食事・飲み物から葉酸を摂るには? *妊活と不妊について

ハーブティーと葉酸の併用が妊活に効果的な理由まとめ

更新日:

 

妊活に効果があるとして、最近では夫婦で葉酸の摂取を心がけているという方が増えてきました。そこで、さらに妊活の効果を上げるために、ハーブティーと併用しているという方も多くいらっしゃいます。しかし、注意が必要なのは、妊娠中には飲んではいけないハーブがあるということです。冷え性や便秘などの改善にも役立つものがあるので、妊活中だけでなく妊娠中も飲み続けたいものですよね。今回は、妊活中や妊娠中にハーブティーを飲む注意点や、ハーブの種類や効果、苦手な方へのアドバイスも加えてご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

ハーブティーが妊活に効く理由

10161545_507d02a088615

妊娠しにくい原因の一つとして、身体の冷えが挙げられます。そこで、身体を温めて妊娠しやすい身体作りからということで、身体を温める効果のあるハーブティーを飲むというわけです。

 

また、ハーブの中には子宮の働きをサポートしてくれる「ラズベリーリーフ」や鉄分、ミネラル、葉酸が豊富に含まれている「ネトル」、女性特有のリズムを整えてくれる「シャタバリ」などがあります。これらの含まれているハーブティーを飲むことで妊娠しやすい身体作りをすることができます。
その他にも、身体の中の活性酸素を除去し、卵子の老化を遅らせてくれるうえに、ビタミンが豊富に含まれているということで愛用されている方がたくさんいらっしゃいます。

 

ハーブティーの効果とは?

ハーブティーといえば女性にとってうれしい効果がたくさん期待できる飲み物。具体的にどんな効果があるのでしょうか。

・胃の不調
・便秘
・PMS(月経前症候群)
・冷え性
・むくみ
・精神面の不安
・高血圧
・貧血
・更年期障害など

これから妊娠を望む女性にとって、体の不調を改善していくことはとても大切です。食事や生活習慣を見直すほかに、ハーブティーの力を借りることでさらに緩和できます。

妊活にとって大切なのは血液量を増やし卵巣組織に栄養と酸素をしっかり運ぶことです。卵巣機能が弱ると生理不順や無月経など排卵障害を引き起こし、妊娠しづらい体質を作ってしまいます。

また、精神的にダメージを受けているとストレスホルモンの分泌により、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい妊娠がむずかしい体質を作ってしまいます。

ハーブにはさまざまな効果を持つ植物がブレンド調合されているので、妊娠しやすい体づくりのためにおすすめな飲み物なのです。

ハーブティーの効果は持続性がある?

ハーブティーは医薬品ではなく漢方薬のようにゆっくりと体質を改善するため、飲んですぐ効果を実感できません。体が冷えているとき、気分が優れないときなどハーブティーを飲むことで、成分が体内に吸収されて冷え性緩和など働きかけていきます。

たった1日だけ飲んでも持続性がないため、できれば毎日1杯ずつ、数日間飲み続けることが大切です。ハーブによって成分の効果が異なるため、いろいろな種類の組み合わせで飲むことも体質改善のポイントです。

不妊にも効果的なハーブティー!

不妊にはさまざまな原因がありますが、まずは生理周期を正すこと。そして、受精卵の着床を阻止する活性酸素や血行不良を改善することが大切です。

病院による不妊治療もありますが、日頃からハーブティーを飲んで体質改善を目指しませんか?不妊に効果的なおすすめハーブティーをいくつかまとめてみました。

ローズヒップ

ローズヒップには女性に不足する栄養成分「ビタミンA・C・E、鉄分、カルシウム」などが豊富に含まれています。含まれる成分の中でもビタミンCがとくに豊富で、強い抗酸化作用があります。

体内に活性酸素が増えると受精卵の着床を阻止したり、卵子や精子などの生殖機能にも影響を与えます。ローズヒップに含まれるビタミンCやβカロチンにより、体内に増える活性酸素を無害にします。

また、生理不順や生理痛などを改善したり、イライラなど引き起こすホルモンバランスを整える働きで妊活をしっかりサポートしてくれます

<味について>
ローズヒップティーは、ローズと名が付くものの「実」を使っているので香りはほぼ無臭。酸味があるもののやさしい味わいです。単体では薄い黄色お茶です。よく見かけるローズヒップの濃いピンク色はハイビスカスがブレンドされているため。

