くらしを豊かにする情報

葉酸の過剰摂取の危険性ってあるの?ないの?

更新日:

img_02

胎児の発育に欠かせない栄養素として葉酸は妊娠中の女性の多くに摂取されています。必要な摂取量としては一日0.4mgと言われています。また一日の摂取量を1mg以下にするようにともすすめられています。
ということは、やはり葉酸の過剰摂取にはなにか危険性があるのでしょうか。胎児に必要な栄養素ということは積極的にとりたいと思うのが母心ですから、もし摂りすぎることによって危険性があるのなら事前にきちんと知っておきたいものです。

過剰摂取の危険性は??・

hatena

結論からいうと、摂りすぎても少なすぎても良くないようです。摂りすぎても多くの場合は尿や汗により外に出て身体に溜まっていくことはないようですが、あまりにも多く摂りすぎることによって子供に喘息やアレルギーが発症する可能性が上がるという報告もあります。また、母親が葉酸過敏症になることもあるようです。その症状には、かゆみや発熱、じんましん、呼吸障害などが挙げられています。そしてビタミンB12欠乏症の発見を困難にすることもあるようです。ビタミンB12欠乏症になると貧血が起こりやすくなります。妊娠中のデリケートな時期に体調不調を起こすことは避けたいですから、過剰摂取には気を付けましょう。
しかし、過剰摂取を恐れて、葉酸が不足するとそれも貧血の原因になるようです。ですから、妊娠中は一日0.4mgの目安をしっかり守って、に積極的に摂りいれるようにしましょう。

42820E382A2E382B9E382BFE383BCEFBC8FAsterまた、葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの野菜にたくさん含まれていますが、水溶性の栄養素ですので、茹でたときの茹で汁に溶け出てしまったり、熱に弱い特徴もありますので、調理時の加熱により壊れて失われてしまったりします。そのため、食物だけで一日0.4mgの目標摂取量を摂取することは困難だと言われています。葉酸の多く含まれた食物を積極的に摂取しつつ、足りない分はサプリメントなどで決められた摂取量を守りつつ補われるとお母さんも赤ちゃんも元気に出産の時を迎えられることでしょう。

 

オススメのページ:安全な子育てに※葉酸の副作用はあるの?ないの?

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.