的に妊娠16週から36週までのママを対象としています。初めてのマタニティヨガなら産院でおこなわれる教室のほか、ジムやスタジオなどインストラクターの指導のもとで参加がおすすめです。

妊娠16週未満はつわりや赤ちゃんが急激に成長するため、体調の変化が起こりやすい時期ですので、マタニティヨガができる最適な時期ではありません。無理に体を動かすことで不正出血などになりかねませんので気をつけましょう。

また、臨月に入ると体が出産のために準備を始めるため、万が一のことを考えてマタニティヨガは医師がおすすめしない限り控えるようにしましょう。マタニティヨガができる最適な時期は妊娠16週から36週までですが、体のことを考えて気をつけて欲しいポイントがほかにもいくつかあります。

マタニティヨガは必ず医師の許可を得てから

マタニティヨガは誰でもできるとは限りません!
自分ではつわりが落ち着き体調バッチリと思っていても、血液検査で貧血気味と診断されるなど目ではわからない健康状態もあります。おこなう前に必ず医師へ確認をしましょう。

マタニティヨガは切迫流産や切迫早産ならNG

切迫流産や切迫早産の診断されると、基本的に安静を必要とされます。

気をつけて生活をするように指導される軽度の行動から、トイレ以外はベッドの上で寝て過ごす重度の行動指導など人によってさまざまです。

切迫流産や切迫早産は、出産準備の体に整っていないのにもかかわらずお産が進行している危険な状況です。
マタニティヨガをすることで、お産が進行してしまう可能性があるので絶対におこなわないようにしましょう。

マタニティヨガは食後の2時間は避ける

マタニティヨガをおこなうなら、食後2時間以降するようにしましょう。食べてすぐ体を動かすこともできますが、消化活動がまだ終わっていないため無理に動いてしまうと吐き気を感じてしまう場合があります。

妊娠中は体調の変化が起こりやすいため、マタニティヨガをするなら食事をする前や食後の落ち着いた時間がおすすめです。

初めてのマタニティヨガは自己流でおこなわない

マタニティヨガは一般的なヨガポーズとは違い、母体に負担のかからないようにプログラムが考えられています。

ヨガポーズはたくさんあるため、見よう見まねで自己流ポーズを取ってしまいがちですが、お腹周りを締め付けてしまうなどの危険性もあります。

初めてのマタニティヨガはジムやスタジオでインストラクターから教えてもらうことが理想的ですが、難しいようであれば簡単にできる本やDVDを見てやってみることをおすすめします。

長時間、マタニティヨガをやらない

マタニティヨガをすることで体がリフレッシュされ気持ちいいのですが、一回に何時間もおこなうと母体に負担がかかってしまいます。マタニティヨガの時間は、1日に1回30分を目安にしたコースを週2回ほどおこなうのが理想的です。

一回で30分おこなうのが大変なら、一回あたり10分を朝昼晩の3セットするなど心身がストレスを感じないように工夫しても大丈夫です。妊婦検診で安静にするようになど注意された場合は、マタニティヨガは必ず控えるようにしましょう。

マタニティヨガに向いている服装をご紹介!

妊娠中はいつも履いていたズボンなどではなく、お腹周りにゆとりのある服装で過ごすことが多いですよね。マタニティヨガは運動なので、妊婦用ジーンズではなくレギンスやジャージなどの運動着がおすすめです。

中でもユニクロのウェアは、カジュアルな普段着だけではなくマタニティヨガ用としても着こなせるとして人気です!

ユニクロといえばシンプルなデザインでありながら、しっかりとした素材と着心地で注目されています。マタニティ用ファッションも充実しており、ニット素材で動きやすいレギンスパンツやウエスト周りにゴムが入っておらずお腹に食い込まない設計のパンツなどあります。

マタニティヨガで体を動かすことで汗ばんでしまうので、上も大きめのTシャツを着るなどラフな格好が理想的です。お腹周りが大きくなるだけではなく出産に向けてバストも大きくなり、これまで着ていたレディース用Tシャツが小さい場合もよくあります。

そんな時はメンズ用Tシャツがおすすめです。男性用は腹囲や丈が大きめに作られているので、妊娠中の体をすっぽりと包んでくれます。妊娠中のためにわざわざメンズ用を買うのではなく、一時的な利用なら夫の洋服を借りて着るのはいかがでしょうか。

マタニティヨガを自宅でするなら!簡単な方法をご紹介


体重増加や運動不足から肩こりやこむら返りに悩まされているなら、マタニティヨガの実践がおすすめです!自宅ならいつでもどこでもできますが、マタニティヨガをおこなう際に滑って転ぶ危険性も考えられます。安心しておこなえるように、ヨガマットなどを用意して床面を安定させましょう。