<苦手な人へアドバイス>
独特の酸味と味が苦手だという人は、はちみつとレモンの輪切りを入れて飲む方法がおすすめです。はちみつのやさしい甘さがローズヒップの酸味を中和してくれます。また、レモンを加えることで香りが良くなり飲みやすくなります。
※妊婦にはちみつは問題ないとされていますが、アレルギーのある方はご注意ください。

 

オレンジピール

オレンジピールとはオレンジの皮の部分で漢方生薬として古来から使われていました。オレンジピールにはたくさんのビタミン類が含まれているほか、マグネシウムや葉酸、鉄分などといった不妊をサポートする栄養成分が豊富に含まれています。

食事やストレスなどによりドロドロな血液をサラサラにしたり、コラーゲン生成をサポートすることで血管を丈夫にしたり、妊娠に向けた体質改善にしっかり働きかけてくれます。

また、オレンジピールには水溶性食物繊維のペクチンが含まれているため、何日も続きカチコチになった便の自然排出をサポートしてくれますよ。

<味について>
さっぱりとしてさわやかなオレンジの香るハーブティーです。お茶自体はとても淡い黄色。飲んだ後にも口の中や鼻に通るオレンジの香りに、アロマテラピー効果も期待できます。

<苦手な人へアドバイス>
基本的にクセがないので、あまり苦手な人はいないかもしれません。もし飲みにくさを感じるなら、はちみつとの相性がいいので少し加えてみてはいかがでしょうか。

 

ジンジャー

日本でも昔からショウガ(ジンジャー)は血行促進や酸化防止、抗菌や鎮痛作用を持つ食材として使われてきました。不妊の原因で多いのが冷え性。女性ホルモンを分泌したり卵子を作る卵巣機能は冷えに弱いため、血行不良が続くと排卵障害を引き起こす可能性があります。

日本人にもなじみ深いジンジャーをハーブティーで飲むことをおすすめするのは、加熱することでショウガオールという成分が生まれ体温を上昇させる働きをしてくれるからです。

冷え性改善のために食べるなら生ではなく100度以上に加熱したハーブティーにすることで、不妊改善へ効果を最大限に引出します。

<味について>
しょうがの辛味と苦味が特徴的です。しょうがが好きな人にとってはたまらないハーブティーでしょう。ベースにする紅茶によって味わいは変わりますが、しょうがのさわやかな香りでリラックス効果あり。

<苦手な人へのアドバイス>
しょうがの辛味や苦味が苦手は人は、はちみつを加えたハニージンジャーティーがおすすめです。アイスでもホットでもおいしく飲めますよ。それでも飲みにくい人は、ミルクを加えてジンジャーミルクにするとまろやかでさらに飲みやすくなります。

 

エキナセア

キク科の植物であるエキナセアには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが豊富に含まれています。免疫力を高める働きがあるため、風邪やインフルエンザなどの予防としてハーブティーを飲まれる人が多いです。

妊娠中やキク科アレルギーの人がエキナセアのハーブティーを飲むときは注意が必要ですが、妊活中の人は妊娠に備えて体を強化させる働きがあるためおすすめのハーブティとして知られています。

<味について>
味はクセがなく、ブレンドに適しているハーブティーです。ただ、香りは牧草のような草っぽさを感じさせます。

<苦手は人へアドバイス>
単品でも飲みにくさはないものの、香りが苦手な人は上記で紹介した「ローズヒップ」と「オレンジピール」を加えたブレンドティーにするのがおすすめ。お互いを邪魔せずに効能はぐっとアップして一石二鳥です。レモンを加えても青臭さを軽減させてくれます。

妊活中に気を付けたい点は?

