くらしを豊かにする情報

先輩ママに質問!赤ちゃんの離乳食の悩みはどうやって解決したの?

更新日:

初めての子育てで、授乳やミルクをあげるだけでもあわただしく毎日を過ごしているママに、離乳食を始める時期が来ます。最初はほんの一口から始めますが、なかなか食べてくれないこともあり、悩んでしまうこともあるかもしれません。

そんな時に知っておきたい離乳食の進め方や食べさせ方などをまとめました。

赤ちゃんの離乳食の進め方

離乳食を始める時期は5か月~6ヶ月が適正と言われています。しかし、成長がゆっくりの子は多少遅くなっても問題はありません。

首が座り、支えると座ることができ、ママが食べているものをじーっと見つめて食べ物に興味が出てきた頃が始めるのに適した時期です。

アレルギー反応チェックのため、はじめての食材は午前中に食べさせるのが基本です!

初めのうちや初めての食材は必ず、離乳食を与える時間帯を午前中にしてください。それは、万が一アレルギーなどを起こした場合に、病院へ受診するためです!夜は、かかりつけの医療機関がしまっている場合が多いです。夕食をみんなで摂る場合は、初めての食材以外の離乳食メニューを用意してあげてくださいね。

離乳食初期(5~6ヶ月頃)

この時期に与える回数は1日1回です。まずは食べるということに慣れるための練習期間と思って気負わず始めましょう。

赤ちゃんはこれまで液体しか口にしたことがなかったので、初めての食感に吐き出してしまったり、泣いてしまったりするかもしれません。

そんな時は無理せずに、スプーンを口に入れることから始めてみてください。スプーンに慣れると、次はごく少量から食べることを始めましょう。

初期に食べられるもの

初期に食べられる物はおかゆ、人参、大根、白身魚、豆腐などです。これらの食材を茹でてすりつぶし、ペースト状になったものを食べさせます。

最初はアレルギーの心配があるので、1食材ずつ与える事をおすすめします。もしも食べた後に具合が悪くなった時、原因の食材をつきとめることができるからです。

赤ちゃんのペースで、食べる量と食べられる物を増やしていきましょう。

離乳食中期(8~9か月頃)

離乳食中期は、離乳食初期が順調に進んだら回数を1日2回にします。食べる量が増えると、母乳やミルクの回数が減る子もいます。

しかし、まだ栄養のほとんどを母乳やミルクからとっていますので、欲しがるだけあげるようにしましょう。

中期に食べられるもの

主食がおかゆだけから、パンも食べられるようになります。しかし、小麦アレルギーの可能性がある間は少量ずつ注意してあげましょう。

また、うどんや素麺などの麺類も食べられるようになります。柔らかく茹で、小さく切って食べさせます。もしも、まだペースト状が良いと泣いた場合は、徐々に形がある程度の柔さにしていきましょう。

他にも、海藻や肉、納豆も食べられます。だんだんと食べられる食材が増えるとママも料理のし甲斐がありますよね。

卵も、固ゆでのゆで卵の黄身から始めて、問題がなければ白身と進むことができます。家族にいなくても、卵アレルギーがある赤ちゃんもいるので注意しましょう。

離乳食後期(9~12か月頃)

この時期は、1日3回食になり、ミルクはフォローアップミルクに切り替わります。離乳食でお腹が膨れるので、母乳やミルクの飲む量も減ります。

自分で食べたいと思う子もいるので、手づかみで食べられるように調理を工夫しましょう。まだ上手に食べられなくてたくさんこぼしてしまいますが、練習するうちに上達します。

後期に食べられるもの

ほとんどの野菜や穀類、肉、魚、乳製品を食べられようになります。また、全卵が大丈夫なら、マヨネーズも使えるようになります。

少しずつ味に変化を付けて、たくさんのおいしい体験をさせてあげます。そうすることにより、将来好き嫌いの少ない子になるとも言われています。

硬さは舌でつぶせる程度で、5㎜ほどの大きさに切ります。慣れてきたら、硬さも少しずつ固くして、大きさも徐々に大きくしていきます。

離乳食完了期(1歳~)

離乳食を卒業する準備をする時期です。1日3回食の他に、補食としておやつを食べるほど成長していますので、哺乳瓶をコップに切り替えても良い時期です。

1歳を過ぎると牛乳も飲めるようになります。1回の食べる量も増え、大人の食事に近いものを食べることができます。

使える調味料も増えるので、より大人の食事に近づきます。そうなると調理も楽になり、別に作ったり、味付け前にとりわけするのではなく、味を薄くしたものを一緒に食べることもできます。