これまでマタニティヨガを知らなかったママでも、自宅で手軽にできる本やDVDを見るとジムやスタジをへ通わなくても体験できます。本屋さんなどへ行くとたくさんの種類がありますが、今回はネットでレビュー件数の多いマタニティヨガ本やDVDをいくつか紹介します。

安産マタニティ・ヨガ―【DVD付】

マタニティヨガを指導する森脇じゅん先生が出演しているDVD付きなので、初めてのママもトライしやすい1冊です。1日たった20分のマタニティヨガで、呼吸法や骨盤ケア、逆子トラブルを対応したレッスン内容なので、無理なくスタートできます。

●参考●

マタニティ・ヨガLesson【DVD付】

マタニティヨガを通じて妊娠から出産までリラックスした状態で臨めるようにと、3章仕立てで構成された内容でアドバイスしています。第1章は妊娠週数に応じたおすすめポーズやその時期にやってほしいヨガを紹介。第2章は腰痛やむくむ、こむら返りなど悩み別に役立つヨガポーズを紹介。第3章は妊娠中の食事アドバイスやおすすめレシピを紹介しています。
●参考●

安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ【DVD付】

たらちね助産院・院長の大坪三保子先生が実際に教えているプログラムを本とDVDを通じて紹介しています。妊娠中や出産時の不安を、マタニティヨガを通じて安産のために体づくりができます。妊娠トラブルの解決に役立つポーズもあるので、自宅で悩みが調和されリラックスできますよ。

●参考●

マタニティヨガができる各地のスタジオをご紹介!

日本各地にマタニティヨガが出来るスタジオがありますので、その中でも一部のヨガスタジオをご紹介します!

北海道

スタジオ名 店舗
スタジオ・ヨギー 北海道(札幌)

東北

スタジオ名 店舗
シュリーヨーガ 宮城(仙台)
yoga pilates studio nami 宮城(仙台)

関東

スタジオ名 店舗
スタジオ・ヨギー 東京(有楽町、銀座、渋谷、新宿、池袋、錦糸町、中目黒など)、神奈川(川崎、横浜、藤沢)、埼玉(大宮)
ホットヨガスタジオLAVA 東京(銀座、三軒茶屋、荻窪)、神奈川(横浜)、千葉(津田沼)
ヨガスタジオMAULEA(マウレア) 東京(恵比寿)
スタジオマータ 東京(恵比寿)
しありんく 東京(人形町)
ヨガスタジオrapport(ラポール) 東京(日暮里)、千葉(柏)
ヨガスタジオグロウ 東京(自由が丘、二子玉川)
ハイハットスタジオ 東京(自由が丘)
ベビーロータス 東京(二子玉川)
ヨガプラス 東京(銀座、新宿、吉祥寺、自由が丘、人形町、目黒など)、神奈川(横浜)

中部

スタジオ名 店舗
スタジオ・ヨギー 静岡、愛知(名古屋)
ヨガ・サラスワティ 愛知(名古屋)
マタニティ整体名古屋店 愛知(名古屋)

関西

スタジオ名 店舗
スタジオ・ヨギー 大阪(梅田、難波)、京都(河原町)
Yoga mitra(ヨガミトラ) 大阪(本町、中崎町)
ヨガ ヴィオラトリコロール 大阪(本町)
ザ・ヨガラウンジ 大阪(四ツ橋)
シャクティヨガスタジオ 大阪(京橋)

中国・四国

スタジオ名 店舗
ヨガスタジオ103 広島
ヨガ教室 アサナン 広島

九州・沖縄

スタジオ名 店舗
スタジオ・ヨギー 福岡(天神)
サンシャイン 福岡(博多)

こちらでご紹介したものはごく一部なので、あなたの街やお出かけ時に寄りやすい場所にももっとあるかもしれません♪検索でチェックしてみてください!

「体に負担がかからないこと」が大前提なので、妊娠週数による制限であったりかかりつけ産婦人科の許可が必要であったりするヨガスタジオがほとんどです。

なので、まずは自分が行っても問題ないかどうか、そして無理なく通えるプランはどういったものかをある程度はっきりさせてから探すと、よりスムーズに見つけることができますよ^^

まとめ

妊娠中は肩こりやこむら返りなど、さまざまなトラブルが引き起こしやすいのですが、マタニティヨガをすることで筋肉がほぐされ心身ともに調和されます。マタニティヨガは自己判断で始めるのではなく、医師の許可と正しい指導のもとでリラックスした服装でスタートさせましょう。

★あわせて読みたい