ハーブティーといえばノンカフェインで妊活中から安心して飲めるお茶として知られていますが、自然が持つ力にはさまざまな効果効能があることを覚えておきましょう。たとえば、ハーブの種類によってこんな作用を持っている可能性があります。

・子宮収縮(フェンネル、サフラン、ジュニパー、カモミール )
・高血圧(リコリス)
・子宮出血(リコリス)
・子宮を興奮させる(ローズマリー)
・カフェインを含んでいる(マテ)

現在、妊娠をしているわけではないので子宮収縮などの心配は必要ないと感じますが、気づかないうちに赤ちゃんを授かっていることも考えられます。知らずに妊娠中に飲むことを控えなくてはダメなハーブティーを飲んでいて、子宮収縮してしまうと流産につながる危険性もあります。

また、妊活中にハーブティーを飲むときに注意して欲しいことが「アレルギーや副作用」です。ハーブティーによる副作用として、このような症状を引き起こす場合があります。

・肝機能障害(コンフリーに含まれるエチミジン成分)
・腹痛や下痢(イチョウなどに含まれるギンコール酸)

それから、ハーブティーは植物由来のためアレルギーを持つ人が妊活のためにと飲んでしまうとアナフェラキシーなどを発症する場合もあります。妊活におすすめのハーブティーとしてエキナアセアやカレンデュラなどキク科植物が多いため気をつけて選ぶようにしましょう。

飲むときのポイントを説明!飲む量や注意点は?

ハーブティーは精神面を落ち着かせたり冷え性緩和や男女の生殖機能を向上させるなど、妊活中にぜひ飲んで欲しい飲み物としておすすめされています。しかし、いま妊娠をしていないからといって何を飲んでもいいとは限りません!

ハーブティーの選び方や1日の適正量など、飲むときに注意して欲しいポイントがいくつかあります。これからママになる準備のためにも、しっかり確認しておきませんか。

1日の飲む量と時間帯

妊活中に1日に飲める量に決まりがありません。目安としては1日およそ3~4杯です。妊活中をよりサポートするおすすめの飲み方が基礎体温に合わせて量を決める方法です。

低温期(卵胞期) 1日1~2杯ほど
高温期(排卵期) 1日3~4杯ほど

月経期を終えた低温期(卵胞期)は体内の血液量を増やす時期でもあるので、ハーブティーを飲んで血行促進をサポートしてあげるのがポイント!

その後、排卵日を挟んで高温期に入るのですが妊娠するためにとても大切な時期なので、ハーブティーを1日3~4杯ほど飲んで受精卵の着床や妊娠継続をサポートする飲み方がおすすめです。

ハーブティーは1煎目がもっとも成分が抽出されるため、1回で1杯分とし作り置きせずにすぐ飲むようにしましょう。

妊娠中でも安心して飲めるハーブティー

いま現在、妊娠をしていないとはいえ赤ちゃんをいつ授かるかわからない状況なのは確かです。妊活中に飲んで問題ないハーブティーでも、お茶に使われる植物によっては妊娠中はNGとなる場合もあります。

妊活中から妊娠、産後まで一貫して飲めるハーブティーは、いつ授かっても安心できるのでリラックスした気持ちで飲めますよ。

通院中の薬と併用して飲む

妊活のために産婦人科からホルモン剤などを処方されている人は、必ず服用薬の働きをハーブティーを飲むことで影響しないか確認しましょう。医師や薬剤師などに相談して、飲み合わせが悪くなければ引き続きハーブティーによる体質改善もおこなっていきましょう。

自分でブレンドして飲む

ハーブティーによって妊活に必要な効果・効能が違います。ひとつの種類だけではなく、さまざまなハーブを組み合わせたブレンドティーが妊活中におすすめされていますが、知識なく自分でブレンドしてしまうと副作用の心配もあるので危険です。

ハーブそれぞれにも相性がありますので、ブレンドして飲みたい場合は専門スタッフが組み合わせたハーブティーを飲むようにしましょう。

家庭菜園で育てたハーブを摘んで飲む

自宅のベランダやキッチン菜園でハーブを育てている家庭が増えています。ハーブには園芸用と食用の2種類があるため、お茶にするときは必ず“食用”であるか確認しましょう。また、栽培時に防虫剤など薬剤の使用をしていると基本的に飲めません。

ハーブティ―はどこで買う?通販や楽天は?口コミは?

