・健康と葉酸

【新発見】葉酸は糖尿病に効果あり?妊娠糖尿病を予防できる理由とは

更新日:

img_88

妊娠中はホルモンなどの影響から思いがけない病気を発症しやすく、その中のひとつで気をつけてほしいことが糖尿病です。
「痩せているから私には関係ない」と思っている人も、妊娠中は要注意です!また、お腹の赤ちゃんの分も糖分が必要なので、普段通りのインスリンの分泌量では、追いつかず普段より血糖値が高めに推移しています。

妊娠糖尿病を発症すると、妊娠中毒症や流産・早産などの可能性もあります。赤ちゃんへの影響もあり、見過ごせない病気なのです。

妊娠中の栄養補給に厚生労働省から推奨されている葉酸には、糖尿病への効果があるともいわれています。どんな関係性があるのでしょうか。妊娠糖尿病についてなど、これから詳しく紹介します。

 

糖尿病って?

ws000142

食事から糖分を摂取すると、糖分はインシュリンによって体内にエネルギーとして取り入れられます。しかし、糖分がうまくエネルギーとして体内に吸収されないで尿として排出されてしまう病気が糖尿病です。

糖尿病になると血管がもろくなってしまい、失明の危険のある網膜症や神経障害、狭心症、心筋梗塞などの合併症を引き起こしてしまいます。

 

妊娠中は糖尿になりやすくなるってホント?

妊娠中、とくに気をつけなくてはいけないのが糖尿病です。ホルモンバランスの影響により痩せている人でも糖のコントロールができなくなってしまい、体形に関係なく発症します。

年々、妊娠糖尿病は増えていいて、およそ10人に1人の妊婦さんが発症しているといわれています。身近な病気なので、とても他人ごととはいえませんね。

昔に比べて発症者の数が増えているのは、2010年に妊婦健診での糖尿病への診断基準が改善されたこと。そして、出産する年齢が遅くなっていることが背景にあります。

昔に比べ結婚する年齢が遅く、35歳以上で出産する人が多くなりました。年齢とともに体内のインスリン分泌は低くなるため、糖がうまく代謝されづらくなってしまいます。そのため、高齢出産は糖尿病リスクが高い傾向にあります。

また、妊娠中は仕事や家庭のことなど、いろんなストレスがたまりやすくなります。ストレスがたまると体は身の危険を感じて、脂肪分解してグルコースという血糖に変換します。

ストレスによって血中の糖をおさえるため、ホルモンのひとつであるインスリンが分泌されることによって、本来なら高血糖を落ち着かせます。しかし、妊娠中は胎盤からのホルモンの影響により、インスリンの効き目が弱くなるため血糖値は高い状態が続いてしまうのです。

妊娠糖尿病になりやすい人

妊娠糖尿病の体質に関係なく、どんな人でも発症する可能性がある病気です。血糖値が高くなりやすい人をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 肥満体型である
  • 両親や家族などに糖尿病を患っている人がいる
  • 妊娠している年齢が35歳以上
  • 過去に妊娠高血圧症候群を患った

 

妊婦健診で血糖値の高さはわかりますので、赤ちゃんのためにもかならず受けるようにしましょう。

こんな症状があったら妊娠糖尿病かも?

糖尿病といえば、贅沢な食事やポッチャリした肥満体の人だけが患う病気をイメージしている人が多いと思います。でも、食事にある程度気をつけている人や軽い運動をしている人でも、妊娠中に高血糖と診断されてしまう場合もあるんです。

初期段階では自覚症状がほとんどありませんが、糖代謝がうまく機能しないと体に変化が出てきます。体には、こんな症状のサインを出して教えてくれます。

  • 喉が乾く
  • トイレに何度も行きたくなる(回数や量が増加)
  • いつもより疲れやすい
  • 体重が急激に変化するなど

 

これらの症状は妊娠中に感じやすいことばかりなので、ほとんどが自分では気づかない人が多いです。妊婦健診で判明する場合が多いのですが、血液中の血糖値が高い状態が続くと赤ちゃんへ悪い影響をあたえてしまう可能性があります。

妊娠糖尿病が与える赤ちゃんへの影響

糖尿病のまま妊娠が続くと、お腹の赤ちゃんも高血糖な場合があります。ママから赤ちゃんへ血流によって栄養だけではなく、一緒に血糖も流れてしまいます。

赤ちゃんが高血糖な状態だと、巨大児や奇形児・新生児低血糖症として産まれてしまう場合があります。

新生児低血糖症とは

お腹の中で過ごしていた赤ちゃんは、ママから通常より血液中のブドウ糖(血糖)が多く運ばれていたため、インスリンを多く分泌して血糖コントロールしていました。

しかし、この状態で産まれてしまうと、ママから運ばれるブドウ糖は一切なくなっているのに、インスリンだけが多く分泌された状態が続いてしまいます。やがて、産まれた赤ちゃんは血糖が不足してしまい「新生児低血糖症」を引き起こしてしまうのです。

低血糖の状態が続くと、呼吸数が早かったり上手に授乳できなかったり、成長とともにさまざまな症状をおこしやすくなります。

多嚢胞性卵巣症候群は糖尿になりやすい?予防や原因は?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)がなぜ起こるのか、現在のところはっきりとした原因はわかっていません。ですが、東洋医学などさまざまな意見から、いくつかの原因が関係していると考えられています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 消化器系の機能低下
  • 自律神経が乱れている
  • 血行不良
  • 排泄機能が弱っている

 

