葉酸+その他の成分 食事・飲み物から葉酸を摂るには?

漢方は妊娠中でも大丈夫?妊活・妊婦・産後・授乳別に効果を解説!

更新日:

植物の根や葉などを利用した漢方なら、妊娠中でも飲めると思っている人が多いのではないでしょうか。

漢方の元となる植物にはさまざまな成分が含まれており、頭痛や冷え性などの症状をやさしく緩和します。妊娠中の血行促進や造血などの効果を期待して、漢方を使用されている方もいらっしゃいますし、葉酸のサプリメントを使用されている方もいらっしゃいます。似たような効果が期待されるこの二つですが、なにかその効果に違いがあるのでしょうか?

一方で、漢方薬は刺激の強さや副作用が心配される成分が含まれている場合もあります。そのため、これから妊娠を希望している人や、現在授乳中であるママが適当に選んで飲むのは危険です。時期に応じてどれなら飲んでも大丈夫なのか、また効果的な漢方薬について調べてみました。

 

そもそも漢方ってなに?漢方の効果って?

漢方の歴史は2000年前にものぼり、日本に漢方が流通したのは5世紀頃。中国の伝統医学を日本の風土や気候・体質にあわせて、独自発展をしながら伝統医学となりました。実際に様々な医療でも使用され、中医学の第一として高く評価されています。

漢方薬は、薬効を持った自然界にある植物や鉱物などを複数組み合わせて作られます。生薬によって効果がまったく違い、組み合わせ方で効果が強まったり弱まったりするため、長い月日をかけて副作用などの研究をおこなってきました。主に植物成分から作られているので、化学的に作られた薬よりも安心して使用できる。という方も多いようです。なので、種類が本当にたくさんありますので、症状によって種類を変えることができたりと… 万能薬には間違いありません。

漢方薬は病名によって薬を変えるのではなく、その時の症状や体質にあわせて処方されます。

たとえば、風邪気味でも寒気がするなら葛根湯(葛根湯)。下痢が止まらないなら柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)と、同じ風邪でもその時の症状で処方される漢方が違います。妊婦への効果としては、つわりを抑えてくれる漢方があったり、・安産のために使用される漢方があったり、さらには、不妊治療として使用される漢方もあるようです。

しかし、漢方薬に使われる植物や鉱物は、自然由来なので健康への影響が少ないと思いがちですが、妊娠中や産後などに服用すると刺激を強く受けてしまう種類もあります。

これから妊娠を考えている人も、飲む時は効果や副作用のことを少し覚えておきましょう。

 

漢方は数十種類もある!妊活に効果的なのは?

妊活で大切なのは「妊娠しやすい体づくり」。クリニックの不妊治療でも、漢方薬を使い体質改善がおこなわれることが多くあります。

漢方といっても何十種類もあり、妊活をサポートするさまざまな作用があるんです。漢方薬にはどんな効果があるのか、いくつか紹介しますね。

  1. 子宮や卵巣へ血液が運ばれない症状を緩和(当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)など)
  2. 血行促進で体の冷え性を改善(桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)など)
  3. 月経不順や量が少ないなどの症状を改善(温経湯(ウンケイトウ)など)
  4. 自律神経のコントロール調整(香蘇散(こうそさん)など)

 

婦人科や産婦人科では、体質や症状にあわせて妊娠をサポートしてくれる漢方を処方します。効果を高めるためにも、自分の体質をしっかりと知っておくことが大切です。

 

妊娠中でも服用OK?漢方は注意が必要

妊娠がわかったら、飲み薬には注意しましょう。ママが口にするものはすべて赤ちゃんへ影響します。

風邪薬や便秘薬など、子宮収縮作用のある成分が含まれている可能性があります。流産や切迫早産などの心配もあるので、産婦人科から処方された薬以外は飲むのをやめましょう。