大人と同じものを食べれると、きっと赤ちゃんも喜んでたくさん食べるでしょう。

完了期に食べられるもの

手掴み食べが上達するので、おにぎりやロールサンドに挑戦できます。野菜もしっかり茹でれば何でも食べられます。

サラダなどの生野菜を始めるのにも良い時期です。ひき肉も食べられるので、豆腐ハンバーグなどもおすすめです。

塩分に気を付ければ、ウィンナーやハムも食べることができます。食事からの栄養の方が多くなるので、栄養バランスに気を付けた離乳食作りが重要になってきます。

この食材は与えちゃダメ!離乳食の注意点

大人は何の問題もなく食べられるけれど、子供には害になる食材もあります。主に1歳過ぎるまで食べさせないほうが良いものをご紹介します。

  • はちみつ
  • そば
  • 貝類(ほたて、アサリなど)
  • 甲殻類(エビ、カニ、イカなど)
  • 生の水道水
  • 山芋
  • ピーナッツ
  • ごま

これらのものは1歳過ぎるまで与えてはいけないものですので、離乳食を食べさせる時には注意しましょう。

 

先輩ママへ質問しました!離乳食の悩みと解決法は?

ひたすら細かく柔らかく~

30代先輩ママ:
私は子供が1歳くらいの時に、離乳食でもどんどん食べられるものが増えて行って、これからいろいろな食材を食べてもらいたいなと思っていた頃に、好き嫌いが出てきたことに悩んでいました。お米は良く食べてくれたのですが、野菜があまり好きではないみたいで、お米とお肉しか食べないときがありました。
もっといろいろと食べてもらいたいので、小さくみじん切りにしてハンバーグに入れてみたり、卵に野菜を混ぜ込んでいり卵や、茶わん蒸しにしてみたり、あんかけが好きなようだったので、ご飯にあんかけをかけて中華飯のようにして、野菜を食べてもらいました。味が野菜にちゃんと沁みていたら、甘みが合ってパクパクと食べてくれたので、よく煮てみたり、蒸して柔らかくして食べさせていました。

 

アレンジも大切!野菜たっぷりたこ焼きが人気!

30代先輩ママ:
こどもは食べることが好きで、わりとスムーズに離乳食が進みました。離乳食の初期はフードプロセッサーを使ったり、作りおきを冷凍保存したりして離乳食作りがしんどいとは思わなかったのですが、離乳食も中期に入った頃に壁にぶちあたりました。食感を残すために食材をみじん切りすることが大変なうえに、味を覚えて食べ好みがでてくるので、せっかく作っても食べてくれなかったり。
そんなことが続いて、もう離乳食作りのやる気はしぼむばかりでした。そんな時の救世主になったのが、野菜たっぷりのたこ焼きです!冷蔵庫にある野菜やお肉、お魚、なんでもみじん切りしてたこ焼き器で焼きました。すると、つかみ食べ期ということもあり、自分で食べられるのが嬉しいようでとてもよく食べてくれました。完全食になった今でもお気に入りです。

 

たくさん作って冷凍する!時間節約!

50代先輩ママ:
初めは10倍粥など簡単なもので良かった子供が1歳を過ぎる頃になると、だんだん食べられるものも増えたのに、動き回る子供を見ながらの調理は大変で、すぐに作れるものばかり作るようになり、離乳食のメニューがだんだん偏ってきてしまいました。
初めは、大人の取り分けをしたりもしていたのですが、メニューの単調さに、大人の方が先に音を上げて止めました。また普通に大人用と子供用を作り始めたのですが、離乳食については、子供の活動時間に食毎に作るのは無理だと諦め、お昼寝中や夜に寝かせた後、または主人の休みの日にまとめて作って一食ずつ冷凍することにしました。一度にたくさん作れるので、何種類も作っておけばしばらく同じメニューを出さずに済み、とても助かりました。

 

手づかみの大好き赤ちゃんもこの方法で解決!!