妊活をサポートするハーブティー、さまざまな種類があってどれを飲めばいいのか迷ってしまいますね。楽天やamazonなどの通販サイトを見ると人気のハーブティーがランキングでわかるため、どれを選ぶべきか迷ったときにおすすめです。

楽天などでハーブティーを購入して良かったことや悪かったことを、実際に購入した人たちの口コミをまとめてみました。

・みんなの口コミを見て試しに購入してみました。ちょうどポイントがあったのですべて使いましたが、2回目からは高くなるので買わない予定です。

 

・いろんなメーカーのハーブティーを飲み比べできるのでうれしいです。体質によって効果が違うと思うので、どれがおすすめとは言えません。妊活のためにあれこれ試したいのであれば、公式サイトで購入するより便利です。

 

・ランキングで1位だったハーブティーを購入。すぐに届き対応もしっかりしていました。1袋を飲み終えて定期購入をしたく公式サイトで2回目からは購入しました。始めから定期コースを選んでおけば、初回割引で安かったらしく、少し損した気分です。

 

・選んだハーブティーの味が少しクセがあり、一度に2袋買うと送料無料とのことで買ってしまったので消費するのに大変でした。お試しサイズなどがあればいいのにと思います。

さまざまな口コミを集めた結果、初回は楽天などで注文したけど飲み心地の良さなどから公式サイトで定期コースへ申し込みする人が目立ちました。

楽天市場ではたくさんのハーブティーが販売されていますが、価格やサービスでみると公式サイトの方がお得な場合があります。たとえば、公式サイトならこんなサービスがあります。

・お試しサイズがある
・初回割引キャンペーンが充実
・プレゼントなどサービスがいい
・送料無料で購入できる場合が多い

ハーブティーは即効性がないため、できれば最低3カ月以上は飲み続けなくては妊活へのサポート力が低いんです。1回だけの購入ではなく定期コースの方が割引や特典などでお得なので、購入を考えるなら公式サイトをまずはチェックしてみることをおすすめします。

まとめ

ハーブティーに含まれる植物は自然由来のため、成分の働きによって受精卵の着床を阻止する場合もあります。妊活中にハーブティーを飲むなら、血行促進や排卵障害に効果的な植物をいくつかブレンドした飲み物がおすすめです。

また、妊活をよりサポートする葉酸サプリと併用して飲むことで、より妊娠しやすい体質作りへと改善できますよ。

 

妊婦さんの為に作られたハーブティ「AMOMAの妊活ブレンドどは?」

WS000170

『妊活=妊活用サプリメントや葉酸サプリ』というのは今や常識ともなっていますが、
どうしてもサプリメントを飲むのが苦手だという方や、サプリメントでは効果が実感できないと思われる方も少なくないようです。

そこでここでは、AMOMAの妊活ブレンドというハーブティをベースとした妊活用ドリンクについて詳しくご紹介したいと思います。

実際に愛飲しています♪

結婚して5年目、妊活中です。かれこれ3年くらいは続けているんですが、なかなか……ですね。

授かりものだとは分かっていても、同い年の友人たちが赤ちゃんを産んでいくのを見て、「羨ましい!」と思うのも正直なところ。

でも、なかには私みたいに妊活中の子もいて。

そういう一人から教えてもらったのが、AMOMAの妊活ブレンドです。

2015-07-31 11 47 56

妊活ブレンドはいわゆるハーブティで、妊活に良いとされている世界中のハーブがたっぷり入っています。

子宮をサポートしてくれるラズベリーリーフ、身体を若く保ってくれるビタミンが豊富なローズヒップ、

鉄分やミネラルがたっぷりのネトルなどの西洋ハーブに、

女性特有のリズムを整えるシャタバリ、身体を温めるジンジャーなどのインド発祥のものも配合。

女性の身体をしっかり温めて、リズムを整えてくれるハーブがぎゅっとブレンドされているんです。

(⇒成分の詳細

2015-08-01 16 08 30

妊活仲間の友達から「いいハーブティがあるよ」と聞いた時には、気になる反面ちょっと心配でもあったんです。

というのも私、ハーブティは好きは好きなんですが、香りの好き嫌いがけっこうあって。

匂いも様々だから、「ハーブティならなんでも好き!」っていう人は珍しいんじゃないかと思います。

なので、勧められた時に真っ先に気になったのが香りだったんですが……。
嬉しいことに私的には◎な香りでした。というか、本当にクセがないです。

妊活“ブレンド”というくらいなので、味はもちろん、香りのバランスも好き嫌いがあまり出ないように整えられてるのかな〜って感心しましたね。

2015-08-01 16 07 59

けっこう珍しい効果をうたうハーブティだと思うんですが、入れ方は普通のティーバッグと同じでOK。

これは気楽ですね。温度とか、抽出時間とかが厳しく決まっていたらちょっと面倒だなって思っていたので……。

香りと味はどんな感じ?

