*妊娠と出産について *妊活と不妊について

要注意※葉酸不足になった時にでる体の症状まとめ

更新日:

img_113

妊娠している女性以外は普段意識しない葉酸不足ですが、身体の中で葉酸が不足すると体にいろいろな症状が出てしまいます。
意外に身近な症状が実は葉酸不足が原因ということもあるかもしれません。

日本人に葉酸が不足傾向?!

img_114
もともと日本人は野菜を良く食べる国民なので、国民の葉酸摂取量は他の国の人々と比べると多いと言われています。
しかし、最近では忙しい生活を送る人が増え、外食中心の食生活や脂質の多い食生活を送る人が増えています。

また、妊娠する可能性のある若い女性の中には過度のダイエットにより栄養が極端に偏っている人も増えています。

葉酸はうつ症状と関係がある?!

img_115
あるうつ症状に関する調査では、葉酸が不足している人にうつ症状が出やすいということが判明しています。
しかもそれは女性よりも男性の方がその差が歴然としていたようです。

葉酸には脳の神経に働きかける効果があります。
そのため十分な量の葉酸を摂取していると気持ちをリラックスさせてくれるのです。
また、アルコールを摂取する機会の多い方は葉酸が吸収されにくい状態になり、葉酸が不足しやすいとも言われています。
アルコールの摂取量にも注意が必要です。

葉酸不足は悪性貧血を引き起こす!

img_116
葉酸は血液と深い関係のあるビタミンです。

葉酸が不足すると血中の酸素を身体中に運んでくれる働きをする赤血球の形勢が上手くいかず、身体は酸欠状態に陥ります。
そうすると悪性貧血と言われる状態になり、めまいや立ちくらみ、顔の蒼白、発熱、呼吸困難などの症状を引き起こします。

普段バランスの良い食事を心がけているとこのような症状にはなりにくいと言われていますが、妊娠中などは普段よりもたくさんの葉酸を身体は消費するため、葉酸不足になりやすいと言われています。

妊娠中の葉酸不足が胎児におよぼす危険とは?!

img_117妊娠中女性の身体は普段の2倍の葉酸が必要になると言われています。
それは、おなかの中の赤ちゃんが細胞分裂を繰り返して大きくなる過程で大量に葉酸が消費されるからです。

葉酸は胎児が細胞分裂を繰り返す過程で、DNA(遺伝情報)を正確にコピーするために必要なビタミンです。
この時期に葉酸が不足すると胎児に先天性神経管欠陥が生じるリスクが高くなると言われています。

また、この時期に葉酸が不足し母体が悪性貧血を起こすと胎児に必要な栄養が行かなくなり、胎児の成長にも悪影響が起こり、無脳児や二分脊椎症が胎児に現れる危険性が高くなると言われています。
ですから、妊娠中の葉酸不足には特に注意が必要です。

妊娠中の葉酸不足が母体に及ぼす悪影響とは?

葉酸の摂取が勧められているけど

  • サプリメントは種類がいっぱいありすぎてどれを飲んでいいのかも分からない
  • 妊娠中はサプリメントなんて怖くてあまり飲みたくない

と思われる方もいらっしゃることでしょう。

もし、普段の食生活の中で葉酸が十分に摂取できているとしたら、それに越したことはありませんから、サプリメントを摂取する必要性もありません。

しかし、妊娠中は普段の二倍の葉酸が必要となるため、葉酸不足になりやすいと言えます。
葉酸は血を作るのに必要な栄養素ですから、葉酸不足になると悪性貧血になる可能性があります。悪性貧血になると血中の赤血球が肥大してしまい、身体中に酸素を運べなくなってしまいます。
そうなると身体は酸欠状態になり、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、ひどい場合には呼吸困難になる場合もあり大変危険です。

葉酸をじゃまする食べ物と医薬品

葉酸の吸収や働きを阻害する食べ物や医薬品があるって知っていましたか?
せっかく葉酸を意識した食生活を送っていても、これを知らなければ何もなりません。
特に葉酸不足の症状が出ている場合は、注意が必要です。

食べ物

インゲン豆 / レンズ豆 / キャベツ / オレンジ / 緑茶などに含まれるタンニン

img_118

緑茶などに含まれているタンニンは、酸化するとカテキンへと変化します。
このカテキンが葉酸の働きを阻害します。
タンニン自体も鉄の吸収を妨げる働きを持っているため、貧血で鉄分を摂取している場合には避けるようにしましょう。

キャベツは葉酸の多い食べ物としてもよく挙げられているので、意外ですね。
だからとってゼロにする必要はありません。
ビタミンCなどそのほかの栄養素も豊富ですから、適度な量を食べるようにしましょう。

そのほかアルコール類、食べ物ではありませんがタバコも同様です。

葉酸を含む食べ物一覧はコチラ>>

医薬品

アスピリン / 制酸剤 / 抗けいれん薬 / 潰瘍性の大腸炎の薬 / 経口避妊薬 / 卵胞ホルモン製剤

img_119

こられを服用している場合は、葉酸の吸収や働きが阻害されることがあります。
葉酸不足の症状が出ている場合は、医師に相談しましょう。

葉酸不足の症状まとめ

77妊娠中、葉酸をとらないで、葉酸不足の状態になった場合、胎児の成長不良や奇形児になるリスクは高くなります。
また母親も悪性貧血になる可能性があり、そうなると胎児にも栄養が行かなくなり、胎児にも危険が及ぶ可能性があります。
そういった事を防ぎ、母子共に健康であるために、妊娠中は一日0.4mgを目安に葉酸の摂取を心がけましょう。

また、妊娠していない男女も偏った食生活やアルコールの摂りすぎ、また胃の病気を患っている方も葉酸が吸収されにくいと言われていて葉酸不足になりやすい状態です。

うつ症状や悪性貧血の予防のためにも日ごろから葉酸の多く含まれた、ほうれん草なども青菜野菜、グレープフルーツなどの柑橘系のフルーツを摂るように意識しましょう。

★あわせて読みたい

 

-*妊娠と出産について, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.