くらしを豊かにする情報

妊娠6か月を超えた妊婦さんはインフルエンザの予防接種はできないの?

更新日:

妊娠中は、飲める治療薬が限られるので、インフルエンザや風邪には注意したいですよね。風邪ならば、漢方薬と休息で回復することも多くありますが、インフルエンザは症状が出てから48時間以内に抗ウイルス薬を飲むことが、最も有効とされている治療方法です。

しかし、インフルエンザの抗ウイルス薬は妊娠していても飲めるのか、不安に思いませんか?インフルエンザにかかって、不安で苦しい夜を過ごさないためには、インフルエンザの予防接種を受けることが重要です。しかし、出産時期との兼ね合いで予防注射ができない場合があることも。

妊婦さんはインフルエンザの予防接種は打てるのか?予定日の近くに接種して副反応が出た場合はどうなるのか?などの妊婦さんが受けるインフルエンザの予防接種についての不安点、疑問点をまとめましたので参考にしてみてください!

妊婦さんでもインフルエンザの予防注射を摂取できるの?

妊婦さんでもインフルエンザの予防接種は受けることができます。インフルエンザの予防接種は不活性型ワクチンなので、重篤な副作用はないと言われているからです。

妊婦さんは、妊娠していない方と違って、免疫力が落ちているのに、大丈夫なの?と、心配される方もいると思いますが、不活性型ワクチンというのはウイルスの毒素が抜かれているので安全性が高いとされています。

インフルエンザ予防接種は厚生労働省が妊婦さんを優先接種対象にしています

厚生労働省は、妊婦さんはインフルエンザの予防接種を、優先摂取できるとしています。世界の健康増進や保健について喚起するWHO(世界保健機構)も、世界的に妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受ける優先対象だと発表しています。

なぜならば、妊婦さんがインフルエンザにかかると、重篤化する可能性が高いと言われているからです。受ける機関は、かかりつけの内科医、妊婦健診で通っている産婦人科などで接種できます。

まずは、妊婦健診で医師に相談して、どこで、いつ接種するかを決めましょう。

妊娠初期、中期、後期いつでも摂取して大丈夫?

妊娠の経過に問題がなく、持病がない場合はインフルエンザの予防接種をうけることができるとされています。

インフルエンザの予防接種で胎児に異常が起こる例は報告されていないと言われ、近年の医療では、インフルエンザの予防接種はとても安全な予防接種と認識されています。不活性型ワクチンなので、副反応もほとんどないようですが、まれに、もともとの体調がすぐれなかった場合などに発熱などの副反応が出る方もいます。これはワクチンを打つことによって体はインフルエンザにかかっている状態なので、そのような反応が出る場合があります。

また、気を付けてほしいのは、インフルエンザの予防接種を受ける病院の待合室で、風邪やインフルエンザを移されてしまう可能性があることです。そうならないために、インフルエンザなどが流行りだす前の早めの接種がオススメです。インフルエンザの予防接種の効果は、接種後2週間後で出て、4ヶ月ほど持続すると言われています。なので、インフルエンザ流行のピーク時にしっかり免疫が完成しているように計画を立てて、病院が混まない早い時期に予防接種を受けましょう。

妊娠6か月を過ぎたらインフルエンザの予防注射はできないの?

インフルエンザの予防接種は胎児に影響がないと言われていますので、妊娠6カ月を過ぎた時期でも接種できます。ただ、出産予定日に近い場合は、産後に接種することを医師にすすめられるかもしれません。それは、出産予定日近くにインフルエンザの予防接種を受け、副反応で発熱などの症状が出てしまったら、出産時の負担になってしまうかもしれないからです。

妊娠6ヶ月は安定期に入り、外出することも増えてきますよね。そうなるとインフルエンザのウイルスをもらう可能性も高くなってしまいます。つわりも落ち着いている方が多いと思うので、予防接種を受けようと考えている方は、安定期のうちに摂取するのが良いでしょう。

インフルエンザの予防接種を受ける際には、妊婦健診を受けている産婦人科医に相談してからにしましょう。

インフルエンザワクチンの胎児へ影響は?

お母さんがインフルエンザの予防接種を受けても、胎児に影響を及ぼさないと言われています。しかし、知っておいてほしい点が1つあります。

それは、インフルエンザワクチンの保存剤に水銀が使われていることです。日本人が1日で摂取する水銀の半分の量とされていますが、胎児に水銀が移行しないのか不安になってしまいますよね。

この保存剤の水銀は、安全性に問題はないとされています。大丈夫と言われても気になる方は、水銀の保存剤が入っていなインフルエンザワクチンを選ぶこともできます。これは、主に妊婦さんに使うものなので、産婦人科での取り扱いになります。内科でこの予防接種を受けたい方は、医師に相談してください。

インフルエンザの予防注射は妊婦さん以外の家族も接種すべき?