IMG_2060(2)
香りはティーバッグの状態と同じですね。お湯で抽出したらむしろ柔らかい香りが立ってとてもリラックス出来る感じ。

毎日のティータイムにぴったりだし、食事にも合わせやすいです。

実際、私は朝昼晩、といつでもハーブティを飲んでいたんですが、妊活ブレンドに自然と移ることが出来ました。

それくらい、味もいいですね。単純に美味しいです。

妊活にいい、ということで、もっと強烈な、個性的な香りとか味とか色を覚悟していたんですが(笑)、そういうことはなかったです!

身体の変化は?

飲むようになってから基礎体温がじわじわ上がってきましたね。

以前からもハーブティは飲んでいたし、その中には数種類をブレンドしたものもあったんですが、

比べものにならないくらい身体が温まるんです。やっぱり妊活に特化しているだけあるな、と思います。

また、上の方にも書いたジンジャー、それにオレンジピールも入っているんですが、正直、私はこれらが苦手なんです。

身体を温めるハーブだとは知っていても、前から積極的に摂ったことはなかったんですが……。

これが妊活ブレンドだと「本当に入ってるの?」というくらいこの2つの風味を感じなかったのがありがたかったですね。

苦手な風味はパスしながら、効果だけを頂けて、ただただ味は美味しくて、「いいのかな?」って(笑)。

基礎体温が上がってきたのに合わせて生理もちゃんと来るようになって、

「もしかして、そろそろ?」っていう予感がしています♪

AMOMA妊活ブレンド公式ページ

妊娠、出産後用のハーブティもあるみたい♪

WS000186私はまだなんですが、もし赤ちゃんが生まれたら飲みたいな、と思っているのがマタニティーブレンドです。

これも妊活ブレンドを出しているAMOMAさんが作っていて、妊娠中、産後に飲めるマタニティ専用ハーブティーなんです。

妊活ブレンドと一緒じゃないの? と最初は思ったんですが、中身はぜんぜん違うと言っていいくらい。

例えば妊活中には有用なラズベリーリーフは、妊娠発覚後は子宮筋のバランスに関わるので控えたほうがよかったり、

良い胎盤作りのために血流をよくするハーブが入っていたり、といった感じ。

調べているだけで、こちらはまだ買ってはいないんですが、「早く妊娠してこっちも早く飲みたいな〜」って思ってます!

⇒マタニティーブレンドの詳細はこちらです♪

AMOMA妊活ブレンドの特徴をまとめてみました!!

一部では“マカよりおススメ”とも言われる妊活ブレンドには、次のような特徴がありました。

「美味しいから妊活をしているときのストレスが軽減される」
「ゆったりとした気持ちになれるし美味しいから妊活するのが楽しくなった」
などと評判のAMOMAの妊活ブレンドの特徴は以下の通り。

(1)ハーブティが主体

ws000126

世界中で人気の妊活ハーブ、その中でもオーガニック認証を取得したハーブを使用しています。

ジンジャーやオレンジピールなどの体温を上げるハーブ、妊娠中から授乳中に渡って母体に効果を与えるラズベリーリーフ、
それ自体が葉酸を豊富に持つネトルなどの希少で有能なハーブを採用しているため、
ハーブティ特有のリラックス効果だけではなく、実際の妊活効果も非常に高いドリンクだと評価されています。

(2)完全無添加

香料や着色料、油脂などの妊娠前に避けておきたい添加物が一切使用されていません
当然カフェインも含まれていないため、妊活中も安心して飲むことができます。

(3)定期購入で100円安く
他のサプリメントと異なり、とてもリーズナブルに続けられるという点も長く愛されているAMOMA妊活ブレンドの特徴です。
特に、定期購入すると月額が100円お得になるという点を考慮すると、
妊娠前~授乳中という長い期間に渡って飲用する上でとても助けになることが、多くの女性に支持されるポイントとも言えます。

AMOMA妊活ブレンドの効果

このような特徴を持つ妊活ブレンドを飲み続けることで、

・持続性の高い体温アップ効果がある
・ハーブ由来の自然の葉酸パワーで体内のバランスが良くなる
・体内や肌の内側から調子を整えることで妊娠しやすい体になる

という効果が実感として寄せられています。

\AMOMA妊活ブレンドは助産師さんが発案!/

 

ルイボスティーでも効果がある?