たとえば、漢方薬で有名な葛根湯。風邪のひきはじめに効果があることから、ドラッグストアでもウイルス感染しやすい時期は目立つ場所に設置されます。

葛根湯は“妊娠中でも飲める”という言葉を、たまにサイト内で目にするときがあります。この話は事実なのか、気になったので薬剤師さんへ直接「妊娠中の葛根湯について」聞いてみました。

薬剤師さんから、このような回答がありました。

妊娠中、授乳中などへの投与は安全性が確立していません。治療上の有益性が危険性を上回ると医師や薬剤師に判断された場合のみに投与してください。つまり、「薬剤師によって葛根湯に対する意見が違う」ということです。

漢方は自然界に生息している植物が原料となるため、一見すると副作用がないように感じます。しかし、便秘薬にも含まれるセンナは腸のぜん動運動を活発にする働きがあるため、妊娠中の服用は禁止です。

このように、妊娠中に飲むと刺激の強い成分も漢方には含まれている場合があるため、絶対に独断で服用することは避けましょう。

 

妊活・妊娠中なら漢方より葉酸がおすすめ!

妊娠しやすい体質づくり、妊娠中のママと赤ちゃんの健康をサポートするため、厚生労働省では「葉酸」の摂取を推奨しています。漢方薬とは違い、葉酸は妊活や妊娠中でも安心して体内へとり入れられる成分です。

葉酸不足になると、ママや赤ちゃんにはこんなリスクが出てしまうことがあります。

  • 赤血球が不足しめまいや立ちくらみなど悪性貧血へ
  • 赤ちゃんの神経管閉鎖障害など

 

葉酸を体内へとり入れることで、血中の酸素が増え体中に栄養が運ばれます。妊娠しやすい体質やお腹の赤ちゃんにたっぷり栄養が行き渡ります。

葉酸は食べ物にも含まれる栄養素ですが、吸収率と加熱に弱い成分のため食事から補うのは不十分です。厚生労働省でも、サプリメントで足りない分をカバーするべきとしています。

 

産後や授乳中なら漢方の影響がない?

出産を終えた体は、思った以上に精神面や肉体面が消耗されています。免疫力が下がりウイルスに感染しやすい時期でもありますが、妊娠中と同じく産後や授乳中は独断で漢方薬を服用するのはやめましょう。

風邪を引いたり悪露が続くなどを病院へ相談すると、体にあわせて服用しても大丈夫な漢方薬などを処方してくれます。

十数十種類もある漢方の中で、とくに気をつけてほしいのが大黄(ダイオウ)です。おもに便秘薬に含まれている漢方で、ママが服用した大黄の摂取量が多くなると母乳に成分が混ざり、赤ちゃんが下痢などの症状を患ってしまう可能性があります。

このように、身近な漢方でも赤ちゃんへ影響してしまう場合があるので、服用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

 

漢方のデメリット

130211mylohas_herb_medicine_diet-thumb-640x360-51928

・本来の漢方は、その人にあったものを専門医に調合してもらうからこそ効果があがりますので、値段が少し高くなってしまうのも事実です。
(薬局でも販売してはいますが、薬局で売ってるものは万人に合うように調合してますので、人それぞれ効果に差がでてしまいます。)

・東洋医学のように、「病気を治す」という即効性のあるものではありませんので、
前もって使用し、体を健康に維持するこことが目的となっており、その効果は、3ヶ月飲み続けることで表れる。とも言われています。

まとめ

漢方薬といえば安心というイメージが強く感じていた人も多いと思います。これから妊娠を考えている、妊娠・産後の人は服用に注意が必要です。漢方は副作用の心配が少ないのですが、薬であることを忘れないようにしましょう。

また、漢方薬の効果は本物ですが、①飲み始めたばかりでまだ効果がでていない ②良い漢方の専門医が見つからない などで困っている方は、葉酸サプリを試してみるのもありだと思います。

★あわせて読みたい
安心で安全なおすすめの葉酸サプリはこちらから♪

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-葉酸+その他の成分, 食事・飲み物から葉酸を摂るには?

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.