妊婦さん以外の家族の方も、できればインフルエンザの予防接種を受けたほうが良いです。なぜなら、家族がインフルエンザにかかってしまうと、妊婦さんもインフルエンザにかかる確率は上がります。

もし、子供がインフルエンザになってしまった場合は、母親である妊婦さんが面倒を見ることが多いと思います。そうなると、やはり、うつってしまうケースが多いでしょう。そうならないために、家族もしっかりとインフルエンザの予防に気を付けましょう。

また、予防接種が何らかの理由でできない場合は、他の方法で予防を徹底しましょう。おすすめの予防方法を5つご紹介します。

1、不要な外出は控える
2、うがい、手洗いの徹底
3、家の中の掃除をしっかりして、衛生管理を整える
4、ドアノブや電気のスイッチなど、みんなが触る場所を消毒する
5、鼻紙などのごみは、出るたびにビニール袋に入れて縛る

授乳中でもインフルエンザの予防注射はできるの?

授乳中でもインフルエンザの予防接種は受けられます。母乳に移行して赤ちゃんに影響するということはほとんどないようです。

もしも心配で、予防接種の後に母乳を一時ストップしたいと思ったママがいましたら、これをきっかけに母乳をやめるのではなく、搾乳して落ち着いたらまた母乳を再開するのが良いと思います。

卵アレルギーの妊婦さんでもインフルエンザの予防注射はできるの?

卵アレルギーの方でも、基本的にはインフルエンザワクチンを接種することができます。

しかし、重度の卵アレルギーの方はアレルギー症状が出る可能性がないとは言い切れません。

インフルエンザワクチンは、発育鶏卵を使用して製造されます。なので、まれに鶏卵の細胞がワクチンに入り込んでしまっていて、卵アレルギーの症状が出てしまうことがあります。

もともと卵アレルギーを持っている妊婦さんの場合は、それほど重度なアレルギーじゃなかったのに、妊娠で体質が変化している可能性があります。

問題が起きないことがほとんどではありますが、念のため、卵アレルギーの方は、医師にアレルギーがあることを伝えましょう。

妊婦さんがインフルエンザにかかってしまった場合、胎児に影響はあるの?

妊娠中は免疫力が下がるので、気を付けていてもインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。妊婦さんはインフルエンザが重篤化してしまう可能性が、一般の方より高いと言われています。

インフルエンザが悪化して、肺炎などの合併症をおこし、高度な治療を受けられるICU(集中治療室)に入院することになった妊婦さんもいるそうです。

しかし、胎児にインフルエンザのウイルスが移ることはほとんどないと言われています。ですが、季節性のインフルエンザで、胎児にウイルスが感染してしまったことがあったようです。

季節性のインフルエンザとは、毎年冬に流行するインフルエンザのことです。老人や持病のある方意外は、命が危なくなるほど重篤化しないことが多いと言われています。そうなってしまう可能性は低いですが、100%安心はできないので、できるだけ早く回復できるようにしましょう。

妊婦さんがインフルエンザになったときの治療法や使える薬は?

妊婦さんがインフルエンザになった時の治療方法は、妊娠していない方たちと同じように投薬治療を行います。

ひと昔前は、妊婦さんはほとんどの薬がつかえないとされてきましたが、近年は妊娠していても十分な治療ができるだけ使える薬が増えています。インフルエンザの治療薬も同様で、使えるものもあります。

インフルエンザの特効薬のタミフル・イナビル・リレンザ・カロナールなど妊婦でも飲めるの?

インフルエンザの治療に良く使わる薬の、妊婦さんの使用についてまとめました。

タミフル

妊娠初期にタミフルを服用した妊婦さん86人から、先天性異常がある赤ちゃんが生まれたのは1人という研究結果があります。この先天性異常も、タミフルが原因であるとは言い切れないようです。実例数が少なく、結論は出せないですが、タミフルは妊娠中に飲んでも大丈夫な薬とされています。

イナビル

日本は妊婦さんの薬の研究についてはとても遅れています。なぜなら、妊娠中の方に、薬を試しに飲んでもらうことができないからです。特にこのイナビルは、妊婦さんが使った例が少なく、安全性は未知数と言われています。しかし、実際には処方されることも多く、インフルエンザの治療にイナビルを使用している妊婦さんは、たくさんいるようです。

