くらしを豊かにする情報 症状・用途べつおすすめランキング

厚生労働省が勧めるのはモノグルタミン酸型葉酸!そのワケとは?

更新日:

厚生労働大臣が勧めるのは天然ではなくモノグルタミン酸型の合成葉酸サプリ!

img_113

私達の一般的な認識として、サプリメントに限らず口に入れるものは全て科学的に合成されたものではなく、天然物の方が安心、安全といった認識がありますよね。

ところが女性、特に妊婦さんにとってその摂取がとても重要視されている葉酸については、なんと厚生労働大臣(以下厚生労働省)が天然葉酸ではなく合成葉酸の摂取を推奨していることを皆さんはご存知でしたでしょうか。

この意外とも言える事実、つまりなぜ厚生労働省が天然ではなく合成を勧めるのか、この謎についてわかりやすく解説いたします。

img_16

葉酸には2種類があります。

一つは食品の中に含まれている葉酸でポリグルタミン酸型と呼ばれるものです。
このポリグルタミン酸型の葉酸は
体内に吸収される際に酵素で分解され、モノグルタミン酸型という葉酸に変わります。

葉酸サプリはこの体内に吸収されやすい形になったものを摂取できるようにサプリメントにしたものです。

img_17

天然素材のサプリメントは何型?

天然の野菜から抽出されているサプリメントはもちろんこの「ポリグルタミン酸型」なのだろう、と思いきや一概にそうとも言えないようです。

というのも、ポリグルタミン酸型の葉酸は品質が安定せず製品化するのが難しいため、
天然素材から抽出した葉酸を「モノグルタミン酸型」にして使用しているというケースがあるようです。

「天然葉酸」って何?

img_114

なぜ厚生労働省は天然ではなく合成の方を勧めるのか、この謎を理解するにはまず天然葉酸とは何か、合成葉酸とは何かについて正確に理解しておく必要があります。

では「天然葉酸」とは一体何かということから解説します。
天然葉酸とは、緑黄色野菜など自然食品に含まれている葉酸のことを言います。
すなわち自然界で作られた葉酸と言って良いでしょう。

そのため天然葉酸は天然葉酸由来のサプリメントを通じても摂取できますが、日々の食生活の中で葉酸を含む食品を食べることで摂取することができる葉酸でもあります。

この天然葉酸には正式な名称があります。
やや複雑な名称ですが「プテロイルポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれています。

この「プテロイルポリグルタミン酸型葉酸」は、人間の体内で吸収される際「モノグルタミン酸」と呼称される葉酸に変化してから吸収されることになります。そのため天然葉酸と呼称せず最初から「プテロイルポリグルタミン酸型葉酸」とだけ呼称したり、体内で吸収される際には「モノグルタミン酸」としてのみ説明を行っている医学的記事などもありますので、複雑ですがこれらの名称も併せて覚えておくことをオススメします。

「合成葉酸」って何?

次に「合成葉酸」とは何かについて説明いたしましょう。
合成葉酸とは文字通り、化学的に合成され作られた人工葉酸のことです。

その合成する原料には驚かれたり、不安を感じたりする方もいるかも知れませんが実は「石油」が含まれています。
しかし石油と聞いてそれほど不安を感じる必要はありません。

img_115

石油そのものは化学的に作られたものではなく自然界に存在している鉱物資源の一種です。
また、石油という名称から石や砂から出来たものと誤解されがちですが、石油の大元と言ってよいのはプランクトン、即ち生物です。

その石油は主に炭素と水素が主成分になっていますので、これらの炭素や水素を利用して栄養分を化学的に製造しているのであって、石油をそのまま含めてサプリメント食品として食べることになる訳ではないことはどうか誤解しないようにしてください。

さて、この合成葉酸ですが天然葉酸同様名称があります。
その名称こそが「モノグルタミン酸型葉酸」です。

これでお気付きになった思いますが、合成葉酸とは天然葉酸が体内に吸収される際に変化する葉酸と同じものということになります。つまり合成葉酸は天然の葉酸が体で吸収される際に変化することを見越して、ならば最初から変化後の葉酸にして吸収しやすくしましょうという目的で作られた人工的な葉酸、と言うことができるのです。

天然葉酸と合成葉酸の大きな違いは体内利用効率

img_116

天然葉酸と合成葉酸が何かということがわかれば単に天然か、化学的に作られたものかという違いだけではないこともおわかり頂けたと思います。

モノグルタミン酸型の葉酸の方が良い理由は?

