女性不妊の原因 *妊活と不妊について

不妊の原因になるチョコレート嚢胞の症状・治療・手術について解説!

更新日:

強い腹痛などを感じ病院に行ったところ「チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)」と診断されたという女性が増えています。一見するとかわいらしい名前ですが、生理痛を強くしたり不妊症の原因など注意して欲しい病気のひとつです。

病名は知っていたけど具体的な原因や症状を知らない人も多いと思います。早期発見、治療がとても大切なので、これからチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の治療や予防法などを詳しくお伝えしていきます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)とは?原因や症状について

妊娠に向けて子宮内では、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くして準備をします。着床しなければ内膜ははがれ落ち出血をすることで体外へ排出されます。これが毎月起こる生理の仕組みです。

しかし、内膜は子宮以外の卵巣や卵管に生殖してしまう場合があります。子宮内膜と同じくはがれ落ちて増殖を繰り返すのですが、子宮以外に生殖すると出血しても体外には排出されずその場にたまり続けます。

一時的な出血なら体内へ吸収されるのですが、出血量と吸収のバランスが悪いと子宮外に生殖した組織内には血液がたまり大きくなってしまいます。これを繰り返すことで排出されない血液は古くなりドロドロのチョコレート状に変化します。これをチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)と呼びます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の原因

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の原因には、生理のときに腹腔内に内膜と一緒に血液が逆流した、先天性なものなどさまざまな仮説があります。しかし、どれもはっきりとした解明はされておらず、現段階では原因不明のままです。

ですが、子宮内膜は女性ホルモンのエストロゲンが分泌されると厚くなることから、ホルモンバランスの影響が強いと考えられています。その理由として、チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)を発症しやすい女性の年齢が20代~30代であることです。

昔の人に比べて現代人はチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)を発症しやすいといわれているのが、妊娠や出産する機会が少なく生理の回数が多いことが理由のひとつです。チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は生理の血が組織内にたまり続ける病気のため、生理の回数が多いほど発症しやすくなります。

また、30代や40代でも仕事をバリバリこなす女性も多く、毎日のストレスから女性ホルモンの分泌量が左右され、若い女性を中心に増えていることが考えられます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)と子宮内膜症の関係

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は子宮内膜症が卵巣や卵管機能へ生殖し、生理が来るたびに血液がたまり肥大化した部分です。子宮内膜症が悪化した状態のため、子宮や下腹部に違和感がある時点で適切な検査と治療をすることで重症化をおさえられます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の症状

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は体内で発症するため、目で見て確認できません。ですが、痛みや違和感などいつもと違う体の変化で気づくことが多いので、日頃からセルフチェックをしておくことが大切です。たとえば最近、こんな症状で悩んでいませんか?

  • だんだん生理痛が強くなっている
  • 骨盤がギシギシと痛む
  • 原因不明の発熱が続いている
  • 性交時に痛みがある
  • 便をするときにお尻に刺すような痛みがある
  • 赤ちゃんができにくい

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は生理の回数が増えるほど経血がたまるため、痛みが強くなっていきます。それと同時に、骨盤や腰・下腹部の痛みなども増えていくので、生理時以外の体の変化に違和感を感じたら産婦人科を受診して相談することをおすすめします。

激痛を伴う生理痛や腰痛の場合、チョコレート嚢胞かも?

生理痛って人によって強弱が違うため、どれくらいの痛みで注意しなければいけないのかわかりませんよね。昔から生理痛がある人にとっては痛みが慢性化している人も多く、ある程度の強い痛みなら耐えられる人も少なくありません。

生理が始まり2~3日目って一番腹痛を感じやすいですよね。座っていられない・立っていられないほどの痛みや、お腹を抱え込むほどの激痛や腰痛は生理痛として考えられませんので、チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の心配があります。

チョコレート嚢胞の大きさなどで痛みは強くなる?

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は生理の回数が増えるたびに大きくなるとお伝えしましたが、放置すると卵巣が6cm以上になると破裂する可能性があります。どれくらい大きくなっているのか肉眼では確認できませんが、破裂するときは突然の激痛や痛すぎて気を失ってしまう、発熱が続く場合があります。

日頃から生理痛に悩んでいる人は、もしかするとチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)かもしれませんので、肥大する前に早期治療をしておくことをおすすめします。

チョコレート嚢胞でも妊娠できるの?不妊になる可能性は?

