食事・飲み物から葉酸を摂るには?

ビーツで葉酸を摂取しよう!食べる輸血と言われる成分と効果!

更新日:

yousan24

ビーツは火焔菜(カエンサイ)という名前でも呼ばれている野菜で、ボルシチというロシア料理の伝統料理などに使用される赤色のカブです。日本ではあまり馴染みのない野菜ですが、ロシアやイギリスではビーツは体に良い野菜として広く知られており、いろいろな料理の材料に使用されています。ビーツは奇跡の野菜や食べる輸血と言われており、腸内環境を整えたり、肝臓の機能を高める作用があり、疲労回復の効果が期待できます。
ビーツに含まれている成分は、ビーツの葉には鉄分が豊富に含まれており、根にはビタミンCが豊富です。葉酸の含有量も豊富で、抗酸化物質も大量に含まれています。これらの成分の相乗効果によって、疲労回復などに繋がります。食物繊維も豊富に含まれていますので、便秘の解消にも最適な野菜です。

yousan26

ビーツに含有されている成分のうち鉄分は、血液を健康にする働きがあり、血液が健康になることによって、全身の健康状態が促進します。貧血の症状は鉄分が不足することによって起こります。若い女性は貧血の人が多いですが、日頃からビーツを食べるようにすると血液が健康になって、貧血の症状が改善します。ビーツを使ったレシピの中には若い女性向けの料理も多いので、おいしい料理を食べながら不足する鉄分を補えます。
ビーツには葉酸も大量に含有しており、葉酸は血液の元になる核酸の中に含まれている成分です。葉酸が欠乏すると健康な血液を作れなくなり、貧血などの症状になって健康を阻害します。葉酸を摂取することで血液を健康にして貧血を防いで体を丈夫にします。ビーツには健康な血液を作るために必要不可欠の鉄分と葉酸が含まれていることが、食べる輸血と呼ばれている由来です。

葉酸や鉄分は通常の人でも健康な血液を作るのに欠かせない成分ですが、妊娠している妊婦は特に鉄分や葉酸が必要になります。葉酸が欠乏するとDNAの形成も阻害されるので、生まれてくる赤ちゃんに障害が出ることがあります。健康な赤ちゃんを出産するためにも、ビーツを食べて葉酸を摂取することがとても大事になります。葉酸はお腹の中の赤ちゃんの神経管障害の予防にもなるので、日本の厚生労働省や欧米諸国では、妊婦に対して葉酸の摂取を奨励しています。

yousan25

ビーツにはビタミン類も豊富に含まれており、強い抗酸化力があります。抗酸化作用によって悪玉活性酸素を除去して免疫力を高める効果が期待できます。免疫力を高めることによって、ガンなどの病気の予防に繋がります。

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-食事・飲み物から葉酸を摂るには?

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くおすすめ&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.