葉酸+その他の成分

妊婦さん必見※葉酸とビタミンの関係性

更新日:

o100010001285236345337

妊娠中の方は葉酸の摂取を心がけている方も多いことでしょう。葉酸は胎児の発育を促し、奇形を予防する効果があるとして厚生労働省も摂取を積極的にすすめている栄養素です。しかし、胎児にとって必要な栄養素はもちろん葉酸だけではありません。葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。つまりたくさんあるビタミンの中の一つに過ぎません。胎児が必要な効果を発揮するビタミンは他にもありますし、胎児にとって摂りすぎると良くないビタミンもありますから、注意することが必要です。

摂取すべきビタミン

まず葉酸と共に是非とも摂って頂きたいビタミンがビタミンB12です。葉酸はビタミンB12と共に摂取することで初めてその効果を全うします。また、ビタミンB12が不足すると、胎児は神経系の機能や赤血球の生産が上手くいかず奇形の原因となりかねません。また、母体も貧血を起こしやすくなります。またビタミンCもビタミンB12と同じく葉酸と一緒に摂ることで葉酸の働きを活発にしてくれる効果があるようです。

次にビタミンB6。妊娠初期のつわりやイライラを軽減する効果があると言われています。またビタミンB6もまた胎児の奇形を予防するとも言われています。もし、つわりがきついようであれば、このビタミンB6を含んだサプリを飲んでみると良いかもしれません。

 

摂り過ぎ注意のビタミン

hatena

摂取のし過ぎに気を付けなければいけないビタミンがビタミンAです。葉酸やビタミンB12、B6、Cが水溶性のビタミンなのに対し、ビタミンAは脂溶性のビタミンです。つまり、水溶性ビタミンのように摂りすぎても尿や汗となって外には出てくれず、身体の中に溜まっていってしまいます。そのため、妊娠初期のビタミンAの摂りすぎにより、胎児が奇形になる可能性が高まるという意見もあります。しかし、ビタミンAもまた胎児の成長には欠かせない栄養素ですから、全く避けるのではなくバランスよく摂取するようにしましょう。それは、他のビタミンにも共通して言えることです。いくら水溶性ビタミンで胎児の発育に欠かせないからといって、摂りすぎてしまうと吸収しなければいけない分まで排出されてしまうことにもなりかねません。

attentionサプリメントを選ぶ際もこれらのビタミンがバランスよく配合されているもの選び、分量通り飲むようにしましょう。

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-葉酸+その他の成分

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.