30代先輩ママ:
離乳食を初め、スムーズに離乳食を進めていましたが、赤ちゃんが9カ月頃の離乳食後期の時期に壁にぶつかりました。味覚を発達してきて、動きも活発になり、自分でスプーンを持って食べたがるようになりました。しかし、市販の離乳食はほとんどが手づかみで食べる形状なものがなく、1日3回の離乳食作りに苦戦しました。もちろん、大人の料理の取り分けをしたりなどしましたが、その他に色々とトライした結果、ごはんを炊飯器で炊く時に、ジャガイモやカボチャ等をアルミホイルにくるんで一緒に炊く方法や、市販の離乳食に小麦粉を少量加えて、フライパンで焼き、手づかみに食べれる形状にしました。毎日食べさせる離乳食、赤ちゃんも毎日ワンパターンでは飽きてなかなか食べてくれない時などに、少しの工夫で食べてくれるようになりました。

 

20代先輩ママ:
当時子供は10ヶ月ぐらいで、離乳食後期の時の話です。口をもぐもぐさせることができるようになりましたし、離乳食は柔らかすぎず、固すぎず、作ることが難しいなと思いました。また味の好き嫌いが多くなってきて困りました。手づかみで食べたがるようになったので、子どもがきちんと自分で食べることができるようになるため、茹でた野菜スティックを与えたり、蒸しパンなどを作って与えていました。大人と同じように一日三回食べさせようとしたのですが、なかなか食べなかったり、食べ物を手で触って遊んだり投げたりするのでイライラしました。スムーズに食事がすすまなくなりました。子供が食べてくれるように、私が美味しそうにご飯を食べるところを見せたりなど工夫して食事をさせました。

 

濃い味が好きな赤ちゃんには「だし汁」で味をはっきりさせてみては?

30代先輩ママ:
我が子の離乳食は、5ヶ月が過ぎた頃から開始しました。最初はスプーンに慣れることを始めました。その段階は問題なく進んだので、次はおかゆをすりつぶしたものを与えることにしたのです。すると、嫌がって口を開けませんでした。何回か試しましたが全く食べず、おかゆは離乳食の基本だと思っていた私はどうしたら食べてくれるか悩みました。潰しかたが足りないのかと思って念入りに潰しても全く食べません。そこで、野菜をおかゆに混ぜて味を変えてみることにしました。ほうれん草やにんじんをすりつぶしたものとおかゆを混ぜました。するとすんなり食べてくれたのです。それからはおかゆ単独でも少しは食べるようになりましたが、何口か食べると嫌がるので、そうなったら野菜や魚と混ぜて最後まで食べさせました。
赤ちゃんでも味が単調だと飽きるのかもしれませんね。親である私も白いご飯だけでは食べづらく、必ずおかずがいるので、似た者親子だなと思いました。

 

市販のベビーフードをうまく利用する!

30代先輩ママ:
私が離乳食で悩んだのは、2日目の子供です。その子供は、約7ヶ月です。私が悩んでいたのは、離乳食をきちんと作ってあげることが出来ないということでした。上の子供の時には、仕事をしていなかったので、全て手作りで行ってきました。しかし、今回は仕事をしているのです。そのため、離乳食を作ることができなくなっています。簡単なものを作ることはできますが、それでは上の子供の時と大きな差があると感じて、母親失格という、そんな思いまで持つようになりました。そして悩んでいたことを、いろいろと調べてみたのです。また友人に相談をしたりして、私なりに解決をすることができました。その解決というのは、頑張りすぎないということです。頑張りすぎてしまうと、息切れをしてしまうので、市販の離乳食等を利用することにしています。

 

30代先輩ママ:
赤ちゃんの月齢が5か月になったころから離乳食を開始しました。離乳食で困ったことはやっぱり作る手間と外出時の持ち運びでした。先輩のママさんに聞いて、大人が食べるご飯の味を付ける前に取り出して赤ちゃんようにする方法と冷凍保存を駆使することで、離乳食を作る悩みは何とか解決しましたが、持ち運ぶ大変さは解決できませんでした。なので、自分で作って容器に詰めることをあきらめて、赤ちゃん用品店で売られているようなパックになっている既製品を利用することにしました。既製品を使い始めてプラスになったことは外出ができないというストレスからの解放と月齢に合わせて食べていいものや硬さなどが既製品に書いてあるので、それを参考にメニューを考えられるところです。離乳食は作ってあげるものと思い込みすぎていたけど、しんどい思いをして子育てにストレスを感じるよりは既製品を上手に使ってみるといいと思います。私は少し気分が楽になりました。

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-くらしを豊かにする情報

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.