☆妊娠中の葉酸 葉酸+その他の成分

妊娠中の酵素ドリンクはNG?妊婦さんに酵素より葉酸をオススメの理由

更新日:

野菜や果物などに含まれている酵素は、便秘解消や美肌などさまざまなうれしい改善に役立ちます。手軽な酵素ドリンクを愛飲している人も多いのではないでしょうか。選ぶ時、何に重視していますか?価格・成分・飲みやすさなど、人それぞれ選ぶ基準が違いますが、妊娠中は飲みやすいからといって甘みの強い酵素ドリンクはおすすめしません!

また、酵素をとり入れることも大事ですが、妊娠サポートに欠かせない葉酸はもっと大切な栄養素であることはご存じですか。酵素と葉酸は妊娠中にどんな効果を与えてくれるのか、これから詳しくお伝えします。

そもそも酵素とは?どんな効果があるのか

酵素は、話す・食べる・歩く・考えるなど生きるために必要なすべての行動で消費されるタンパク質です。体内で生成されるほか、食べ物からとり入れられます。

たとえば、ご飯を食べた時に胃腸内で消化されるときも酵素が使われます。体内酵素が不足すると、消化不良を起こし基礎代謝が低下。それにより血行不良や便秘、太りやすい体質をつくってしまうのです。

体内には消化・代謝酵素の2種類あり、産まれたときから体内生成される量は決まっているといわれています。酵素は生きるために必要ですが、食生活の乱れや年齢により生成される量はどんどん減ってしまいます。

このままだと病気を発症しやすくなってしまうため、食物酵素をとり入れて足りない分をカバーしなくてはいけません。

おもに生野菜や果物などに多く含まれており、加熱するとほとんどの酵素は破壊されてしまいます。野菜などをたくさん食べているつもりでも、思ったよりも体調が優れないのは食物酵素がしっかり吸収できていない可能性があります。

そこで、食物酵素を効率よく吸収できると話題なのが酵素ドリンクです。さまざまな野菜や果物などが使われているので、しっかり栄養補給ができます。

 

妊娠中に酵素ダイエットをしても大丈夫?!

HT023女性の間で、デトックスもでき、便秘解消などの効果もある酵素ダイエットが人気です。基本的には酵素は食品ですから、母体やお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。しかし、酵素ドリンクの種類も千差万別で、添加物だらけのものや糖分が多く含まれているものもありますから注意が必要です。添加物だらけのものですと、身体の中にもとからある必要な酵素まで排出しまうことがあります。また、ダイエットのために飲んでいても、糖分が多く含まれているものを選んでしまうと、逆に肥満になってしまう場合もあります。

妊娠中、つわりが落ち着く頃になると食欲も回復してきます。お腹の赤ちゃんにも元気よく育って欲しいのでついついたくさん食べ過ぎてしまう、というのはよくあることです。しかし、そこで怖いのが妊娠中毒症です。妊娠中毒症になると早産や未熟児などの危険性もあります。そのため検診際に医師から少し痩せるように指示される場合もあるでしょう。その際に、妊娠中の無理なダイエットは流産や胎児の発育に悪影響が及ぶ危険性もありますから十分注意が必要です。

酵素ドリンクって妊娠中に飲んでも良いの?

妊娠中は口にする物すべてに気をつけている人が多いと思います。便秘やホルモンバランスを落ち着かせる、デトックス効果など妊娠中にとってうれしい効果がたくさんある酵素ドリンク!

酵素ドリンクは自然由来の植物が原料となるため、妊娠中に飲んでもとくに問題はありません。もちろん、お腹の赤ちゃんにも影響の心配がないため、栄養補給のために多くのママたちに愛飲されています。

ただし、妊娠中の酵素ドリンクで気をつけて欲しいことがひとつあります。それが“ファスティングイエット”です。

ファスティングダイエットとは?

ファスティングという言葉はあまり聞き慣れないママも多いと思いますが、「断食・置き換えダイエット」ならご存じではないでしょうか。

断食といってもお坊さんの修行みたいに、1週間以上など長い期間ではなく約3日の短期間です。1日と3日目は体を慣らす期間、2日目は酵素ドリンクだけで3食を過ごします。

胃腸内を一度リフレッシュすることで、便秘や体調改善ができることから人気のダイエット法です。妊娠中にこの方法をおこなってしまうと、赤ちゃんが栄養不足など悪影響を与えてしまいます。

妊娠中はファスティングではなく、健康状態を見ながら朝だけ酵素ドリンクに置き換えるなど、体に負担のない飲み方にしましょう。

 

妊娠中に酵素ドリンクを選ぶ注意点は?