多嚢胞性卵巣症候群は糖尿病を引き起こしやすいといいますが、その理由のひとつとしてすい臓など消化器系の機能低下があります。糖代謝を正常にするには消化器系が活発でなければいけません。

糖代謝とは、生きるために必要不可欠なブドウ糖(血糖)が血液中に増えると、すい臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌され分解・合成をおこないます。

しかし、すい臓の機能が低下していると、インスリンの分泌が弱くなり糖が代謝されず高血糖がおこりやすくなってしまいます。

また、ストレスなどにより自律神経が乱れると、排卵が遅れたり血行不良をおこしたり糖尿病を発症させやすくします。

多嚢胞性卵巣症候群の予防法

多嚢胞性卵巣症候群は、日常生活のちょっとした改善で予防することも可能です。今からでも注意できる予防法がこちらです。

  • 砂糖や油などを使ったお菓子を好んで食べない
  • 添加物を含んだ食事に気をつける
  • 半身浴などで毒素を排出する
  • ストレッチなどで代謝アップ
  • 自分なりのストレス解消をする

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因は医学的にわかっておりませんが、体重が増える(肥満になる)と起こりやすい傾向があります。普段から太りにくい体質へ整えておくことが大切です。

葉酸は糖尿病に効果がある?

img_89

葉酸といえば赤ちゃんの発育をサポートしたり、胎児の二分脊椎症や無脳症などの先天性異常の予防や、発育に欠かせない栄養素として注目されている葉酸ですが、妊娠中の女性に限らずすべての人に必要な栄養素です。

また、葉酸はうつ症状を緩和させる効果が期待できるほか、糖尿病の神経障害と関係のある合併症の予防に効果があると言われています。
葉酸はビタミンB12と補い合って働く為、葉酸を摂取する際はビタミンB12も一緒に摂取するようにしましょう。

葉酸は糖尿病に対してどんな効果があるの?

体内に葉酸が不足するとホモシステインという物質が多く発生します。
体内にこのホモシステインが増えると悪玉コレステロールと協働して、血管の壁を傷つけるようになります。
傷つけられた血管の壁にはコレステロールがくっつき、溜まっていきます。
放っておくとこれが動脈硬化となります。

動脈硬化は糖尿病の合併症の一つです。
葉酸を一般の成人の一日の必要量240μgしっかり摂取することで、ホモシステインは減り、丈夫な血管を造ってくれます。
血管を強く保つことにより糖尿病の神経系の合併症を予防することができます。

葉酸不足だと、このような仕組みによって糖代謝がうまく機能せず、糖尿病を発症しやすい状態を作ってしまいます。

妊娠中は赤ちゃんの栄養も考えて、厚生労働省では葉酸の摂取目安として1日440ug(0.44mg)を推奨しています。

葉酸が多く含まれている納豆でも50g(1パック)あたり60ugほど。大豆製品などに豊富に含まれていますが、1日分を食事からカバーするとなるとものすごく大変なことです。

足りない分は手軽な葉酸サプリなどでしっかりカバーし、妊娠糖尿病を予防しましょう。

 

枝豆パワーを知らないでは済まされない!

img_90

葉酸が多く含まれている食材に大豆があります。
大豆製品と言えば、豆腐や納豆を思い浮かべる方が多いのですが、おつまみ感覚で手軽に食べられる枝豆も大豆です。

最近では、枝豆は低カロリーで高タンパクなため、健康に良いと海外でも人気の食材です。
ちなみに海外ではEDAMAMEと呼ばれています。そのまんまですね。

茹でた枝豆100gあたりには葉酸が260μgも含まれていて、手軽に葉酸を摂取できる食品のひとつです。
ちなみに、枝豆は生の状態だと320μgの葉酸があります。
枝豆はさやごと茹でるので、葉酸が失われにくく、茹でても葉酸の量が多いのです。

枝豆に多く含まれているビタミンB1とビタミンB2は、糖質をエネルギーに変える働きがあるため、血糖値が上がりにくくなります。
さらに、枝豆にはインスリンを分泌する膵臓にとって良い成分も含まれています。
膵臓が弱っているとインスリンの分泌もうまくいきにくくなってしまいますから、秘蔵を元気にするためにも枝豆は有効です。

 

img_91

 

このように枝豆には、糖尿病の予防にとても役立つ成分が入っています。
さらに、高血圧の原因のひとつに挙げられている塩分を排出するカリウムも多く含まれていますので、妊娠高血圧症候群の予防にも役立ちます。

とは言え、塩茹でした枝豆を食べ過ぎると塩分の摂りすぎになってしまいますから、ほどほどにしましょう。

⇒ 葉酸を含む食べ物

葉酸の糖尿病に対する効果のまとめ

葉酸は糖尿病そのものを治す効果はありませんが、糖尿病が引き起こす合併症を予防する効果が期待できる栄養素です。

糖尿病を患っている方や心配されている方は、ホウレンソウやレバーなどの葉酸が豊富に含まれたものを摂取するよう心がけるほか、葉酸が不足しやすいと感じる方は葉酸のサプリメントを上手に摂りいれて葉酸が欠乏しないように気をつけましょう。

妊娠しているママの10人中1人は発症するといわれる糖尿病。赤ちゃんの発育にも影響してしまうこわい病気のひとつです。日頃の生活習慣や食事のほか、葉酸サプリで栄養補給に気をつけてみませんか。

★あわせて読みたい

 

目的別で気軽に選ぶ♪(それぞれの項目について詳しくご説明しています。)

-・健康と葉酸

Copyright© 葉酸サプリメントのチカラ※妊娠に効くレポート&ランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.