食事・飲み物から葉酸を摂るには?

ミネラル葉酸グリーンスムージーの成分に危険性はない?成分と特徴を調査

更新日:


img_38

手軽に葉酸を摂取する手段と言えば、葉酸サプリが有名ですが、最近注目を集めているのが、葉酸以外の栄養も摂れてしかもおいしくジュースのように楽しめるというミネラル葉酸グリーンスムージーです。

確かに、スムージータイプならおいしく、無理なく続けられそう!といういいイメージがありますが、成分は本当に安全なのでしょうか?

ミネラル葉酸グリーンスムージーの成分を見てみよう!

ではさっそく、ミネラル葉酸グリーンスムージーの成分を詳しく見ていきましょう。

img_39
まず、気になる栄養面ですが、これはもうバッチリですね。

葉酸だけでなく、ビタミンC・ビタミンB群・カルシウム・食物繊維などなど、妊婦に不足しがちな栄養素が、絶妙なバランスで配合されているのです。

あと、青汁などの原料として人気の、ほうれん草や大麦若葉も配合されていますので、これらの栄養もバッチリ期待できますよ!

いつもの食生活に、ミネラル葉酸グリーンスムージーを加えるだけでも、かなり栄養バランスの調整に役立つと言っていいでしょう。

button_official

img_41
img_07「でも、青汁の原料を使っているから、青汁っぽい味がするんでしょ?青汁味は好きじゃない、もっとおいしいのが飲みたい」と思われるかもしれませんね。

でもご心配なく!ミネラル葉酸グリーンスムージーは、とても飲みやすいマンゴー味に仕上がっていますので、本当にジュースのようにおいしく飲めますよ!
見た目はグリーングリーンしていて、いかにも青汁っぽいので、見た目と味に少々ギャップはありますけどね(笑)。

というわけで、ミネラル葉酸グリーンスムージーは、栄養面と味は文句なし!と言えるでしょう。

img_42
ただし、全成分を見ると安全面で気になる成分というのも見当たります。
それは、人工甘味料のアスパルテーム・L-フェニル アラニン化合物です。

img_40
「人工甘味料は、発がん性などの問題があるから摂取してはダメ」という趣旨の警告を見聞きしたことがある人にとっては、この成分は気になりますよね。

しかし、アスパルテームというのは、アスパラギン酸とフェニルアラニンという2つのアミノ酸を結合させてできた、自然なタイプの人工甘味料。
安全性はかなり高いと言えます。

「人工甘味料は何が何でもイヤ」と、生理的に受け付けない人はこのスムージーを利用すべきではありませんが、そうした点を納得できる人なら問題ないでしょう。

ちなみに、妊娠を望む女性・妊娠中の女性に使ってはいけない人工甘味料の筆頭格として挙げられるは、このアスパルテームよりもスクラロースのほうです。
スクラロースには、卵巣収縮や流産リスクがありますからね。あと、免疫機能や肝臓へのリスクが高いと言われるアセスルファムKも、「しっかりとした免疫機能を母体から赤ちゃんに届けたい」という観点から、避けるべき人工甘味料と言えるでしょう。

 

ミネラル葉酸グリーンスムージーの特徴

では、成分面以外の、ミネラル葉酸グリーンスムージーの特徴も見ていきましょう。

ミネラル葉酸グリーンスムージーの最大の特徴として挙げられるのが、飲み続けやすいようにさまざまな工夫がされているということです。

飲み続けやすさの理由は、まず、前述した「おいしい味による飲みやすさ」が挙げられますが、それだけではありません。

  • 粉末を牛乳に溶かして混ぜるだけなので、約10秒でできるという手軽さ
  • 1日あたりのコストがたった91円で済むというリーズナブルさ
  • カロリーコントロールが気になる人でも安心して飲める低カロリー仕上げ

などといった高条件が揃っているんですよ。

 

手間なしでお財布にもやさしく、さらにカロリーも気にせずに、おいしいスムージーで効率よく葉酸をはじめとした栄養補給ができるというわけですね。
これほど万能なら飲み続けやすいという特徴が出るのも納得です。

img_42

ちなみに、「さらにお財布にやさしい状態にしたい」という人には、「ミネラル葉酸グリーンスムージーを、2ヵ月ごとに2袋ずつ、あるいは3ヶ月ごとに3袋ずつまとめて配達してもらう」という契約にするのがおすすめ。
1袋あたりのコストを、さらにお得にすることができますよ。

葉酸サプリとミネラル葉酸スムージーどっちが良いの?

まずは、厚生労働省が発表している2015年版の日本人の食事摂取基準で葉酸の必要量を見てみましょう。

分かりやすいように表にまとめした。

推定平均必要量 推奨量
18歳以上 200μg 240μg
妊婦 400μg 480μg
授乳婦 280μg 340μg

※妊活中の女性は、神経管閉鎖障害のリスクを減らすため400μgと書かれています。

妊娠中の場合は、通常の2倍の葉酸を摂取する必要があることがわかりますね。

img_43jpg

ミネラル葉酸スムージー6グラム(1杯分)には、200μgの葉酸が含まれています。
妊活中でない場合は、ミネラル葉酸スムージー1杯で推定平均必要量をまかなえます。

ただし妊活中や妊娠中の場合は、葉酸スムージー1杯では足りません。
もちろん、普段食べる食品の中にも葉酸は含まれていますので、全てをこのスムージーがら摂取しなくても大丈夫!

食品名 葉酸量 分量
枝豆 260μg 100g
あさつき 200μg 100g
アスパラ 180μg 100g
ブロッコリー 120μg 100g
オクラ 110μg 100g
春菊 100μg 100g
ほうれん草 110μg 100g
いちご 68μg 中5粒
豆乳 62μg 200cc
納豆 60μg 50g(1パック)

img_41例えば、葉酸スムージーを豆乳で作るだけでも62μgプラスされますね。
納豆を1パック食べると60μg…と言った具合に、そのほかの食品からも摂取できます。

飲むヨーグルトなどでも葉酸を含んだ製品が販売されています。
例えば雪印メグミルクのプルーンFe 1日分の鉄分 のむヨーグルトは1本に葉酸が100μg含まれています。
不足しているな…と思える日は、こういったのもを摂取するのも良いですね。

なので妊活中であれば、ミネラル葉酸スムージー+普段の食事をちょっと意識することで、推奨量はまかなえるのではないでしょうか。

img_44問題なのは、妊娠中のつわりがある時期です。
人によっては苦手なにおいが出てきたり、吐き気がしてほとんど食べられない…なんてことも。

そうなると葉酸スムージーはちょっと…という場合も出てきます。
そんなときは、葉酸サプリの方が摂取しやすくなります。
つわりが軽い場合は、バランスの良い食事と葉酸スムージーで問題なくクリアできそうですね。

そのためどちらが良いのかは一概には言えません。
日によって使い分けるのもひとつの方法ですね。
体調に合わせて、自分が摂取しやすい方を選ぶのがベストです。

button_official

 

ミネラル葉酸スムージーって妊婦でも本当に大丈夫なの?


目的別 おすすめ商品ランキング

フリー 合成葉酸 フリー 天然葉酸
フリー 夫婦で飲む フリー お得な定期便
フリー 妊活中 フリー つわり中 妊娠初期
フリー 安定期 妊娠中期 フリー 出産後ママ 授乳期
フリー 貧血 生理痛 フリー 葉酸 マカ
フリー 美味しいドリンクタイプ フリー オーガニック 無添加

-食事・飲み物から葉酸を摂るには?
-,

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.