・高齢出産と葉酸

卵子凍結保存した方にも葉酸が必要な理由

更新日:



このまま仕事を続けるか、結婚して出産するか。女性の選択肢は大きく分けるとこの2つです。
今はキャリアを捨てたくない!って思っていても、いずれは出産して自分の子供の顔が見てみたいと思う人も多いでしょう。しかし、年齢とともに妊娠できる確率は下がってしまいます。その原因が卵子の老化といわれています。そんな中、関心が高まっているのが、若いうちに卵子を採取し冷凍保存する方法です。

メリットを多く感じる卵子凍結ですが、リスクや費用面などのデメリットもあります。また、卵子凍結だけではなく、妊娠をサポートする成分葉酸についても注目しておきましょう。

卵子凍結保存をお考えの人に、ぜひ知ってほしい情報をまとめました。

日本において、卵子の凍結保存というのは、かつては高いハードルがありました。かつては「ガン等の治療により、卵巣や卵子に影響が出る可能性がある人」など、ごく一部の条件に該当する人しか国内での卵子凍結保存は認められていなかったのですが、2013年11月に、「健康な未婚の女性が、将来に備えて卵子凍結保存してもOK」という趣旨のガイドラインが、日本生殖医学会から出されたのです。

これにより、未婚女性が「若いうちに、新鮮な卵子を保存しておこう」という目的で、卵子凍結保存をするケースが増えてきています。こうしておけば、仮に晩婚・高齢出産になったとしても、使う卵子そのものが若いから問題なさそうな気がするのですが・・・実はそこに、意外な問題が隠れているのをご存知ですか?

卵子凍結するメリットは?

卵子凍結とは、未受精の卵子を体内から採取し、医療機関にて冷凍保存をする方法です。

卵子は年齢とともに老いるといわれ、高齢になるにつれて妊娠しづらいのは、この影響が少なからずあります。40歳よりも35歳の卵子のほうが若いのは当然で、若いうちに卵子凍結すると染色体異常の確率を下げることが可能です。

また医学の進歩により、白血病など病気を患ってしまい、抗がん剤や放射線などを用いたさまざまな治療法により、完治できる確率が高くなりました。

しかし、治療の副作用により卵巣機能が低下したり早期閉経してしまう場合もあります。閉経してしまうと卵子がつくられなくなってしまうため妊娠できません。ですが、冷凍保存しておいた卵子があれば、万が一のときでも体外受精により妊娠が可能です。

卵子凍結のデメリットやリスクは?

もし、妊娠できる確率が低い年齢で妊娠したい!と思っても、卵子凍結しておけば不安が解消されます。ですが、卵子凍結にはデメリットやリスクがあることも覚えておきましょう。

卵子凍結のデメリット

  • 高額な費用が必要
  • 卵子を採取するときに痛みがある
  • 卵子凍結まで何度も病院へ足を運ぶ必要がある

卵子凍結で一番ネックとなるのが費用面です。費用については後から詳しく紹介しますが、診察や採取・保存など万単位で費用が発生します。

二つ目のデメリットが体への負担です。卵巣を採取するために、排卵誘発剤を注射するのですが、副作用で子宮付近が腫れる場合があります。

また、採卵するときに全身麻酔をするのですが、卵巣へ針をさして採取するため目覚めた時に採卵数によっては痛みを感じる場合があります。さらに、針を刺したことにより感染症や出血を発症させてしまう可能性もあります。

卵子凍結のリスク

  • 卵子凍結でかならず妊娠できるとは限らない
  • 高齢出産は分娩異常など合併症がある
  • 採取した卵子は凍結や融解時に死滅の可能性もある

安心感を得るために卵子凍結を考えている人も多くいますが、凍結した卵子で妊娠できるのは100%とは限りません

卵子が若くても、妊娠できる体づくりが整っていなければ継続は困難で、流産や分娩異常などの合併症を発症してしまう場合もあります。

卵子「だけ」が若くても、高齢出産はリスクあり!

結論から言えば「たとえ、若い卵子を凍結保存していたとしても、高齢出産となると、若い年齢での出産よりもリスクはどうしても高くなる」というのが現実です。なぜ、卵子が若くても高齢であるだけでハイリスクになってしまうのかというと・・・これは言うまでもなく、「卵子以外の部分の老化」の影響が出てくるからです。たとえば、女性ホルモンの分泌力の低下や、子宮の老化などが、その代表的な例と言えますね。

女性ホルモンも子宮も、どちらも「正常な着床・胎児のすこやかな育成」に欠かせない要素なので、これらが老化しきってしまうと、いくら卵子が若くても、妊娠・出産のリスクは大いにハネ上がってしまいます。

また、加齢による母体の体力や健康状態の変化も、リスク要因のひとつです。妊娠・出産を十分にこなせるだけの体力と健康を維持することも、欠かせない要素となってきますよ。ですからけっして「卵子さえ若ければ安心」「卵子凍結保存さえしていれば、いつでも安心して妊娠・出産ができる」というわけではないのです。

 

 

卵子凍結にかかる費用は?保険は使えるの?