096922

自宅でホッと一息つくティータイムを楽しみたいと思っても、「妊娠中の飲みもの」というと、いろいろ制限があって大変ですよね。アルコールがダメなのはもちろんのこと、カフェインもダメとか・・・
そんな中、ノンカフェインのハーブティーが、妊婦向けの飲み物として人気を集めています。しかし、「ノンカフェインのハーブティーならなんでもいい」というわけではないんですよね。
「妊娠中は禁忌とされているハーブ」というのは、意外と多いですから。

では、AMOMAのハーブティ意外にも他にどんなハーブティーがおすすめなのかというと・・・ズバリ、ルイボスティーがおすすめです!

ルイボスティーがおすすめな理由

なぜルイボスティーがおすすめなのかというと、「妊娠中でも禁忌扱いにはなっていない」というのももちろんありますが、それだけではありません。

「抗酸化作用がきわめて高く、免疫力を高め、さらに母体を若々しく保つのに役立つ」「ビタミン・ミネラル豊富で栄養補給にも役立つ」「味にクセがなく飲みやすい」などといったことも、ルイボスティーをおすすめする理由として挙げられますよ。

葉酸との相乗効果にも注目!

というわけで、ルイボスティーは「妊婦さんにおすすめできる理由がたくさんあるハーブティー」と言えるのですが、そのルイボスティーの効果をさらに高めたいなら、ぜひ、葉酸も一緒に摂取するのがおすすめです。

ルイボスティーと葉酸はとても相性が良く、どちらも「母体を若々しく健康な状態に保ち、胎児が育ちやすい環境を作る」というのに役立ちます。

実際、この相乗効果を見込んで、ルイボスティーに葉酸を配合した「葉酸入りルイボスティー」なるものも販売されています。

ただし、葉酸入りルイボスティーには「葉酸の配合量が少ないものもある」「ティーバッグの中に葉酸が入っているという状態なので、ティーバッグからの葉酸の溶け出しには限界があり、配合されている葉酸すべてを摂取するのは難しい」という欠点もあります。

ですから、栄養素を多く取りたい場合は わざわざ葉酸入りルイボスティーを買うよりも「葉酸サプリにルイボス配合」というやり方のほうがおすすめですよ。

ただリラックスにはルイボスティーが向いているかもしれないですね。

ハーブティと葉酸を一緒にサプリメントで摂取したい方へ

034390 (1)

ハーブティーと葉酸を併用したサプリメントとは?

妊活中にハーブティーと葉酸を併用することで、精子と卵子の状態を健康なものに保ち、受精しやすい環境作りに役立つことがわかっていますが、ハーブティも飲んで、、、葉酸も摂取して、、、と、妊婦さんには「摂取しないといけないもの」がたくさんあり、併用に困っている方も少なく無いと思います。
そんな方には、このハーブティと葉酸の2つの効能に注目して作られた有名な葉酸サプリメントをオススメします。

A29CGSfO1QLmdB01432370576_1432370777

~VEGEMAMA ベジママ~

【⇒管理人が実際に試してみたベジママレポはコチラ】

ベジママは、他の葉酸サプリメントとは少し違って3つの成分に注目して作られたサプリメントです。その成分というのが、「葉酸・ルイボス・アイスプラント」の3つです。
葉酸とルイボスについては上記で説明した通り、妊活中のご夫婦にとってすごく効果のある成分です。
さらにそれに加えて「アイスプラント」とはなにかと言うと、血糖値の改善作用や肝機能の改善効果のあるピニトールという成分をたくさん含んだ食用植物なので、妊活中、または妊娠中の栄養不足や食習慣のみだれに大きな効果を果たしてくれる成分なのです。
ベジママはこのアイスプラントの研究に力を注ぎ、自社栽培で製法していることで有名です。!
⇒ ベジママをもっと詳しく知る

 

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-食事・飲み物から葉酸を摂るには?, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.