・子供(赤ちゃん)と葉酸 *妊娠と出産について

葉酸が赤ちゃんに与える効果 ダウン症リスクを下げる理由

更新日:

KG162_350A

近年日本ではダウン症で産まれてくる赤ちゃんの確率が増えていると言われています。そしてダウン症にはふさわしい治療法がないというのが現状です。
では、ダウン症を予防することはできるのでしょうか。

ダウン症の原因とは?

まず、ダウン症とはどんな症状の事なのでしょうか。
ダウン症は染色体異常でおきます。各細胞にはそれぞれ2本ずつが対になった23組の染色体が遺伝情報を伝えるためにあります。この23組のうち、主に21番の染色体が2本ではなく、3本になることでダウン症は起こると言われています。その他にも、ダウン症の原因となる染色体異常として、21番の染色体が他の染色体にくっつくこと、また23組46本と23組47本の染色体を持つ細胞が混在することがあります。

ダウン症と葉酸の関係とは?

KG001_350A

現在多くの妊娠を希望する女性や妊娠中の女性がダウン症が予防のために葉酸を摂取するようになっています。葉酸を摂取することによって本当にダウン症を予防することができるのでしょうか。
葉酸は細胞を作る際に必要となるビタミンの一つです。ですから、葉酸が不足すると細胞分裂が上手くいかない場合があります。実際、ある研究によると葉酸を摂取している男性の精子と摂取していない男性の精子とでは30%も染色体異常が起こる可能性が低かったと報告されています。染色体異常のある精子が受精すると、奇形の原因になったり、流産の原因になったりしますから、この点でも葉酸の摂取はダウン症の症状の一つである奇形の予防になることがわかります。
また、受精卵は女性の体の中で細胞分裂を繰り返し、成長していきます。もしこの時に葉酸が不足してしまうと細胞分裂が上手くいかずに奇形や流産の原因になってしまいます。

葉酸でダウン症予防のまとめ

葉酸で完全にダウン症を予防できるわけではありませんが、少なくとも葉酸摂取によりダウン症の症状の一つである奇形を防ぐ確率は格段にあがります。ですから、女性だけでなく男性も双方が、妊活の際は葉酸の摂取がすすめられています。特に男性の染色体異常を防止し、女性の卵子を元気な状態にしておくために、妊娠の3か月前からの摂取を心がけるようにしましょう。

★あわせて読みたい

 

-・子供(赤ちゃん)と葉酸, *妊娠と出産について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.