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)があるからといって、絶対に妊娠できないとは限りません。ただし、妊娠する確率が低くなる可能性が考えられます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の症状を見ると多くの人が腹痛などを訴えています。そのため、体調が優れない状態だと性行為の回数が減るため、妊娠の可能性が低くなること。それから、卵子が通る管で子宮内膜が生殖しチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)ができてしまうため、受精卵ができてもスムーズに通れず着床できずに終わってしまうケースも考えられます。

また、医療機関によると嚢腫のみの部分摘出でも、卵巣全体を摘出したとしても卵子の数が減少してしまうと報告されています。チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)がない人に比べると卵子の数が少ないため、不妊率が高くなる傾向があります。

チョコレート嚢胞は卵巣癌化するってホント?

原因不明の不妊症のうち、およそ半数の人がチョコレート嚢胞があるといわれています。それほど女性にとって身近な病気のひとつなのですが、さらに重症化すると卵巣癌を発生させる可能性が高い病気でもあるのです。

多くの女性は生理痛や下腹部の痛みに対しそれほど強い違和感を感じておらず、いずれ治るだろうと放置しているケースが多いんです。その痛みがもしかするとチョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)だった場合、卵巣癌を発症させるきっかけになる可能性は十分考えられることを覚えておきましょう。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)から卵巣癌につながる確率は0.7%。閉経を迎える40代以上の人に卵巣癌との合併症が多く見られることから、卵巣摘出をおすすめする病院も少なくありません。

子宮筋腫などと違い、チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は閉経後に小さくなったり健康に影響を与えないとは限らず、逆に放置するほど卵巣癌の確率が高くなるといわれています。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)から卵巣癌を発症する確率は全体で見ると数値が低いですが、可能性がゼロではないということを覚えておくことが大切です。

チョコレート嚢胞はどんな治療法をするの?

経膣エコーや血液検査で子宮内膜症と診断され、チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)が発見されます。その後、嚢胞の大きさなどを確認するためにCTやMRIなどの画像診断がおこなわれます。

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の治療法は大きく分けて「ホルモン薬療法、手術」のいずれかでおこなわれます。これから妊娠を希望する人や現在の年齢などライフスタイルに合わせて治療法を考えていきます。

チョコレート嚢胞のホルモン薬療法

  • チョコレート嚢胞の大きさが約4cm以下
  • 今は妊娠を望んでいない

このような状況の場合、症状に合わせて低用量ピルやプロゲスチン経口剤などホルモン薬による治療がおこなわれます。また、副作用が少ない漢方薬などで様子を見る場合もあります。

チョコレート嚢胞の手術

  • チョコレート嚢胞の大きさが約4cm以上
  • 妊娠を望んでいる
  • 40歳以上

このような状況の場合、腹腔鏡下手術や開腹手術による治療がおこなわれます。手術をする際は、病巣となる嚢胞だけを摘出する場合と卵巣ごと全摘出するいずれです。卵巣全摘出すると卵巣癌の心配は低くなりますが、妊娠できないリスクがあります。

チョコレート嚢胞は再発しやすい?予防法は?

嚢胞だけの摘出手術を終えた場合、3年後に約2~3割の確率で再発すると報告されています。手術により嚢胞は小さくなりましたが、卵巣機能へ少しでも病巣が残っている状態なので女性ホルモンの影響により肥大化する可能性は十分に考えられます。

手術が終わっても再発防止のために病院では、引き続き経過観察のために定期検診をおすすめをしています。チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)の原因はホルモンバランスが関係しているため、ホルモン薬療法や子宮内の様子を超音波検査などで定期的に確認します。

しかし、生理痛や腰痛などが緩和されると定期検診へ通わない人も多く、生理痛が以前のように強くなったことでしばらくぶりに産婦人科を受診すると再発していたことに気づく女性が多いんです。

再発してもホルモン薬療法や手術は可能ですが、前に手術した同じ卵巣側の嚢胞の部分摘出や卵巣両方の腫瘍摘出はむずかしく、手術できたとしても排卵障害や不妊症の確率が高くなる場合があります。

チョコレート嚢腫の摘出だけでは予防はむずかしいため、再発防止のために定期検診やホルモン薬療法はしっかり続けていくことが大切です。

まとめ

チョコレート嚢胞(チョコレート嚢腫)は放置すると卵巣癌を発症する可能性が高いため、少し注意が必要な病気です。また、治療をしても再発しやすいため、日常的に起こる生理痛や月経不順を見過ごさないようにしましょう。

嚢腫が小さければ手術の心配もなく、ホルモン薬で様子を見ていくことも可能です。もちろん、妊娠も望めますので重症化する前に早期検診と治療をして健康な体へ整えていきましょう。

 

★あわせて読みたい

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-女性不妊の原因, *妊活と不妊について

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.