くらしを豊かにする情報

産後の肩こりには葉酸が効く?肩こりを内側から治す方法

更新日:

産後すぐは、赤ちゃんが生まれたことにより一変した環境に緊張して、肩こりは気にならない方が多いかもしれません。しかし、少し育児が落ち着いてくると、肩がとても凝っていることに気づきます。この時にはもう、肩はガチガチです。そのうえ、赤ちゃんは毎日大きくなっていますから、抱っこや沐浴時のママの肩への負担は、日に日に大きくなります。それに比例して、肩こりもどんどん悪化していきます。もともと肩こりがあった方も、もっとひどくなるかもしれません。

産後の肩こりは、赤ちゃんのことが優先になって後回しにしがちです。そうならないために、肩こりの予防方法や原因をまとめました。産後の肩こりに悩まされているママはぜひ参考にしてみてください!

産後の肩こりの原因

産後は慣れない育児と、授乳で肩こりに悩んでいる方が多くいると思います。夜中に、何度も授乳とオムツ交換を繰り返しているうちに、肩はパンパンに凝ってしまっているかもしれません。産後は、とくに肩こりが悪化する原因をまとめました。

授乳姿勢

授乳中は、授乳クッションや背もたれを使っても、まったく前かがみにならないというのは難しく、姿勢が悪くなりがちです。授乳を繰り返すうちに、少しずつ肩は凝っていきます。また。ミルク育児のママも、ミルクをあげる時に赤ちゃんを抱っこして哺乳瓶を持ってあげるので、前かがみになってしまいます。これが原因で肩こりが悪化してしまいます。

抱っこの仕方

まだ小さくて軽くても、首が座っていない赤ちゃんの抱っこはとても緊張しますよね。落とさないように、苦しくないようにそっと抱っこしますが、これも肩こりの原因の一つです。緊張することで肩周りの筋肉がこわばります。そのうえ、慣れない新生児の抱っこで無理な姿勢になってしまうことも、肩こりを悪化させます。

睡眠不足

睡眠不足でも肩こりになります。これは睡眠障害での慢性的な寝不足の場合があてはまりますが、産後のママも慢性的な寝不足状態ですのであてはまります。何度も夜中に起きると、体を活動させる交感神経が活発になり、寝ていても体は休まらずに筋肉が緊張状態になります。授乳で副交感神経が優位に立つと言われることもありますが、赤ちゃんが少し動いた音でも目が覚めるくらい、産後のママは敏感になる方が多いので、交感神経が常に優位になっていると考えられます。ぐっすり寝られるようになったら、授乳の回数も減るので、肩こりが改善していくこともあります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが安定していた妊娠中とは変わって、産後はホルモンバランスがもとの働きを取り戻すまで乱れることが多いです。ホルモンバランスが乱れると、冷え性やめまい、肩こりなどの症状が強く出てきます。これは自律神経が乱れることで起きます。

慣れない授乳で肩こりを悪化させないためは?

授乳時に、肩への負担を減らすためには3つの方法があります。

①授乳クッションを使って授乳する
②左右の回数が同じになるように授乳する
③姿勢が悪くなりすぎないように意識する

この3点を意識するだけで、肩の負担が減り、肩こりが少し楽になると思います。授乳クッションは、妊娠中からずっと使えるものもありますが、妊娠中に毎日使っていた場合、クッションは潰れて高さがなくなっていることもあるので注意しましょう。クッションは赤ちゃんとママのおっぱいが同じ高さに来るように調節するとより効果的です。クッションで足りない時は、タオルやブランケットなどを挟んで調節すると良いです。

左右の回数が同じになるように授乳するのは、母乳の出に左右差がない場合にはできますが、どちらかはよく出るけれど、どちらかは出が悪いと言った時には難しい方法です。姿勢が悪くなりすぎないように意識するだけで、背筋が自然と伸びてきます。しかし、背筋を伸ばすと授乳はしにくくなるかもしれません。

肩こりが酷くなると起きる症状

肩こりが酷くなっていくと、肩以外の場所にも症状が出てきます。例えば頭痛や吐き気、めまいが起きます。もっとひどくなると、手足のしびれも発症しますし、肩が痛くなって睡眠障害を起こすこともあります。これらの症状は、肩こりが治ると改善します。頭痛がひどくて病院に行ったところ、「原因は肩こり」と言われた、という事例もたくさんあるそうです。他の症状が出る前に、肩こりの悪化食い止めましょう。肩こりが原因で起こることがある症状はこちらです。

