くらしを豊かにする情報

知ってる?「葉酸欠乏症」という病気

更新日:

woman_img03
体の中で葉酸が不足したり、葉酸と結合して働くビタミンB12が不足すると「葉酸欠乏症」という病気になると言われています。
具体的にはどのような症状が起こるのでしょうか。

葉酸欠乏症の症状とは?

葉酸はビタミンB12と結合して血液、特に赤血球を作る働きをします。赤血球は新鮮な酸素を身体の隅々まで運ぶ働きをしています。
葉酸やビタミンB12が不足するとこの赤血球が上手く形成できないため、赤血球が巨大化し酸素を身体中に運べなくなってしまい、身体は酸欠状態に陥り悪性貧血になってしまいます。
また、葉酸は粘膜の形成を助ける働きもあるため、葉酸が不足すると口内炎にもなりやすくなります。舌が赤く腫れぼったくなることもあります。下痢や体重の減少などを引き起こす場合もあるので注意が必要です。
葉酸はビタミンMとも呼ばれ、メンタルをリラックスさせ、うつ症状の予防、軽減にも効果があることが分かっています。そのため、葉酸が不足することでうつ症状が出る場合もあります。
and_211941

葉酸不足になりやすいのはどんな人?

妊娠中の女性はその栄養分が胎児の成長に消費されるため、普段より二倍の葉酸が必要と言われています。
そのため、通常の食事を続けていると葉酸不足になりやすくなります。
また、胃や腸の一部を切除している人やアルコールをよく摂取する人は葉酸を吸収しにくいため、葉酸不足になりやすいと言われています。
このような特に葉酸の摂取意識するとよい方は、酸は熱に弱く壊れやすい栄養素のため、生の野菜や柑橘系のフルーツを食べると多くの葉酸を摂取することができます。

葉酸欠乏症のまとめ

葉酸欠乏症は普段から栄養のバランスの良い食事を心がけている方は罹りにくい言われていますが、妊娠中などの普通以上に葉酸の消費が大量に必要な時期には特に注意するべき症状と言えます。その時期には、普段の食事で必要量をすべて摂取することは難しいと言われていますから、サプリメントなどで不足分を補うことも一つの方法かもしれません。

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.