*妊娠と出産について

妊娠中のPM2.5に気をつけないといけないって、本当?

更新日:

36

PM2.5の衝撃から早数年。
花粉症や黄砂と同じく、既に慣れきってしまったという方も多いのではないでしょうか。

しかし、妊娠中や妊活中の方は、まだまだPM2.5に対して強力な予防措置を取る必要があります。

PM2.5が赤ちゃんに直接流れ込む

37
PM2.5は自然界では見られない、有害な化学物質のひとつです。
常に健康な状態の人ならば吸引してもすぐには症状が出ませんが、問題は妊娠中の女性が吸引した場合のことです。

その物質が体内に取りこまれることで、妊婦を通して胎児にもPM2.5が届けられてしまいます。
実際にはPM2.5は血液中に入り込むほどの小さな粒子ではないため、健康な妊婦自身には影響が見られないかもしれません。

しかし、妊婦が吸収したものはへその緒を通じて全て胎児の体内に入り込むため、PM2.5も胎児の血液中に直接溶け込んでしまうのです。

 

PM2.5が及ぼす影響

  • 胎児の肺機能不全 
    PM2.5は超微粒子であるため、肺の内部に入ると気管支炎や喘息などの症状を引き起こします。
  • 胎盤の栄養不足
    PM2.5による胎盤の損傷で、胎盤に十分な栄養がとどまりにくくなるとされています。
  • 胎児の健全な発達の阻害
    脳や心臓など、人が生きていく上で必要不可欠な器官がダメージを受けます。
  • 流産 
    胎盤内の血管数が減少し、流産につながるリスクが高まるとの報告もあります。

このような危険性が高まるとの結果が、中国やヨーロッパ、その他の国々における研究により明らかにされているようです。

 

PM2.5は今も健在!しっかりマスク+うがいで対策を!

一時期の騒がれ方もすっかり冷めてしまっていますが、PM2.5は今でもしっかり降り注いできています。

38

PM2.5が観測できる主なインターネットサイトでも、全国区で万遍なくPM2.5が飛来している様子が確認できますが、それに対して危機感を持っている人は当初より少なくなっているのではないでしょうか。

上記で見てきた通り、PM2.5はとくに妊娠中の方、それから胎児にとって非常に危険な化学物質です。
せっかく栄養を蓄えていても、栄養を上回る害を取り入れてしまっていては無意味となってしまいます。
今一度危機感を強め、お腹の中の命を守るための対応を整えていきましょう。

もちろん、赤ちゃんのために良い栄養は進んで取り入れたいものです、妊婦さんの強い味方、葉酸サプリメントを上手に取り入れましょう!

★あわせて読みたい

PM2.5の対処方法

日によってPM2.5の日本へ飛来してくる量は異なります。
できれば毎日、PM2.5の予報サイトをチェックしておきましょう。

下記のサイトなどでチェックできます。

PM2.5の量が多い日は、外出しないのが1番ですがそう言うわけにはいかない場合もあります。

マスク

39

PM2.5に対応しているマスクがあります。
幾つか種類がありますから、自分の顔にフィットするものを見つけてください。

鼻洗浄

40

鼻洗浄も効果的です。
こちらもいろいろなタイプが販売されていますので、使いやすいタイプを選びましょう。

帰宅したら、家に入る前に衣類についたPM2.5を落としましょう。
PM2.5はとても小さいので、衣類を叩いたりせず揺するようにして落としてください。自宅にいる際は、窓を開けたり換気扇をつけないようにします。
もちろん洗濯物は、外に干してはいけません。特に、妊娠中や乳幼児がいる場合は気をつけてください。

 

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-*妊娠と出産について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.