厚生労働省が妊婦さんに摂取勧めている「モノグルタミン酸型」葉酸の一日摂取は、400μgと言われています。

というもの仮にポリグルタミン酸型を400μg摂取したとしても、体内に吸収される段階で分解され、半分の200μgしか吸収されません。
また食事からの葉酸摂取の場合、葉酸は壊れやすい栄養素のため、鮮度が落ちたり、熱が加わったりすると壊れてしまいます。
そのため、調理した段階で50%の葉酸が失われると言われています。
そして、吸収の際にさらに50%失われ、
実際に体内に吸収されるのは最初の25%だけとなってしまいます。

 

その点、モノグルタミン酸型の葉酸サプリだと体内吸収率は85%と言われていますから、摂取したほとんどが栄養素として体内に吸収されます。

img_18

また葉酸はビタミンB12やビタミンB1と協働して働きますから、これらのビタミンも配合されたサプリを選ぶと、葉酸は十分にその働きを発揮することができます。

つまり天然葉酸は体内に吸収できるよう変化するのに対して、合成葉酸は変化することなくそのまま体内で吸収できる葉酸の型になっているということです。

注意しよう!厚生労働省が推奨する葉酸の摂取基準の本当の意味!

ここまでの説明で厚生労働省が天然ではなく、合成の方を勧める理由は何となく見えてきたのではないでしょうか。

つまり天然は体内利用率が悪く、合成は体内利用率が良いからとなりますが国としては抽象的に良い・悪いと言っている訳ではなく、ちゃんと数値上の基準を設けています。

もう一度、厚生労働省が推奨している葉酸の摂取基準を確認しましょう!

  • 一般成人:1日200μg
  • 妊娠中の女性または妊活中の女性:1日400μg

m_10

この数値基準の正確な意味ですが、例えば妊娠中の女性は400μgとなっていますが、400μgは天然葉酸を前提とした数値ではありません。
合成葉酸の方を勧めているということもありますので、この数値基準は「合成葉酸」の方を前提としていることを理解しておいてください。

そのため、「天然葉酸成分400μg配合!」としているサプリメントが販売されていた場合、400という数値だけを見て決して飛びついてはいけないということです。天然要素で400μgならその体内利用率は
400μg×50%=200μg
という答えが導き出されます。この数値なら確かに一般成人に必要な葉酸はクリアできますが、妊婦や妊活中の女性が必要としている量はクリアできていません。

やや数学的な話になりますが、
合成葉酸は 400μg×85%=340μg となりますので、
体内利用率の方を基準とした場合なら、厚生労働省は340μgを体内で利用できるようにして下さいねと言っていることになります。

その点で天然葉酸はボリュームとして400μgあっても、実際に体内で利用できる量は200μgですから、その差である140μgが不足することになる訳です。
もし妊婦の方がどうしても天然にこだわりたいとなった場合には、天然葉酸なら340μgの倍にあたる680μgの天然葉酸を毎日摂取する必要があります。

葉酸は光や熱に弱くすぐに水に溶けるため、ただでさえ摂取しにくい性質があり、その天然葉酸を毎日680μg摂取するというのはかなり無理があります。
そのため、厚生労働省は体内への吸収効率が高く、現実的な摂取を実現できる合成葉酸の方を推奨しているのですが、更にもう一つの理由があります。

合成葉酸は胎児の先天異常対策として一定の効果が認められていますが、天然葉酸ではそうした成果が得られていないのです(ただし天然葉酸が無効と断定された訳ではありません)。
そのため胎児の先天異常対策として確実性の高い合成葉酸の方を、厚生労働省は推奨しているという訳です。

葉酸サプリは葉酸以外もチェック!