基本的に、卵子凍結するための治療費は健康保険適用外です。すべて自己負担となるため、総額100万ほどになる場合もあります。

凍結といっても冷蔵庫で冷凍するのとは違い、採取した卵子を液体窒素内で保存します。十数年経過しても凍結した卵子は細胞分裂がストップした状態なので、老いることはありません。

卵子凍結するまでに採卵~保存、さらに体外受精による妊娠までのおおよその費用がこちらです。

【採卵~保存】
問診・血液検査など 約2万円~
排卵誘発剤 約3万円
卵子凍結 約3千円~(2個目まで1個につき約5万円。3個目から1個につき3千円)
凍結延長(1個につき) 約2万円~(年)

 

【融解~妊娠】
体外受精 約30万円~

 

市区町村によっては卵子凍結に補助金がある

少子高齢社会をストップさせる目的とし、高額費用が発生する卵子凍結の負担をおさえようと、千葉県浦安市では補助金でサポートしています。

浦安市では、順天堂大浦安病院へ冷凍保存のための整備費など、2015年~2017年の3年間で合計9000万円を助成しています。

これにより、浦安市に住民票のある20~35歳の健康な女性が卵子凍結をした場合、保険適用時と同じように3割負担で利用できる様になりました。

浦安市ではほかにも、不妊治療費に対する助成サポートが充実しています。条件や申し込みなど、市役所で相談を受け付けています。

千葉県浦安市の不妊治療費の助成について

卵子凍結した後の流れは?体外受精について

凍結した卵子は融解され、体外でパートナーの精子と受精させます。こうしてできた受精卵を、子宮に戻して着床するまで経過観察します。

体外受精はいつでもできるとは限らず、女性だけでなくパートナーである男性の健康状態などタイミングも必要です。もちろん、体外で受精させるため男性の精子の採取も必要です。

パートナーと一緒に妊娠するための治療なので、お互いの理解がなければ先に進めません。また、体外受精したからといってかならず着床できるとも限りません。

子宮内の環境が悪ければ赤ちゃんも育たないため、卵子凍結を考えはじめたら妊娠しやすい体づくりが大切なのです。

 

いざ妊娠!葉酸で高齢出産でも耐えられる体づくりへ!若さ・体力・健康を維持しよう!

卵子凍結保存をしている人が、将来の妊娠・出産にそなえて若さ・体力・健康を維持するためには、葉酸サプリを飲み続けておくことがおすすめです。葉酸サプリと言えば「妊娠を望むようになってから飲むサプリ」というイメージが強いのですが、実は葉酸サプリの効果はそれだけではありません。

  • 赤血球を作り血流を良くし貧血予防
  • 基礎体温を高めて免疫機能を強化
  • 子宮内膜に厚みを持たせ、若さを維持するのに役立つ
  • 女性ホルモンの分泌にも貢献する
  • 細胞分裂の再生
  • DNAの合成
  • 動脈硬化や高血圧予防
  • 受精卵を着床させるサポート
  • ホルモンバランスを整えて精神面を落ち着かせる

などといった効果も期待できるんですよ。また、葉酸は、脳神経への働きかけ効果も高く、記憶力の向上や認知症予防にも役立つことで知られています。

妊娠や出産に悪影響を与える老化と言えば、体の老化ばかり気になってしまいますが、体の各器官に指令を送るための脳の老化というのも、実はけっこう大きな問題になることが多いんですよ。脳の指令の乱れは、体のメカニズムそのものの乱れにもつながってしまうからです。

「脳を若々しく保って、キビキビと指令が出せる状態にしておく」いうことも、体のメカニズムを整えて理想的な妊娠・出産を実現するために、不可欠なことなのです。葉酸はほうれん草やえだまめ・レバーなどの食品に含まれていますが、吸収率が悪いため食べ物からだと50%ほどしか体内へとり入れられません。効率よく吸収するためにも、不足する葉酸はサプリメントを飲んでカバーすることを厚生労働省でも推奨しています。

こうした点も考えると、葉酸というのは、「妊娠・出産を迎えるためのコンディションをなるべく理想的な状態にしておくために、欠かせない存在である」ということが分かりますね。ですが、日ごろの食事でじゅうぶんな量の葉酸を摂取し続けることは意外と難しいので、サプリでの摂取が手軽でおすすめ、というわけなのです。

卵子凍結保存をしている人におすすめの葉酸サプリの見分け方

蜀咏悄 2015-06-10 17 27 03

さて、「卵子凍結保存をしている人の若さ・体力・健康維持のために葉酸サプリがおすすめ」と言っても、世間に出回っている葉酸サプリって、たくさんありますよね。たくさんの葉酸サプリの中から、どういうものを選べばいいのでしょうか?おすすめの葉酸サプリの選び方としては、以下のようなものが挙げられます。

〇合成の葉酸ではなく、自然由来の葉酸をきちんと使っていること。〇1日あたりの葉酸の配合量が、300~500μgの範囲内であること。(400μgが最適)

〇葉酸だけではなく、カルシウムや鉄分・その他ビタミンなども配合されていること。

〇合成保存料や合成香料など、体に害があるような成分が含まれていないこと。

〇品質管理に信頼感がある、国内製造のサプリであること。

これらの条件を満たす葉酸サプリを選ぶようにすれば、まず大丈夫ですよ。

 

★あわせて読みたい

まとめ

年齢とともに妊娠・出産のリスクが高まりますが、卵子凍結することでその不安も和らぎます。葉酸は妊娠しやすい体づくりに働きかける効果が多いため、今から積極的にとり入れて準備をはじめませんか。


目的別 おすすめ商品ランキング

フリー 合成葉酸 フリー 天然葉酸
フリー 夫婦で飲む フリー お得な定期便
フリー 妊活中 フリー つわり中 妊娠初期
フリー 安定期 妊娠中期 フリー 出産後ママ 授乳期
フリー 貧血 生理痛 フリー 葉酸 マカ
フリー 美味しいドリンクタイプ フリー オーガニック 無添加

-・高齢出産と葉酸

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.