肩こりによる頭痛

肩こりによっておこる頭痛は、緊張型頭痛であることが多いようです。ストレスが原因で肩こりも頭痛も起きている場合は、偏頭痛であることもあります。緊張型頭痛は、肩こりが良くならないと治りません。毎日頭痛に悩まされている方も多くいます。鎮痛剤を飲んでも、すぐに痛みが戻ってきてしまいますので、根本解決できるように、肩こり対策をしましょう。

吐き気やめまいがすることもあります

ストレスによって、自律神経が乱れて肩こりが起きている場合は、自律神経失調症などの可能性があり、吐き気やめまいなどの症状が出ることもあります。単に、肩の筋肉が凝り固まっているだけでも、血流が悪くなり吐き気やめまいを引き起こすこともあります。

肩こりの予防方法

肩こりは予防することが大切です。肩が凝ってしまっても、それ以上悪化させないこともとても重要です。肩こりを予防するために効果が期待できる改善策はこちらです。

適度な運動をする習慣を作る

運動をする習慣がない方は、肩こりになりやすいです。まして、産後のママは特にそうです。妊娠期間中は十分な運動はできずに、出産で体力を使い、回復する前に育児がスタートするわけですから、運動している暇はないですよね。なので、肩回しを癖になるくらい、続けるだけでは効果は期待できますので、簡単なことから始めましょう。

また、ラジオ体操も肩こりの緩和を期待できることが多いです。今はスマホなどで、いつでもユーチューブなどの動画で観ることがでるので簡単です。誰でも知っているので始めやすいですよね。授乳中のママは、これから赤ちゃんが大きくなると、より抱っこの時などに負担が増えるので、今のうちにケアしておきましょう。

入浴時間をゆっくりとって体を温める

産後すぐは感染の危険があるので、医師のOKが出るまでは入浴できませんが、産後の経過に問題がなく入浴許可が下りたら、できるだけお湯に浸かるようにしましょう。赤ちゃんをみてもらえない方も、赤ちゃんも生後1か月からは大人と一緒に湯船にも疲れるようになることがほとんどなので、赤ちゃんの沐浴時にママも温まりましょう。

ビタミンやタンパク質を多く摂る

肩にたまった乳酸を代謝するためには、ビタミンやタンパク質をしっかり摂って、代謝を上げることが重要です。また、ビタミンやタンパク質が不足すると血液循環も悪くなり、肩こりがもっと悪化しますので注意が必要です。

肩こりになるのは栄養が不足しているから?

肩こりは姿勢が悪いから起こるものだと考えている方が多いと思いますが、実は原因はそれだけじゃありません。栄養不足も肩こりを引き起こし、悪化させる要因の一つです。なぜ栄養不足が肩こりに影響しているのかは、こちらをご覧ください。

  • 栄養不足で血液がドロドロになり血流が悪くなるから
  • 代謝が悪くなり肩周りに乳酸がたまってしまうから
  • 免疫力下がり炎症が起きやすくなるから
  • 疲労がたまるから

これらの症状を緩和させるためには、栄養バランスの整った食事をすることが大切です。しかし、産後間もないママは毎食しっかり手作りして食べるのはとても難しいことだと思います。

そのうえ、授乳中は母乳に栄養がたくさん持っていかれてしまうので、より栄養価の高い食事が必要になってきます。必要な栄養素を全部食事からとろうと思った場合には、精神的にも大きな負担になってしまいかねません。そうならないように、効率よく栄養をサポートしてくれるサプリメントがオススメです。

産後すぐから飲める肩こりの改善をサポートするサプリメント

内側から肩こりを治したい方は、ビタミンが豊富なサプリメントを飲むことをおすすめします。なかでも、産後すぐの授乳期でも飲める葉酸のサプリメントが良いと思います。葉酸は母乳の質を上げますし、ママの免疫力も上げます。血液もサラサラにしますし、冷え性対策にもなります。なので、肩こりに悩んでいるママは、葉酸サプリメントで対策をしてみてはどうでしょうか!肩こりは肩だけの問題でないこともあるので、なぜ肩こりが起こっているのがしっかり見極めましょう。そして、肩こりの悪化を防ぎ、育児での疲れがたまらないように気を付けましょう。

 

★あわせて読みたい

 

参考HP:
簡単診断! 女性ホルモンバランスの不調タイプを知る! 特集 - セラピスト
http://www.therapylife.jp/special/2013/01/woman.php
【医師監修】ビタミンが効果的!肩こりの緩和が期待できる食べ物・食
http://www.skincare-univ.com/article/012130/
肩こり 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=katakori

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.