ほとんどの葉酸サプリはモノグルタミン酸型葉酸が使用されている点はわかったと思います。
それ以外にも、妊婦さんには通常より多く必要な栄養素があります。
例えば、鉄分やカルシウムなどですね。

ちなみに妊娠初期の鉄分の推奨量は8.5mg。
妊娠中期から後期になると、鉄分はなんと21mgも必要です。
通常の食事からは、平均すると1日あたり7mgの鉄分を摂取していると言われています。

妊娠時のカルシウム推奨量は700mg。
食事から摂取されている平均量は、450mg。

これではどちらも全然足りませんね…。

img_19

不足分を補えるように、葉酸サプリにも鉄分やカルシウムなどが含まれたものを選ぶと良いのですが…
鉄分やカルシウムは摂りすぎても良くありません。
なので、その点をも慮して選んでくださいね。

モノグルタミン酸型葉酸 おすすめランキング

上記をふまえて、合成葉酸でおすすめのサプリメントをご紹介♪

16

BELTA(ベルタ)

belta

葉酸量 400ug
モノグルタミン酸型
価格 3,980円

葉酸サプリといえばベルタと言うほど知名度が高いこの商品。
合成葉酸ではありますが、表示名が「天然酵母型葉酸」となっています。
これはどういうことかと言いますと、吸収率をより高くする為、天然の酵母で合成葉酸を包んで配合しているんです。
酵母×葉酸を一緒に摂取するという形ですね。

またリニューアル後に加わった「βカロチン」も葉酸の吸収率をより上げる為に配合されてるんだとか。
とことん吸収率に注目して作られている・・・ということでおすすめ第1位に選びました♪

img_104

BELTA(ベルタ)葉酸サプリのビーボさんに直撃インタビュー!誕生秘話など…☆

17

AFC 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

afc

葉酸量 400ug
モノグルタミン酸型
価格 1,800円※新規購入

数々の雑誌・メディアでも紹介されているAFCの葉酸サプリ。
粒の飲みやすさ(粒が小さく無臭)・配合成分(鉄・カルシウム含有)・お手頃な価格(初回1800円)などを総合的にみると、すごく続けやすいサプリです♪

img_104
AFC葉酸サプリを実際に飲んで試してみたレビュー記事はこちら!

18

ベジママ

ベジママ

葉酸量 400ug
モノグルタミン酸型
価格 2,750円※初回

ベジママは知名度は低いかもしれませんが、配合成分にすごくこだわっている良質な葉酸サプリ。
他メーカーの葉酸サプリには含まれていない「ピニトール」が配合されています。
ピニトールはビタミンBの一種で、アメリカでは不妊治療に積極的に取り入れられている成分の一つなんですよ。

そんなピニトールを、自社工場で栽培しているから凄い。
自社工場を持っているメーカーって珍しいですよね。
価格もお手頃なので、試してみる価値ありです。

img_104

ベジママを実際に試してみたレビュー記事&製造者さんインタビューはこちら!

ピニトールって?

img_117ベジママに配合されているピニトール。
あまり、なじみがないかも知れません。

ピニトールは水溶性ビタミンの一種で、大豆、ルイボス、アイスプラントなどに含まれている成分になります。
ちなみにベジママの場合は、アイスプラントから抽出しています。

ピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果があると考えられています。

多嚢胞性卵巣症候群とは
卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。
Wikipediaより

多嚢胞性卵巣症候群の場合、男性ホルモンの割合が多く排卵がうまくいかないため、不妊の原因となります。
欧米では、不妊治療にも使われている成分です。
また、ピニトールは植物性のインスリンとも呼ばれ、血糖のコントロール効果も期待できます。

まとめ

サプリメントに限らず、口に入れるものは天然のもの、自然のものが安心、安全であり、人工的なものは危険といったイメージに私達は支配されがちです。

しかしながら、少なくとも葉酸に限れば決して合成葉酸は危険なものではなく、むしろ天然ものより吸収率が高く、胎児にとってもプラスになるものです。

先入観やイメージだけで天然を肯定したり合成物を否定したりするのではなく、正確な情報に基づいて判断することが大切なことだと言えます。

モノグルタミン酸型葉酸を含むサプリのまとめ

厚生労働省が摂取を勧めている「モノグルタミン酸型」葉酸は胎児の奇形を予防し、胎児の発育を助けるのに必要な栄養素ですから、自分の目でしっかり確かめて納得したサプリメントを摂取するようにしましょう。

img_20

石油由来のものよりは天然素材由来のモノグルタミン酸型葉酸の摂取を望まれる方が多いかもしれませんのでしっかり何由来のものかを確認するようにしましょう。

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報, 症状・用途べつおすすめランキング

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.