リレンザ

リレンザは吸入での使用になるので、薬は血液ではなく主に肺に入ります。なので、胎児への移行はとても少ないと言われています。吸入時に口の中に薬が入ってしまい、それを飲み込んだとしても血液に入る薬の量は少量です。もしも、赤ちゃんの体内に入っても、リレンザは先天性異常の原因にはならないと考えられています。

カロナール

カロナールは鎮痛・解熱の作用が主なものです。インフルエンザによる発熱や関節痛の対処療法として処方されます。あまり大量に服用すると、赤ちゃんがアセトアミノフェン中毒になる可能性があると言われることもありますが、適量なら問題はないようです。

旦那さんやお子さんがインフルエンザにかかった時には看病してもいい?

できれば避けたほうが安心です。妊婦さんが、インフルエンザの家族の看病をしなければならない時には、次のようなことにできるだけ注意して、感染を防ぎましょう。

・生活スペースをカーテンやつい立てで区切る
・睡眠・食事も一緒にしないようにする
・手拭きにはタオルをやめて使い捨てのペーパタオルを使う
・部屋の換気をして空気をきれいにする
・よく触る所はこまめにアルコール消毒する
・マスクをずっとつける
・熱が下がってから2日ほどは気を付ける

これらのことに気を付けて、お腹の赤ちゃんのためにもインフルエンザにならないように、看病してあげてください。

インフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間は、型に関係なく1日~7日ほどと言われています。その期間は、周りにうつす可能性は低いようです。インフルエンザは症状が出る少し前から3日~7日ほどが、うつりやすい状態にあると言われています。解熱後も2日は注意が必要です

インフルエンザの感染力はとても高いので、もし自分がなってしまったら、周囲にうつさないようにしましょう。

風邪やインフルエンザ予防にもなる免疫力をアップする方法は?

妊娠すると免疫力が低下します。なので、妊娠する前よりも免疫力を上げるために対策をとったほうが健康でいられます。簡単に始められ、免疫力アップを期待できる方法をいくつかご紹介します。

栄養バランスのとれた食事をする

妊娠すると、初期はつわりで、中期は子宮に胃が圧迫されることで十分な食事ができない方もいますよね。

なので、栄養バランスが崩れてしまうことがあるのですが、そうならないように、少量ずつでもたくさんの種類の栄養が摂れるように意識して食事しましょう。

サプリメントで免疫力アップのサポート

意識していても、食事での栄養補給に自信がない方は、妊婦さんやでも飲めるサプリメントで補うこともおすすめです。

特に、妊婦さんに積極的に摂ってほしい、葉酸とカルシウムも入っていて、免疫力向上効果があると言われているビタミン類も配合されていると理想的です。

体を冷やさないようにする

体を冷やすことで免疫力が下がってしまうと言われています。また、妊娠中は胎児に血流が多く回されるためママの体は血流が悪くなることがあります。

血流が悪くなると、手先や足先が冷たくなって、冷え性になってしまうかもしれません。温めるだけじゃなく、ウォーキングなどの適度な運動をすることで血流を良くし、冷えを防ぐこともおすすめです。

腸内環境を整える

腸内環境が整っていると免疫力が上がると言われています。なので、乳酸菌を積極的にとるようにして免疫力が高まるようにしましょう。乳酸菌も、毎日ヨーグルトなどを食べるのが難しい場合はサプリメントで補うことができます。妊娠中にインフルエンザにかかると、妊婦さんにとってはとても大きな負担になってしまいます。発熱が治まった後にも、咳が長引いてしまい、それが原因で破水してしまったという妊婦さんもいるそうです。そのようなことにならないように、しっかりと予防して、インフルエンザにならないようにしましょう!もしもインフルエンザにかかってしまったら、しっかりと医師の指示通りに薬を服用して、しっかりと完治させてください!

インフルエンザが流行するシーズンには、妊娠中は特に、インフルエンザにかからない様に日ごろから気を付けましょう。

 

★あわせて読みたい

 

参考HP
妊娠と薬情報センター:インフルエンザのワクチン・薬情報 | 国立成育医療
https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/h1n1.html
妊娠・基礎疾患等をお持ちの方々へ|厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_ninpu.html
1.妊娠されている方へ(PDF:413KB) - 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu091028-01.pdf
インフルエンザQ&A(厚労省)医療
http://www.sasajima.co.jp/info_user/shosai/inf_u.html

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001vftu-att/2r9852000001vg5t.pdf

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.