酵素ドリンクで検索すると、いくつもの種類がヒットします。あまりの多さに、どれが効果的で飲みやすいのか迷ってしまいますよね。

妊娠中に酵素ドリンクを飲むなら、コスパより配合成分を一番にチェックしましょう。

  • 水で薄めていない純度の高いもの
  • 保存料や香料など添加物が含まれていない
  • 野菜だけではなく野草などの材料も豊富

酵素ドリンクの配合成分を見てみると、○○シロップや保存料などの成分を含んでいることが多いんです。飲みやすくするため砂糖やシロップなどを使って甘さをつけていますが、添加物は体内酵素をムダに消費させるなど良いことがありません。

また、配合成分のほかに安全性の高さも重視しましょう。

  • 残留農薬や放射線量の検査をしている
  • 使われる食材の産地がわかる

安全性を求めるなら、やはり国内で生産された食材が安心です。残留農薬に対しての基準も厳しいため、妊娠中でも不安なく飲めます。

飲むなら完全無添加の酵素ドリンクでカバーしよう!

数ある中で妊娠中におすすめなのが「優光泉」です!先ほど紹介した、酵素ドリンクの選び方をすべてクリアしています。

優光泉は、モンドセレクション2年連続(2015・2016)優秀品質銀賞を受賞しています!たまごクラブをはじめ、さまざまな雑誌でも紹介されている妊婦にやさしい酵素ドリンクなのです。

優光泉は「水で薄めていない原液100%、各種液糖(砂糖やハチミツなど)一切加えていない完全無添加」です。もちろん、安全を考えて国産100%の60種類の植物を使用しています。

優光泉は体内から健康をしっかりサポートしてくれます。

実は妊娠したら酵素より葉酸の方が大切なんです!その理由は?

GW192
葉酸は、妊娠中胎児の発育を促進してくれ、奇形を予防してくれる上にダイエット効果も認められている栄養素ですから、一石二鳥で妊婦さんには嬉しい栄養素です。妊娠中に悩みとなりやすい便秘や冷え性も緩和してくれますし、新陳代謝を促進する為、美肌効果もあります。また、妊娠中は特に貧血にも気をつけなければいけませんが葉酸は貧血の予防にもなります。

酵素は、妊娠中に必要な栄養素にプラスして摂り入れるダイエット法ですが、葉酸の場合は、妊娠中に必要な栄養素として多くの方がすでに摂り入れている栄養素です。絶食などではなく、バランスの良い食事を心がけながら、妊娠中のお母さんにも赤ちゃんにも必要な栄養素を意識的に摂り入れることで健康的なダイエットにもなります。妊娠中のダイエットは、栄養不足や過度の負担をかけない為に特に注意が必要ですから、まずは葉酸を必要量しっかり摂取することをオススメいたします。

葉酸は体内で合成されない成分のため、食物やサプリからとり入れなくてはいけません。

厚生労働省が葉酸を妊娠中に必要な栄養成分と推奨しています。その理由がこちらです。

  • 血液中の赤血球を増やす(血行促進効果)
  • 正確なDNA生成するサポート
  • アミノ酸やタンパク質の合成を促進

葉酸は細胞分裂をサポートするため、二分脊椎や無脳症といった先天性リスクの確率を下げる働きがあります。また、つわりや妊娠中に起こりやすいさまざまな病気の発症率を下げる働きもあります。

酵素と同じく葉酸も加熱に弱いため、食材からだと吸収量が不十分です。妊娠中は通常より体内へとり入れる目安量が多いため、足りない分は葉酸サプリでカバーしましょう。

まとめ

妊娠中はママ自身の健康のほか、赤ちゃんの成長をサポートする栄養成分にも注目しましょう。酵素も大切ですが、葉酸は厚生労働省も推奨している成分です。

葉酸は妊娠中に多い悩みである貧血や便秘予防、不正出血などさまざまな症状を緩和してくれますよ。

 

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-☆妊娠中の葉酸, 葉酸+その他の成分

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.