*妊娠と出産について

安眠促進!妊娠中の仰向け寝対策方法

更新日:

ws000126

 

妊娠中に、仰向けで寝たいけれど呼吸が苦しくて寝られない。
仰向けだと腰がそって腰痛になってしまう、何かいい方法ってないの?
こんな声にお答えしたいと思います。

お腹が大きくなると息苦しいのは何故?

そもそもお腹が大きくなると立っていても寝ていても息苦しくなるのは何故でしょうか。
これは、赤ちゃんが子宮内で育つ事により、子宮は大きくなります。
その大きさは、お母さんが横になると心臓の静脈を圧迫する程。

静脈は心臓に血液を送り返すポンプの役割をしていますので、ここが圧迫されますと、
お母さんはめまい、立ちくらみ、苦しさを感じるのです。
これを医学用語で仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群と呼びます。

主に仰向けで寝ているお母さんによくみられます。
静脈の位置が調度背中の右下に当たり、これが子宮に圧迫されるからです。

昔は、お腹の中の赤ちゃんが苦しいから仰向けにねるとお母さんも苦しくなると
言われて来ましたが、それは関係がない事が判ってきました。

仰向けで寝るクセのつくお母さんは、この他にも、そり腰になりやすい人も
中には居て、腰痛に悩まされる事もあります。

張り出したお腹を支えるためなので、余程下腹と内腿、背中の下の部分にあたる広背筋が、
鍛えられていないと、ぎっくり腰になってしまう事もあります。

こうした要因を取り除く為に、お母さんが安眠するためには、どの様な対策が必要なのでしょうか。

体圧を分散させる、抱き枕を買う

a6e908dad8a5f5ebb9055a94bb953407404eff2b.13.2.9.2

ただ仰向けに寝ているだけでは、お母さんも苦しいので、対策としては、横向け、
それも静脈を圧迫しない左向けに寝る事です。

寝ている間に、息苦しくなり位置を変えたいお母さんもいるでしょうから、その時は抱き枕を使用してみてください。
できれば、看護婦さんや介護士さんなど、一日中立ちずくめの仕事をされている方から定評のあるものを値段が張ってもいいので選ぶといいでしょう。

体圧が、抱き枕に分散される事により、体に無意識に入った力が抜けて眠れると思います。
いかがでしたでしょうか。
妊婦さんの仰向け寝は、妊娠6ヶ月を過ぎると、全力疾走したかの様に動悸が止まらなくなる人も居ると聞きます。
自らの健康と安眠を守ってこその赤ちゃんですので、安眠時間確保の為に、睡眠は大事にしましょう。

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-*妊娠と出産について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.