くらしを豊かにする情報

葉酸って市販品だけじゃないの?病院で処方してもらえる葉酸について

投稿日:


妊婦さんや妊活中の男女に「葉酸」の摂取が推奨されているのはご存じかと思います。葉酸を摂取しようと思ったとき、最初に思いつくのは市販のサプリメントではないでしょうか?しかし、実は葉酸といっても市販品だけでなく病院で処方してもらえるものもあるんです!しかし、処方される葉酸だからいい!というわけでもありません。では、市販の葉酸と処方された葉酸。妊活中や妊娠中・授乳中の方におすすめなのはどっちなのでしょうか?いったい何がどう違うのか?処方される葉酸がどういったものなのか説明しましょう。

【葉酸は病院で処方してもらえるんです!】

葉酸を摂取しようと思ったとき、市販品の葉酸サプリを購入するのが当たり前だと思われています。確かに、妊活や妊娠は病気なわけでもありませんし、病院で処方されるといった発想がなくても仕方ありません。しかし、実際のところは病院で葉酸を処方してもらうことは可能です。

病院で葉酸を処方してもらうためには?


では、病院で処方してもらうには具体的にどうすればいいのでしょうか?基本的に病院で処方されるのは、下記の場合に限ります。

  • 妊娠などの理由で葉酸を処方して欲しいと医師に申し出た場合
  • 明らかな葉酸欠乏と判断される場合
  • 悪性貧血などの血液疾患の場合

ちなみに、薬の副作用による葉酸不足を予防したり、副作用そのものを抑えるために処方されることもあります。詳しくは後ほど説明します。
となると、そう簡単に処方してもらえるわけではなさそう・・・と思われるでしょう。確かに、病院の意向によって処方してもらえない場合も多いようです。しかし、葉酸の必要性に関しては厚生労働省も推奨するくらいですから、お願いして処方してくれる病院は増加傾向にあります。処方してもらいたい場合は、まず通院している産婦人科に相談してみましょう。

病院で処方された葉酸ってどんなもの?

病院で処方される葉酸は「フォリアミン」が一般的です。形状は、錠剤(フォリアミン錠)と粉(フォリアミン散)の2種類あります。
※ロイコボリンという活性型葉酸製剤もありますが、こちらは病気の治療目的以外での処方はまずありえないため省きます。
 

効能または効果

・葉酸欠乏症の予防および治療
・食事からの摂取が不十分な際の補給(妊産婦や授乳婦、消耗性疾患など)
・吸収不全症候群
・悪性貧血の補助療法
・「栄養性貧血」「妊娠性貧血」「小児貧血」「抗けいれん剤・抗マラリア剤投与による貧血」の内、葉酸の欠乏や代謝障害が関与する場合
・肝疾患やアルコール中毒による大赤血球性貧血
・再生不良性貧血
・顆粒球減少症

 

用法用量

成人の場合1日5~20mg(錠1~4錠、散0.05~0.2g)を2~3回に分けて投与する。
年齢や症状によって増減あり。

 

副作用

・過敏症
・食欲不振や悪心など
・浮腫
・体重減少
※ただし、副作用発見頻度が明確ではありません。

 

処方される葉酸にかかる費用について

病院で処方されるとなると、保険が適用されて安く手に入るイメージがあります。ですが、妊活や妊娠といった病気以外での処方の場合、保険適用外になります。薬として治療目的で処方されるのか、そうでないかによって保険の適用は違ってきますので誤解のないように!
ちなみに、価格については・・・
 錠の場合・・・9.6円/錠

 散の場合・・・59.8円/g(摂取量0.05gの場合、コストは2.99円)

となります。

【処方される葉酸と市販品との違いは?】

市販品との最大の違いは、「処方される葉酸は葉酸しか含まない」ということ。サプリメントのように葉酸の働きを助ける成分や、妊娠中などに必要な栄養素などは含まれていません。また、錠剤の場合1粒に5mg(5000ug)の葉酸が含まれています。妊娠中に摂取したい推奨量は1日400~480ugですから、過剰摂取の心配が出てきますね。
一応、1日の摂取上限は1000ugといわれています。吸収率を考えれば処方された葉酸の場合、あっという間に上限を超えてしまいます。葉酸の過剰摂取による「葉酸過敏症」を引き起こす可能性もゼロではありません。
オーストラリアの大学で研究されている内容によると、妊娠後期に葉酸の過剰摂取した場合、胎児の小児喘息のリスクが高まるとか・・・。リスク軽減のために摂取しているのに違うリスクを高めてしまっては意味がありませんよね。
ただ、葉酸による副作用はほとんどないともいわれており、過剰摂取した分は体外に排出されるだけという解説もあります。一概に「こうだ!」はいえませんが、少しでもリスクは低くしておきたいものです。

【結局どっちの葉酸がいいの?妊活中や妊娠中の場合は?】

一連の内容から判断するに、病気の治療や病気が原因で葉酸欠乏を引き起こしている場合以外は、市販品の葉酸サプリメントを使用した方が良さそうです。
コスト面から判断すると、どうなのでしょうか?
メジャーな葉酸サプリを例に、1日のコストを挙げてみましょう。

ベルタ葉酸 132円(税込)
オーガニックレーベル葉酸 132円(税込)
ママニック葉酸 126円(税込)
ベジママ 99円(税込)
はぐくみ葉酸 66円(税込)
ネイチャーメイド葉酸 10円(税込)
DHC葉酸 9円(税込)

※送料などは含まず、商品本体の価格のみ計算した結果です。
 
単に価格だけで比較すると、処方された葉酸の方がコストは低め。しかし、市販品のサプリの場合は葉酸以外にも必要な栄養素がバランスよく含まれています。妊娠時の女性に必要なのは葉酸だけではありません!ビタミンやミネラル、カルシウムや鉄分なども必要不可欠ですよね。そういった面も合わせてコストを考えれば、圧倒的に市販品の葉酸サプリの方が妊活中や妊娠中・授乳中の方に向いているといえるのではないでしょうか。

【まとめ】

いかがでしたか?病院で葉酸が処方されること自体知らない人も多かったと思います。しかし、実際のところは病気の治療目的で処方してもらう以外は、あまりメリットがあるとはいえません
これから妊娠を望む男女・妊娠中・授乳中の方は、ぜひバランスよく必要な栄養素を摂取できる市販の葉酸をご検討ください。中には、男性の妊活には欠かせないマカなどの成分も配合されています。必要に応じてサプリを選ぶことも、妊娠・出産・育児に向けた大切なプロセスですね。
 
※参考資料※
http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/MTX/05_ch4_MTX.pdf
http://www.nihon-pharm.co.jp/medical/Foliamin_Powder/(Foli_jyou_san_530277_3135001F1025_1_05.pdf
http://yousan-labo.jp/faq/

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.